風邪薬市販の効果別ランキング!鼻水や咳の種類や効かない薬と副作用

風邪薬市販の効果別ランキング

風邪をひいた時、病院に行って診断を受けるよりも、市販の薬を飲む人が多いですよね。

私も風邪をひいた時は、家に常備している市販薬を飲んで、数日たっても治らない場合に病院に行くことが多いです。

市販薬の風邪薬は、手軽に購入できますし、価格も病院へ行くよりも安い場合もあるので、普段の生活にはかかせません。

しかし便利な面がだけでなく、薬によっては副作用が出ることもあります。

「風邪薬に副作用なんてあるの?」と思いがちですが、よく使う風邪薬も薬であるこを忘れてはいけません。

さらに市販の風邪薬には、鼻水や咳など症状別に効果のある薬が置いてありますが、症状にあっていないものを使用すると薬が効かない場合もあります。

今回は鼻水や喉の痛み、咳などの症状別の市販のかぜ薬の種類や効果別ランキングをご紹介します。

併せて、風邪薬の効かない理由、風邪薬の副作用について詳しくご説明します。

風邪薬を利用する前に、きちんと風邪薬のことを知っておくことが大切です。

スポンサーリンク

風邪薬の種類

市販の風邪薬といってもたくさんの種類が販売されていますよね。

たくさんの種類があるので、今回は風邪薬の種類を効果別にして一覧でご紹介します。

  • 風邪のひきはじめ
  • 発熱や寒気
  • 喉の痛みや腫れ
  • 咳や痰
  • 鼻水や鼻づまり
  • 頭痛
  • 総合風邪薬
  • 子供用風邪薬

大きくわけると上記の症状別にわかれます。

さらに市販薬の風邪薬は症状別だけでなく、漢方薬と西洋薬と呼ばれる2種類の薬があります。

よく冬にCMで見かける「葛根湯」は風邪に効く漢方薬ですね。

漢方薬は葛根湯だけでなく、症状別の漢方薬がたくさん販売されています。

「ルル」や「バブロン」などは西洋薬と呼ばれる薬です。

風邪薬の副作用

薬局やドラッグストアで簡単に購入できる市販の風邪薬、実は副作用があることをご存知でしょうか。

よくステロイド軟膏には副作用の心配をする人が多いですが、市販の風邪薬に副作用の心配をする人はとても少ないです。

一般的に風邪薬の副作用と言われるのが、「眠気」。

風邪薬には抗ヒスタミン剤が配合されていて、眠気が抗ヒスタミン剤の副作用になります。

風邪薬を飲むと眠くなったり、体がだるくなったりすることがあるので、運転を控えるよう注意が記載されていますよね。

しかし眠気だけでなく、風邪薬で命を落とす危険性があることを、消費者庁が発表しています。

正直いつも飲んでいるかぜ薬に、命を落とす危険性があるとは知らない人が多いのではないでしょうか。

実は数年前にも、同じ風邪薬の副作用が原因で、危険な症状が見られる事を厚生労働省が発表していました。

5年間での間に、1225人が風邪薬の副作用で、何かしらの症状が見られ、15人が命を落としたとのことです。

副作用が最も多い薬の種類として、総合感冒薬が最も副作用が多く、解熱鎮痛消炎剤漢方が、その次に副作用が多いと言われています。

副作用の症状は様々で「蕁麻疹」「だるさや吐き気」「肝機能障害」「皮膚炎」などがあり、酷いものになると、高熱を出して、皮膚が変色し、視力低下をもたらす「スティーブンス・ジョンソン症候群」などがあります。

  • 蕁麻疹
  • だるさ
  • 吐き気
  • 肝機能障害
  • 皮膚炎
  • 高熱
  • 視力低下

もし市販の風邪薬を飲んで、上記のような症状が出た場合は、すぐに病院へ受診しましょう。

病院へ行くときは、どの風邪薬を飲んだか、しっかりと説明できるように、パッケージや薬を持っていくのもおすすめです。

風邪薬を使用する際は、説明書などにも、副作用の注意が書かれています。

風邪できつい時に読まない人も多いですが、自分の体を守るために、使用前には説明書を良く読んで使用して下さい。

スポンサーリンク

市販の風邪薬効果や症状別ランキング

市販の風邪薬の種類と症状や効果別のおすすめ

次に市販で販売されている風邪薬を、症状や効果別にわけてご紹介します

おすすめのランキング形式になっているので、自分の症状にあったものを参考にしてください。

風邪のひきはじめに効く市販風邪薬ランキング

  1. 葛根湯
  2. 麻黄湯
  3. 桂枝湯

風邪のひきはじめに効果があると言えば、ダントツで漢方薬の葛根湯です。

  • 少し寒気がする
  • ちょっと喉が痛いかも
  • 鼻水が少し出てきた

上記の症状の時に葛根湯を飲むと、翌日には回復している事が多いです。

私も風邪をひきそうと思った時には、必ず葛根湯を飲んでいます。

もちろん葛根湯は家の常備薬の一つです。

もし寒気が強い場合や発熱がある場合は、麻黄湯がおすすめ。

風邪をひいて関節が痛む時や、インフルエンザにも効果があります。

あまり胃腸が強くない人には桂枝湯が良いです。

葛根湯も麻黄湯も、胃腸が弱くなく、体力のある人向けの漢方薬です。

桂枝湯は胃腸虚弱の人や体力が落ちている人向けなので、高齢者の風邪の薬に用いられる事も多いです。

ランキングを見て分かる通り、風邪のひきはじめには漢方薬がおすすめです。

風邪薬の副作用も漢方薬の方が少ないですし、テレビなどの特集でお医者さんがオススメする理由がわかりますね。

ただし!葛根湯は風邪のひきはじめに飲まなければ効果はありません。

別記事に葛根湯の効果的な飲み方などを記載しているので参考にしてください。

葛根湯の効果的な飲み方と注意点

発熱や寒気に効く市販風邪薬ランキング

  1. 麻黄湯
  2. 新ルル-K錠
  3. ルルアタックFX

悪寒や寒気を感じて熱がある場合は漢方薬の麻黄湯がおすすめです。

麻黄湯は「風邪のひきはじめ」でもおすすめですが、寒気を感じた時、既に発熱がある時もおすすめです。

  • 発熱がない→葛根湯
  • 発熱がある→麻黄湯

そして発熱や寒気に効果的な西洋薬が、「新ルル-K錠」と「ルルアタックFX」です。

ルルアタックといえば、ルルアタックEXがありますが、あちらは青のパッケージ、ルルアタックFXは赤のパッケージです。

「新ルル-K錠」と「ルルアタックFX」は、同じ第一三共ヘルスケアが出しているのですが、違いは「パッケージ」だけです。

「えっ、それだけ!」と思いますが、リニューアルされて、ルルアタックの名前が付いただけで成分は一緒です。

ルルアタックEXが売れているので、ルルアタックの赤バージョンとして発売したのかもしれませんが。

なのでどちらもおすすめですが、新ルル-K錠の方が1錠あたりがお安いので、値段で選ぶのであれば新ルル-K錠をどうぞ。

喉の痛みや腫れに効く市販風邪薬ランキング

  1. ペラックT錠
  2. 桔梗湯
  3. ハレナース

喉の痛みによく効くと言えば「ペラックT錠」!

「喉といえばベラックT錠」という程、昔からあるお薬です。

喉の痛みはそのまま頬っておくと、熱が出ることも多いので、喉が痛いと思ったらベラックT錠がおすすめです。

漢方薬で喉の痛みや腫れに効果的なのが「桔梗湯」、漢方薬が良いという場合は桔梗湯が良いですね。

ハレナース」は主成分がペラックT錠と同じです。

違う点はハレナースは水なしでも飲めること

持っておくだけでいつでも飲めるのは便利ですよね。

ではなぜ3位なのか、ペラックT錠の方がお値段が安いです。

水なしでいつでも飲める点は良いのですが、水なしで飲まなければいけない時はほとんどないので、ペラックT錠とハレナースだとペラックT錠がおすすめです。

水なしで飲みたいと言う方には、ハレナースがおすすめです。

咳や痰に効く市販風邪薬ランキング

  1. ベンザブロックせき止め錠
  2. 新ブロン液エース
  3. 麦門冬湯

咳止めと言えば、「ベンザブロックせき止め錠」がおすすめです。

咳止めにも効きますし、痰が絡んでいる時にもよく効きます。

喉の痛みだけでなく咳・痰と3つの効果があるので、喉全体の症状におすすめです!

喉の痛みだけであればペラックT錠ですが、咳や痰があるのであれば、ベンザブロックせき止め錠ですね。

ベンザブロック咳止め錠は錠剤の為、シロップなどを飲むのが苦手な人にもおすすめです。

逆にシロップを飲む方が良いという方には「新ブロン液エース」が良いです。

錠剤が良いかシロップが良いかは、個人の好みによります。

子供の頃はシロップの方が良かったのですが、大人になると錠剤の方を選ぶ人が多いです。

「麦門冬湯」は咳や痰にきく漢方薬です。

から咳が続くときに効果があるので、漢方薬が良い人には麦門冬湯がおすすめです。

鼻水や鼻づまりに効く市販風邪薬ランキング

  1. パブロン鼻炎カプセルS
  2. ストナリニS
  3. 小青竜湯

今回は風邪による鼻水や鼻づまりのお薬です。

花粉症などアレルギー性鼻炎の場合は、眠くならないように眠気を抑える効果の成分が入っているので、風邪をひいてしっかりと休める場合におすすめです。

鼻水などに効くお薬は1日3回飲むものから1日1回のものもあるので、飲む回数で選ぶのも良いですね。

花粉症などのアレルギー性鼻炎であれば、以下の2つがおすすめです。

  • ストナリニZ
  • アレグラFX

スプレータイプで鼻づまりを改善してくれるのは「ナザールスプレー」、花粉症の時に効果的です。

漢方薬が良い場合は「小青竜湯」、眠くなる成分が入っていないので鼻風邪の時には小青竜湯を飲む事が多いですね。

頭痛に効く市販風邪薬ランキング

  1. イブA錠
  2. バファリン
  3. ロキソニンS

実は3位になっていますが、頭痛によく効くと言えば「ロキソニン」です。

しかし、かなり効果が強いので、個人的にはあまりおすすめはしません。

イブA錠」や「バファリン」で効果がある場合に、ロキソニンのような強いお薬を飲む必要はありません。

もしイブAやバファリンでも効果がない場合にロキソニンになります。

イブA錠胃への負担がバファリンやロキソニンと比較して少ないので、胃腸が弱い人におすすめです。

もちろんイブA錠、バファリン等の頭痛薬は、生理痛や歯痛にも効果があります。

効き目が早いものが良い場合は、「イブクイック頭痛薬」です。

市販の総合風邪薬ランキング

  1. ルルアタックEX
  2. パブロンSゴールド
  3. 新ルルAゴールドDX

喉が痛くて熱もでてつらい!そんな時におすすめなのが「ルルアタックEX」です。

熱が出るときの風邪は喉からくることが多いので、「熱も出て喉も痛くてつらい」という時はよく効きます。

パブロンSゴールド」と言えばCMでお馴染みです。

常備薬として置いてある家も多く、子供から大人まで飲める風邪薬として人気がありますね。

新ルルAゴールドDX」は、同じルルシリーズでも風邪の全般に効果があります。

常備薬としてはパブロンSゴールドかルルAゴールドがおすすめです。

一点違う点は、パブロンは5歳以上から、ルルAゴールドDXは7歳以上からとなっています。

スポンサーリンク

あまり効かない風邪薬はある?

市販の風邪薬が効かない理由

  • 症状にあっていない
  • 体質にあっていない
  • 風邪ではなく別の病気

よく「市販の風邪薬ってあまり効かないんだよね」という言葉を耳にすることがあります。

しかし、効かない風邪薬があるわけではなく、その症状には効き目がなかったというのが正解です。

基本的に、市販の風邪薬というのは「症状の暖和」ができるだけであって、特効薬ではありません。

ベラックT錠が効かない原因

例をあげると、「ペラックT錠を飲んでも効かない!」という時は、以下の可能性が考えられます。

  • インフルエンザの可能性
  • 喉の腫れがひどい
  • 薬があわない

インフルエンザの喉の痛みや喉の腫れがひどい場合は、あまり効果がないこともあります。

また、ベラックT錠に含まれている「トラネキサム酸」は喉の腫れや痛みを改善してくれる成分ですが、薬によってあう・あわないがあります。

体質によって「ベラックT錠はすごい効く!」という人もいれば、「私には全く効かない」という人もいます。

市販の風邪薬の選び方

  • 症状にあったものを選ぶ
  • 体質にあうものを選ぶ
  • 薬剤師さんに相談する

大切なのは、自分の症状や体質にあった風邪薬を選べるかどうかです。

先ほど症状別に市販薬をご紹介してきましたが、ざっと見てもいろいろな症状別の市販薬が販売されています。

市販薬の風邪薬には「値段の高い安い」だけではなく、「症状の緩和効果が期待できるものと期待できないもの」などいろいろあります。

しっかりと調べて症状の緩和が期待できる市販薬を選ぶのが良いです。

症状別におすすめしたものは人気の高い市販薬や、漢方薬なので、是非参考にしてください。

もちろん、ドラッグストアや薬局に行って、薬剤師さんに効くのもおすすめです。

自分の症状を詳しく話すとおすすめの薬を紹介してくれますよ。

市販薬を飲んでも改善しない場合は、病院で診察を受けて薬を処方してもらいましょう。

市販薬で効き目がない場合は、既に市販薬ではなく病院に行かなければいけない程の状態です。

病院では、市販薬では販売されていない「抗生物質」など、病院でしか処方できない薬を処方してもらえます。

市販薬は症状を緩和することはできますが、長引く場合や症状がひどい場合は風邪ではない可能性もあります。

*長引く風邪の原因や対処法を知りたい方はこちらの記事を参考にしてください。

風邪の症状が長引く原因と対処法

「風邪だと思っていたら、別の病気」ということもあるので、症状が改善されない場合は、必ず病院に行きましょう。

後はしっかりと体を休めて、栄養あるものを食べる、そして睡眠をたっぷりとって体を回復させるのが良いですね。

スポンサーリンク

風邪薬市販の種類や効果別ランキングのまとめ

  • 風邪薬には漢方薬と西洋薬がある
  • 市販の風邪薬でも副作用はある
  • 副作用は眠気だけではなく重篤なものも
  • 市販の風邪薬は症状緩和するもの
  • 値段ではなく効果や症状で選ぶ
  • 長引いく風邪は別の病気の可能性
  • 市販のかぜ薬が効かない場合は病院

市販の風邪薬といってもたくさんの種類があるので、ドラッグストアや薬局に行ってもどれを購入したら良いか、どれが本当に効くのかわからない事が多いです。

自分の為、家族の為に口コミや評判の良い風邪薬を調べても、人によってよく効く薬と効かない薬があるので、市販薬を選ぶのは本当に難しいです。

正直薬局やドラッグストアに置いてあるものなら、どれも同じに見えてしまいますよね。

市販の風邪薬を選ぶ上で大切なのは、自分の体質や症状にあったのものを選ぶ事なので、思い切って薬剤師さんに相談してみましょう。

市販薬を販売している薬局やドラッグストアであれば、必ず薬剤師さんはいます。

見当たらない場合は「薬剤師さんに相談したい」と伝えてみましょう。

*風邪の初期症状であれば、葛根湯がおすすめです。

葛根湯の効果的な飲み方と注意点

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ