妊娠中の風邪薬の週別の影響!妊娠初期や男性が飲んでしまった場合と授乳中の注意点

風邪薬妊娠中や授乳中の影響はあるの?

妊娠中や授乳中に体調を崩してしまい、風邪をひくことがあります。

風邪をひいた時、風邪薬を飲んでいいか迷うことはありませんか。

実は私自身も妊娠中に風邪をひいてしまい、市販の風邪薬を飲んでいいのか調べました。

そして調べた結果は、妊娠中に風邪を引いてしまった時は自分の判断では飲んではいけないと学びました。

妊娠中はお腹の赤ちゃんに危険を及ぼす可能性があります。

その後病院へ行き、風邪薬を処方されたのですが、気になるのは妊娠中に風邪をひいた場合、風邪薬を飲んだ時のお腹の赤ちゃんへの影響です。

今回は妊娠中の週別に風邪薬を飲んだ場合の影響や、授乳中に風邪薬を飲む時の注意点をご紹介します。

さらに、自分が妊娠していると気づいていない、妊娠発覚前の段階で風邪薬を飲んだ場合の影響や、男性が風邪薬を飲んでいた場合の影響もご説明します。

スポンサーリンク

妊娠中の風邪薬は飲んでも良い?

妊娠中に風邪を引いてしまった場合、風邪薬を飲んで良いのか気になります。

ただでさえつわりなどで体調が悪い時など、熱や咳、鼻水や喉の痛みなど、本当に困りますよね。

私はつわりがひどかったので、風邪とのダブルパンチで体調がつらいだけでなく、精神的にもまいってしまいました。

妊娠中に風邪をひいた時は、何もせずにそのままほ放っておくとお腹の赤ちゃんに悪い影響をもたらす場合もあります。

風邪をひいた、もしくは風邪をひいたかもと思ったら、すぐに産婦人科に行きましょう。

産婦人科は、赤ちゃんのエキスパートなので、産婦人科で処方された薬を飲むことが、一番安心で安全です。

市販の風邪薬は、絶対安心とは言いがたいので、必ず産婦人科へ行って診断を受けましょう。

私の場合は、産婦人科で漢方薬を処方して貰いましたが、特に問題もなく3~4日で回復しました。

その後元気で丈夫な赤ちゃんを無事に出産しました。

  • 必ず産婦人科へ行く
  • 病院で漢方薬を処方される事がある
  • 市販の風邪薬は絶対に飲まない

ここで、漢方薬を処方されるなら市販の漢方薬でも大丈夫かな、と思うのは間違いです。

産婦人科のお医者さんに何も相談せずに市販薬を飲むのはよくありません。

漢方薬といっても、葛根湯だけでなく効果別に幅広く販売されています。

妊娠中は絶対に自己判断で風邪薬を飲まず、病院に行って処方してもらいましょう。

妊娠中の葛根湯の注意点について、以下の記事に詳しく紹介しています。

葛根湯の効果的な飲み方と妊娠中の注意点

スポンサーリンク

妊娠超初期や妊娠前に気づかずに飲んでしまった場合

妊娠初期【0~3週】の風邪薬の赤ちゃんへの影響

妊娠初期、それも自分が妊娠していることを気づいていない姙娠0~3週目の「姙娠超初期」に風邪をひいてしまい、風邪薬を飲んでしまう事もありますよね。

さらに妊娠直前に風邪をひいていて、風邪薬を飲む事もあります。

妊娠に気づいていない時期や妊娠前に飲んだ場合、妊娠発覚後に赤ちゃんへの影響があるのか心配になります。

妊娠超初期で、自分が妊娠している事にまだ気付かない時期であれば、ほとんど影響はないと言われています。

特に妊娠0週目から3週目までに飲んだ風邪薬であれば、奇形などの影響はないとされています。

実際に私の周りにも同じ悩みを抱えた妊婦さんがいましたが、元気で健康な赤ちゃんを出産しました。

しかし100%安心ということはありません。

薬にも影響が少ないものから、影響が大きいものまであります。

もし妊娠に気づいていない妊娠初期に風邪薬を飲んで心配な場合は、一度医師に相談してみましょう。

妊娠前の風邪薬の赤ちゃんへの影響

もし妊娠前、排卵日より前に風邪薬を飲んだ場合の影響は、全く心配する必要はありません。

もし影響を受けたのであれば、妊娠をしていない可能性が高いからです。

無事妊娠し赤ちゃんが育っているのであれば、心配せずに、風邪などの予防をおこなうのが良いですね。

スポンサーリンク

妊娠中に風邪薬を飲んだ場合の影響【姙娠週別】

風邪薬を妊娠前や妊娠初期の飲んだ場合の影響は?

妊娠初期【4~7週】の風邪薬の赤ちゃんへの影響

自己判断で風邪薬を飲むのは危険ですが、それでももし妊娠中に風邪薬を飲んでしまった場合、一体どのような影響があるのでしょうか。

妊娠の初期、特につわりがひどい時期は赤ちゃんの体が作られる大切な時期です。

そして風邪薬など薬の影響を一番気にしなければいけない、薬の影響が出る可能性が高いのも、つわりがひどい時期です。

最も気をつけたいのが、つわりがひどい妊娠4週目から7週目です。

赤ちゃんへの影響で考えられるのは、胎児が奇形になる可能性です。

手足や心臓、口などその時作られている体の様々な部分に影響がでる可能性があります。

妊娠初期【8~15週】の風邪薬の赤ちゃんへの影響

姙娠8週目を過ぎると、外性器や口蓋が作られている時期です。

心臓や手足の形成はある程度終わっている時期ですが、口蓋系や外性器の奇形になる可能性があります。

妊娠4週目から妊娠15週目の妊娠初期は、薬の使用を控えた方が良い時期と考えましょう。

妊娠中期【16週~】の風邪薬の赤ちゃんへの影響

姙娠中期以降であれば安定期に入り、赤ちゃんの器官形成も終わっている時期です。

安定期に入ると、風邪薬などの薬の影響を受ける可能性が少なくなります。

 

赤ちゃんに影響を出さない為にも、自己判断での市販薬を飲む事はせずに、病院に行くのが一番安全です。

妊娠中風邪薬は飲まずに我慢した方が良い?

逆に、「風邪をひいても我慢して薬を飲まない方が良い」と考える人もいます。

しかし、薬を全く飲まずに我慢していると、風邪の症状がさらにひどくなり、母体に悪影響がでます。

風邪で高熱がでると、お腹の中の赤ちゃんの命も危険にさらされます。

風邪をひいたら、我慢するのもよくありませんし、自己判断で薬を飲むのもよくありません。

妊娠中といっても、妊娠初期か、姙娠中期以降かで判断が違います。

産婦人科に行けば、妊娠中でも飲めるお薬を処方してもらえるので、我慢せずに病院に行きましょう。

風邪ですぐに病院にいけない時の対処法

病院に電話して相談する

産婦人科が時間外、田舎に帰っていて近くに病院がない場合など、病院にすぐにいけない場合もあります。

病院にすぐにいけない時は産婦人科に電話をして、市販薬の薬を飲んで良いか相談するのが良いです。

時間外だからと躊躇する人もいますが、大切なのはお腹の赤ちゃんと母体である自分自身なので、病院に電話して風邪の症状を伝えましょう。

行きつけの産婦人科に行けない場合、近くに内科があれば、妊娠中であることを話して受診するのが良いです。

風邪をひいた場合の対処法

  • 体を温める食事をとる
  • 水分補給をする
  • 睡眠をとる
  • うがいをする
  • マスクをする
  • 加湿器を使用する

姙娠していても、姙娠していなくても、風邪の対処法が変わりません。

なるべくバランスの良い食事をとること、できれば体を温めるために「ショウガ」が入っている食事がオススメです。

喉を乾燥させないために、マスクやうがいをする。

冬で湿度が低い場合は、加湿器をつけて、湿度を50~60%に保つのが良いです。

そして、風邪をひいている時は無理をせず、十分な睡眠をとりましょう。

妊娠前に男性が風邪薬を飲んだ場合の影響

男性が風邪薬を飲んでしまった時の影響

妊娠前や妊娠発覚前の初期であれば問題がないとわかりましたが、男性側が風邪薬を飲んでいたらどうなのでしょうか。

男性が妊娠前に飲んだ風邪薬については、影響はないと言われています。

なぜ影響がないと言われているのでしょうか。

男性が風邪薬を飲んで、もし何らかの影響を受けた場合は、妊娠する可能性が低いからです。

既に女性が妊娠している場合は、男性が妊娠前に飲んだ風邪薬の影響はありません。

男性が妊娠前に飲んだ薬の影響を受ける期間

ただし一つ注意点としては、男性は女性とは違い、妊娠前に飲んだ薬の影響を受ける期間が、妊娠から半年前までさかのぼって考える必要があります。

風邪薬については影響はありませんが、男性が妊娠前から病気をしていて、日常的に薬を飲んでいる場合は影響を受ける薬もあります。

C型肝炎で使用される抗ウイルス薬のリバビリンは、薬を飲んでいる間、さらに薬を飲んで半年間は妊娠しないよう注意されています。

もし男性が日常的に薬を飲んでいる場合は、産婦人科に確認してみましょう。

授乳中に風邪薬は飲んでも良い?

授乳中の風邪薬は飲んで良いものと、飲むのに注意が必要、または飲んではいけないものがあります。

では飲んでいいものと飲んでいはいけないものをどこで見分けるのか、見分け方は簡単です。

市販薬などの風邪薬には必ず使用上の注意が書かれています。

使用上の注意に、「授乳中は服用を避ける」もしくは「服用中は授乳をしない」と注意文が書かれているものは飲まない事です。

風邪薬には「授乳中に服用を避ける」とかかれていないものを選びましょう。

注意文について記載があるかないかについては、ドラッグストアや薬局にいる薬剤師さんに聞けば教えてくれます。

授乳中に風邪薬を飲む場合は薬剤師さんに相談してみるのも良いです。

もし市販薬のかぜ薬は心配という人は、病院に行って処方した薬をもらうのが一番安心です。

風邪薬などを飲んでも、お薬が母乳に移行する量はかなり少ないと言われています。

そこまで神経質になる必要はないかもしれませんが、やはり赤ちゃんが大切ですので、授乳中は飲む薬に気をつけるのが良いですね。

*授乳中で、どの風邪薬を選べば良いか悩んでいる場合は、以下の記事を参考にしてください。

市販の風邪薬症状別おすすめランキング

スポンサーリンク

風邪薬妊娠中や授乳中の影響のまとめ

  • 妊娠中の風邪は必ず病院に行く
  • 妊娠超初期は風邪薬を飲んでも影響は少ない
  • 妊娠前に風邪薬を飲んでも影響はない
  • 男性が妊娠前に風邪薬を飲んでもほぼ影響はない
  • 授乳中の風邪薬は使用上の注意を確認

妊娠中と授乳中では、風邪薬による影響も違います。

私も妊娠中に風邪をひいた時は、すぐに病院へ行き、お腹の赤ちゃんに影響が少ない薬を処方してもらいました。

逆に授乳中は注意書きのないものを薬剤師さんに聞いて、購入したことがあります。

妊娠中、授乳中ともに大切な赤ちゃんに影響がないものを選びたいですがが、実は赤ちゃんと同じく大切なのがお母さん自身の健康です。

風邪をひいた時は無理して我慢したりせず、病院や薬剤師さんに相談して、お母さん自身の体も大切にしましょう。

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ