蚊に刺された跡を消す対処法!腫れて赤い時は冷やすのか温めるのか?

蚊に刺された跡を消す対処法

家にいても、外にいても、遊びに行っても、春から秋にかけては蚊に刺される事が多い季節!

刺された跡が痒い、痛い、赤く腫れてる!ことが多いですよね。

虫の中で一番さされやすいのが蚊!毎年夏になると何度刺されているかわかりません。

しかも耳の近くに通る時のあの音、寝ている時とかに聞くと怖いし起こされるし…毎年夏は蚊との戦いの人多いのではないでしょうか。

そこで今回は蚊に刺された跡を早く治す対処法と、赤く腫れている時や痒くてしこりがある、内出血などの対処法をご紹介します。

蚊に刺された時の対処法は、氷などで冷やすのが良いのか、お湯で温めるのが良いのか悩む人が多いです。

実際にどちらが効果的なのか、さらに跡が残る場合や、なかなか腫れが治らない場合の解消法もご説明します。

スポンサーリンク

蚊に刺された時の原因と症状

蚊に刺された場合、刺された瞬間は気づかない事が多いですよね。

気づいたら蚊が腕や足に止まっていて追い払う、もしくは手でパンとつぶしてしまう人が多いのではないでしょうか。

そもそも蚊に刺された時どうして私達は気づかないのかご存知でしょうか。

蚊に刺されても痛くない原因は、蚊が刺すときの行動にあります。

実は蚊は刺した瞬間に皮膚に唾液を注入しています。

この唾液には痛みを感じないようにする麻酔の作用がある為、私達は痛みを感じることはありません。

じゃ痒みも感じないようにして!と思いますが、この唾液成分が体内に入るとアレルギー反応を起こすために痒みや腫れがでてきます。

しかし蚊に刺された時、すぐに痒くなる人もいれば時間がたって痒くなる人もいますのね。

実はこの症状の違いはアレルギー反応の個人差が原因です。

アレルギー反応には2種類あり、即時型と遅延型があります。

即時型は蚊に刺された直後からすぐにかゆみや赤く腫れあがる、遅延型は刺されて1日~2日後に痒みや赤い腫れが出ます。

実はこの症状も年齢別により違いがあります!

思い出してみると蚊に刺された時、子供の頃の方が痒みが多かったような気がしませんか?

子供の頃はまだ刺された回数が少ないため、アレルギー反応が多くでます。

その為、刺された跡に痒みが長く続くことが多いのです。

一般的には蚊に刺されてかきむしるのが大人より子供が多いのも、子供の方がアレルギー反応が出るのが原因です。

大人になれば刺された直後に痒みあり、痒みが続かない事が多くなります。

さらに年齢を重ねて蚊に刺され続けると、なんと蚊に刺されても何の反応もでなくなります。

おじいちゃんやおばあちゃんが蚊に刺されてかゆいと言っている事がすくないのもこの為です。

なので、赤ちゃんや子供が蚊に刺された時は注意が必要です。

蚊に刺されただけでも蚊アレルギーの症状が重く出る事もあります。

痒みは赤い腫れだけでなく、大きく腫れあがる場合もあるので、その時は病院に行きましょう。

ちなみに年齢を重ねると蚊の痒みがなくなりますが、蚊のアレルギーの人は違います。

大人になっても蚊に刺されると大きな腫れやかゆみを伴うことがあります。

刺された部分を中心に大きく赤く腫れるので、蚊に刺されて毎回赤く腫れあがる場合はアレルギーを疑いましょう。

大きく赤く腫れ上がる場合は、市販の虫刺されの薬を塗っても効果が少ない事が多いです。

蚊に刺されて腫れや痒みがひどく、あまりかきすぎてしまうと、蚊に刺された場所に痕が残る原因となります。

あまりにも痒みや腫れがひどい場合は、蚊アレルギーの可能性を考えて、一度病院に行きましょう。

病院に痒み止めの薬を処方してもらうのが一番良いです。

  • 痒みの原因は蚊が注入する唾液
  • 痒みには個人差があり
  • 蚊アレルギーの可能性もあり
  • 大きな腫れ、痒みがある場合は病院

スポンサーリンク

蚊に刺された跡の対処法

蚊に刺された跡は冷やすのか温めるのか

蚊に刺された場合、痒みが続くことが多いですよね。

市販の虫刺され薬を塗るのが一般的ですが、他にも効果的な対処法などがあります。

蚊に刺された時の市販の虫刺され薬には主に2種類あります。

  • 炎症を抑えるステロイド剤配合のもの
  • 痒みを抑える抗ヒスタミン剤主体のもの

蚊に刺されて痒みのみ続く場合は抗ヒスタミン剤主体のものが効果的です。

逆に痒みだけでなく赤い腫れがある場合はステロイド剤配合の薬が効果的。

何日も蚊の痒みが続く場合などに良いです。

市販薬の虫刺され薬は、メーカーや種類により配合されている成分が異なります。

市販の虫刺され薬として有名な「ムヒ」も、商品によって成分が違います。

ムヒを例に効果の違いを一覧にしました。

  • ムヒS:主に痒みを抑える効果
  • 液体ムヒS:炎症と痒みを抑える効果

さらに「ムヒアルファEX」には、ダニ・ノミ・毛虫・ムカデなどに刺されて腫れや赤みが強い場合にも効果的です。

刺された症状によって、市販の虫刺され薬も選んでいきましょう。

それでも治らない場合、腫れが凄い・しこりがある・内出血をおこす場合など、蚊アレルギーの可能性と別の虫に刺された可能性があります。

ひどい場合は必ず病院に行き、症状を詳しく説明しましょう。

虫刺されと侮るなかれ、治らない場合かきむしると痕が残る場合もあります。

痕を残さない為にも病院に行き対処してもらいましょう。

もし何の虫に刺されたか分からない場合は虫の種類によっての対処法や応急処置の方法も別記事で紹介しています。

  • 市販の虫刺され薬は主に2種類
  • 痒い場合は抗ヒスタミン剤主体のもの
  • 腫れや赤みが続く場合はステロイド剤入りのもの
  • 腫れがひどい・しこり・内出血がある場合は蚊アレルギーの可能性ある為病院へ

スポンサーリンク

蚊に刺されたらは冷やす?温める?効果的な対処法

蚊に刺された場合、氷などで冷やす人と温める人どちらもいますよね。

一体どちらが正しい対処法なのでしょうか。

温める場合の対処法

実は蚊に刺されて温めると、蚊の唾液成分に含まれるタンパク質を破壊することができるので、温めることにより痒みを止めることができます。

温める場合の対処法は、お湯の入れたカップ、レンジで温めたタオル、お湯で温めたスプーンなどを刺された部分にあてること。

人によりあてる時間の差がありますが、5~10分程が効果的です。もしまだかゆい場合はもう少し長くあてましょう。

温める場合は熱いと感じる位の温度が効果的ですが、熱いものを体にあてるのでくれぐれも火傷に注意してください。

あまり熱くない場合だと逆効果になることもあるので要注意。

冷やす場合の対処法

逆に冷やす場合の対処法は、冷やすことによりや痒みを麻痺させ抑えることができます。

アトピーの対処法も冷やすことがありますが、これも間違いではありません。

かなり痒みが続く場合は冷やして痒みを抑えることも大切です。

お子さんの痒みが長く続く場合などは効果的ですね。

温める場合は刺されてすぐに気づいた時におこない、それでも痒みが続く場合は冷やしてみましょう。

  • 温めるのも痒みを止める為に効果的
  • 痒みが続く場合冷やすのも効果的

蚊に刺されない為の予防法

蚊に刺されない為にしっかりと予防することが大切です。

最近は蚊に刺されることによる「デング熱」に感染する可能絵もありますので、蚊に刺されない対策をしっかりと取りましょう。

家の中の対策は「蚊取り線香」などをたくこと

ちょっと窓をあける、外から帰って来る時に玄関を開ける、換気口など蚊が外から入ってくる可能性はたくさんあります。

家の中に連れてくると、寝ている時に刺されてしまうこともあるので、家の中でも虫除け対策をしまよう。

さらに外に出る時、特に山など蚊が多い所に行く時は、肌の露出が少ない服装で行きましょう。

露出している部分は虫除けスプレーを塗りましょう。

子供に虫除けスプレーを使うのはちょっと…という方も多いのではないでしょうか。

最近ではオーガニックなものや子供用に使える虫除けスプレーもありますのでそのようなものを使うのがオススメです。

さらに蚊を寄せ付ける原因が「汗」ということもあります。

夏の蒸し暑い季節は大量の汗をかき、その匂いによってくるとのこと。

刺されない為にも肌の露出をさけるのが有効です。

長袖を着るのは暑いですが、薄手のものなど工夫してなるべく肌の露出をさけましょう。

  • 蚊取り線香などで家の中の蚊予防
  • 外出の時は肌の露出の少ない服装
  • 露出部分は虫除けスプレー

蚊に刺された跡の体験談

今年の夏、いつの間にか服の上から足を蚊に噛まれていることがありました。

最初は痒みがが強かったので、かきむしってしまい少し血が出ていました。

いつものようにムヒの軟膏を塗り、数日経てば腫れもおさまり治るだろうと思っていました。

しかし、1週間たってもプクッと腫れたままです。

痒みはおさまっていたのですが、小さな赤い腫れはそのままでした。

1ヵ月ほど経って、腫れは小さくなったのですが、結局蚊に刺された跡は現在も残っています。

2ヶ月経ち、蚊に刺された跡は刺された時よりも目立たなくなりましたが、やはり掻きむしると跡が残ります。

無意識のうちにかきむしることもありますが、跡を残さないためにも、なるべくかきむしらないようにしましょう。

 

蚊に刺された跡を消す方法

蚊に刺された跡をかきむしってしまい、跡が残ってしまった場合、どのようにすれば跡を消す事ができるのでしょうか。

蚊に刺された跡がシミのように残る原因は「メラニン」です。

かきむしってしまうと、肌内部ではメラニンが生成されてシミになってしまい、色素沈着が起こる為、かきむしった跡は時間が経過しても消えることなく、少し黒ずんだ状態になります。

ここで効果的なのが「アットノン」!

傷跡を目立たなくさせる塗り薬ですが、虫刺されによる色素沈着にも効果的です。

蚊に刺された跡にアットノンを1ヶ月使用した体験談

蚊に刺された跡にアットノンが効くということで実際に試してみました。

足に刺されてシミのような場所に毎日1ヶ月間塗り続けると、私はかなりシミが薄くなりました!

パッと見るとほとんどわからなくなるまで改善!

目に見えて蚊に刺された跡が薄くなったので、虫刺されで痕で黒くなってしまったら、アットノン

スポンサーリンク

蚊に刺された跡の対処法まとめ

  • 蚊に刺された症状は個人差がる
  • 蚊アレルギーなどひどい症状は病院に行く
  • 市販薬の虫刺され薬は2種類
  • 温めても冷やしても効果的
  • 蚊取り線香などで予防する

蚊に刺されたくらいだから…とあまく見ていると、赤い腫れが酷くなったり、痒みが続きひどくなることがあります。

蚊に刺されて病院に行くのを躊躇する方もいますが、アレルギーやブユ等違う種類の虫に刺された可能性もあるので、ひどくなった場合は必ず病院に行きましょう。

蚊だと思っていたけど他の虫に刺された可能性がある場合は、ブユや蜂などに刺された跡の特徴や症状などを詳しく紹介しています。

ブユに刺された跡の症状と対処法

蜂に刺された跡の症状と対処法

毛虫に刺された跡の症状と対処法

ムカデに刺された跡の症状と対処法

それにしても蚊に刺されても痛みがないのは麻酔の成分があるからとは…注射を打つ時も応用してほしいですよね。

と思って調べたら、蚊を応用して痛くない注射を作っている会社がありました。

蚊に刺される事から役に立つ応用ができるとは凄いですね。

現在蚊から応用されて作られた針は、糖尿病などの血糖値測定などに使用されています。

定期的に使う人にとって注射の針が痛くないのは良いですが、できれば健康診断やインフルエンザの注射にも応用してくれると嬉しいですね。

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ