葛根湯の効果的な飲み方とは?喉や鼻水や肩こりへの効き目と注意点

葛根湯の効果的な飲み方

皆さんは風邪をひいた時に何のお薬を飲みますか?

多いのがドラッグストアなどで販売されている市販薬のかぜ薬ですよね。

その中で最近漢方薬の「葛根湯」を飲む人が増えています。

ドラッグストアにも葛根湯の売り場が目立つところにあり、葛根湯の販売メーカーの種類もたくさんあります。

風邪のひきはじめには漢方薬の「葛根湯」を飲むのが良いとよく言われますが、葛根湯は「飲む時間、飲み方、効果」が普通の風邪薬と多少の違いがあるのはご存知でしょうか。

今回は葛根湯は食前、食後、いつどの間隔で飲めば良いのか、効果的な飲み方をご紹介します。

さらに風邪で喉の痛みや鼻水が出ている時も葛根湯を飲む方がいますが、飲むタイミングによって効き目が大きく異なります。

葛根湯は飲んでも効き目がないという方に、効果的な飲み方の注意点や副作用などもご説明します。

スポンサーリンク

葛根湯の効能・効果

葛根湯は風邪のときによく用いられる漢方薬です。

葛根湯を飲むと体が温かくなり、発汗を促すことで熱を下げて、風邪の症状が治まります。

葛根湯の効能

  • 風邪の初期の頭痛
  • 発熱
  • 首の後ろのこわばり
  • 寒気はするが汗はかいていない
  • 鼻風邪
  • 鼻炎
  • 肩こり
  • 筋肉痛
  • 手や肩の痛み

風邪の時に用いられるイメージが強いですが、病院で処方される葛根湯は、炎症が起こって熱が出るような急性の病気の初期段階でも使われることがあります。

  • 中耳炎
  • 扁桃炎
  • 乳腺炎

スポンサーリンク

葛根湯の配合生薬と効果

葛根湯の配合生薬は以下の7種類です。

  • 葛根(カッコン):4~8グラム→解熱、鎮痛
  • 大棗(タイソウ):3~4グラム→滋養強壮、身体の緊張緩和
  • 麻黄(マオウ):3~4グラム→発汗、鎮咳
  • 桂皮(ケイヒ):2~3グラム→解熱、鎮痛、去痰
  • 芍薬(シャクヤク):2~3グラム→鎮攣、鎮痛
  • 甘草(カンゾウ):2グラム→鎮痛、去痰
  • 生姜(ショウキョウ):1~1.5グラム→健胃、鎮嘔

葛根湯に配合されている成分と分量は、メーカーによって違いがあります。

市販されている葛根湯には「満量処方」と書かれているものと、そうでないものがありますが、満量処方だと葛根湯の配合生薬がより多く入っています。

葛根湯の満量処方と2分の1処方の違い

葛根湯の満量処方やメーカーの違い

葛根湯の満量処方とは、日本薬局方の「漢方処方エキス」の生薬量最大の生薬が配合された葛根湯の事を言います。

しかし日本では日本薬局方の処方が4種類ある為、葛根湯の配合される生薬の量に違いがあります。

特に葛根湯の名前にもなっている生薬「葛根(カッコン)」は満両処方でも、処方される量が違います。

  • 全量18グラム処方→葛根(カッコン)4グラム
  • 全量25グラム処方→葛根(カッコン)8グラム

現在市販されている葛根湯の葛根(カッコン)の成人1日分の量を比較したものです。

  • 【クラシエ】カンポウ専科葛根湯エキス顆粒S:葛根(カッコン)6グラム
  • 【クラシエ】カンポウ専科葛根湯エキス顆粒Aクラシエ:葛根(カッコン)8グラム
  • 【伊藤漢方製薬】イトーの葛根湯エキス顆粒:葛根(カッコン)4グラム
  • 【阪本漢法製薬】阪本漢法の葛根湯エキス顆粒:葛根(カッコン)8グラム
  • 【ツムラ】漢方葛根湯エキス顆粒A:葛根(カッコン)2.68グラム

市販されているツムラの葛根湯は、葛根(カッコン)の量が病院で処方される医療用のものよりも少なくなっています。

しかしクラシエや阪本漢方は満量処方8グラム配合されています。

基本は配合量が多い方が効果が強くなりますが、必ずしも満量処方が良いと言うわけではありません。

体調や体質、さらに季節によっても変わってきますし、葛根湯の値段も満量処方の方が高い傾向にあります。

他にも1日の飲む量は2包(2回)の場合もあれば、3包(3回)のメーカーもあります。

葛根湯を購入する時は、薬の箱に【成分・分量】が必ず書いてあるので、葛根(カッコン)の量を確認し、自分の現在の体調にあったものを選ぶと良いですね。

葛根湯を飲むタイミング

葛根湯はいつ飲めば良い?

少し体がだるい、熱っぽい…こんな時に風邪薬ではなく葛根湯を選択する人が多いです。

最近では葛根湯のCMも多いので「風邪をひく=葛根湯」のイメージもありますよね。

しかし葛根湯は飲むタイミングによって効き目が大きく異なります。

いつ飲めば葛根湯の効き目があるのでしょうか。

下記の症状が出た場合に葛根湯を飲むのが良いです。

  1. 寒気がする
  2. 頭が重い
  3. 首や肩にこりがある
  4. 鼻がむずむずする
  5. 汗をかいていない

ゾクゾクっと寒気がする場合や、頭が重くてだるい時、さらに首や肩にこりがあっていつもより体が重いなと感じた時、鼻がむずむずしてくしゃみをした時等、まだ風邪の症状かな?と感じる時が葛根湯の出番です。

葛根湯の効果的な飲み方と注意点

葛根湯の効果的な飲み方は「風邪の初期症状」で飲むことです。

上記の症状が現れて、「もしかしたら風邪かな?」と感じた時がベストタイミングです。

逆に下記の症状が出ている時は葛根湯の効き目がない、効果がでない場合があるので注意が必要です。

  1. 発熱がある
  2. 喉が痛い
  3. 鼻水が続く
  4. 汗をかいている

葛根湯を飲んでも全然効かないとの声を聞くこともありますが、既に汗などが出ていて発熱がある時は効き目がありません。

他にも葛根湯は漢方薬だからお酒を飲んでも大丈夫なの?という質問がありますが、どのようなお薬でもお酒と一緒に飲むのはよくありません。

風邪をひいた時はお酒を控えて、回復に専念するのが一番ですね。  

スポンサーリンク

葛根湯の飲む時間

葛根湯はいつ飲むのかと飲む時間

風邪薬等、多くの薬は食後に飲む場合は多いと思いますが、葛根湯は食後に飲む薬ではありません。

葛根湯は「食前・食間」です。食前と食感の飲む時間がこちら。

  • 食前:食事をする30分位前
  • 食間:食事と食事の間、食後2時間後

葛根湯は胃が空っぽの状態の方がしっかり吸収され、逆に食べ物等が胃にある場合は効果が薄れます。

葛根湯の効き目をよくする為にも、食前又は食間に飲むのが良いですね。

さらに葛根湯は「白湯」などの常温、少しぬるい位のお水で飲むのが効果的です。

葛根湯を飲む時に注意してほしいのが、葛根湯を飲んだ後の飲み物

葛根湯を服用した後すぐに、牛乳やジュース等の清涼飲料水を飲むと吸収が妨げられてしまいます。

お水で飲むのも、葛根湯の効果を失わない為なので、葛根湯を服用した後は飲み物には注意しましょう。

他にも葛根湯にはドリンクタイプのものもありますが、できれば冷蔵庫で冷やさず常温のままで飲むのが良いです。  

食前だと飲み忘れたりすることも多いですが、飲み忘れても2回分飲んだりせず、食後2時間経過してから1回分の葛根湯を飲むようにしましょう。

喉の痛み・鼻水・咳にオススメの漢方薬

喉の痛みに効果的な漢方薬

既に風邪の症状がしっかりと出ている場合は、葛根湯よりも風邪薬や他の漢方薬が効きます。

いくつか症状別の漢方薬をご紹介します。

喉の痛みに効果的な漢方薬

喉が痛い時にオススメの漢方薬がこちら。

  • 桔梗湯(ききょうとう)
  • 銀翹散(ぎんぎょうさん)
  • 甘草湯(かんぞうとう)

葛根湯と違い、あまり聞いたことがない漢方薬も多いと思いますが、ドラッグストアや薬局にも販売しています。

パッケージにも「喉が痛み、喉のハレ」と記載があるので、喉が痛い時は上記の漢方薬が良いです。

鼻水や鼻炎に効果的な漢方薬

鼻水やくしゃみが続く時にオススメの漢方薬がこちら。鼻水や鼻炎、花粉症などによく効く漢方薬です。

  • 小青竜湯(しょうせいりゅうとう)

咳や痰に効果的な漢方薬

痰や咳が続く時にオススメの漢方薬がこちら。

  • 麦門冬湯(ばくもんどうとう)

気管支炎や気管支喘息で処方さるので、空ぜきが続く時、強く咳き込む時、喉が乾燥している時によく効きます。

漢方薬は「葛根湯」が有名ですが、症状別に併せていろいろな漢方薬があります。

風邪の引き始めには葛根湯がよく効きますが、既に風邪の症状が出ている時には症状にあった漢方薬、もしくは病院に行って診察を受けましょう。

病院によっては医療用の漢方薬が処方される場合もあります。

葛根湯の肩こりへの効き目

葛根湯の肩こりの効き目

葛根湯には肩こりへの効能が記載されてありますが、肩こりへはどのくらい効くのでしょうか。

葛根湯を肩こり時に飲んだ時の体験談

実際に肩こりがひどい時に飲んだ感想は、肩こりの痛みによく効きました!

葛根湯は体を温めて血行をよくする作用があるので、肩こりで肩や背中がビリビリと痛む時に飲むと、痛みがやわらぎます。

私の場合は肩の痛みだけでなく、首のこりにも効きました。

 

葛根湯は、肩こりだけでなく、うなじや背中のコリ、さらに緊張型頭痛や慢性頭痛の治療で処方される事もあります。

しかし、肩こりは慢性化する方が多いので、長期間の服用の場合は注意が必要です。

ちょっと肩こりがあるから、飲んですぐに良くなる場合は良いですが、数週間たっても、1ヶ月たっても症状が改善しない場合は、服用を中止し、病院に行き診察を受けましょう!

葛根湯の副作用

漢方薬は重い副作用はありませんが、葛根湯にも少なからず副作用があります。

下記の症状がでた場合は早めに病院へ行きましょう。

  • 胃の不快感や吐き気
  • 動悸
  • 不眠
  • 発汗過多
  • 肝障害
  • 頻脈
  • 血圧上昇

葛根湯に含まれる「麻黄」の副作用では不眠や動悸、血圧上昇等が起こる事もあるので、心臓病がある人(不整脈等)、高血圧、さらに既に病院から薬を処方されている場合等は注意が必要です。

他にも漢方薬は大量服用すると、浮腫(むくみ)を生じたり血圧が上がることもあります。

特に葛根湯に含まれる「甘草」の副作用には血圧上昇、低カリウム血症、浮腫(むくみ)がありますので、血清カリウム値や血圧には注意しましょう。

他にも「甘草」は非常に多くの漢方薬に使用されているので、複数の漢方薬を併用する時は、「甘草」の重複にも気をつける必要があります。

また日頃から汗をよくかく人はあまり葛根湯の効果がない場合もあります。

体質的に葛根湯があわない人もいるので、購入する時に薬剤師さんに相談すると良いです。

葛根湯のNGな飲み合わせの薬と併用可能な薬

葛根湯NGな飲み合わせの薬

葛根湯を使う時、他にも頭痛薬や鼻水や喉に効果的な風邪薬を一緒に飲もうかな…と考える事ありませんか。

漢方薬である葛根湯は西洋医学の薬(抗生物質や市販の漢方薬以外の薬)と比較すると、副作用が少なく効果も緩やかと言われている為、別の薬と併用して、どちらも効くと良いなと思う場合があります。

しかし葛根湯にも、NGな飲み合わせの薬があり、葛根湯と同様の効果のものを飲んでも効果が強くでてしまい、体力が消耗してしまう等副作用が出る場合もあります。

葛根湯の飲み合わせのNGな薬がこちら。

  • 風邪薬(パブロン、ルル等)
  • 胃腸薬(大正漢方胃腸薬、太田胃散等)

上記の薬には、葛根湯に含まれている麻黄や甘草と同じ成分、もしくは同じ構成成分のエフェドリンやグリチルリチンが配合されている為、併用して飲んでしまうと動悸等の副作用が出る可能性があります。

胃腸薬でもムコスタ錠は葛根湯と同時に処方される事もあるお薬なので、併用しても問題ありません。

風邪薬や胃腸薬と葛根湯を併用したい場合は、エフェドリンやグリチルリチン等、麻黄や甘草と同じ成分が入っていない薬を選びましょう。

成分を見ても分からない事もあるので、一番安心なのは薬剤師さんに飲み合わせを確認する事ですね。

葛根湯と頭痛薬の飲み合わせの注意点

イブやバファリン、ロキソニン等の頭痛薬も注意が必要です。

一般的にロキソニンは併用してもOKですが、バファリンやイブは熱を下げる解熱の作用があるため、葛根湯の体を温める作用とは真逆の作用となります。

特に既に熱が出ている場合、葛根湯では効果が発揮されない事が多いので、飲み合わせはおすすめできません。

風邪の初期症状ではなく、熱がでている風邪の場合はイブやバファリン等の頭痛薬やルルやパブロン等の風邪薬を飲むのが良いです。

しかし頭痛や生理痛、肩こり等、別の理由で頭痛薬と葛根湯を併用したい場合もあります。

葛根湯と頭痛薬を一緒に使うのはあまりおすすめできませんが、同じ日に時間をあけて使うのが良いです。

頭痛薬と葛根湯では元々薬を飲む時間帯が違います。葛根湯は食前・又は食間、イブやバファリン等の頭痛薬は食後と明記されています。

昼前に葛根湯を使い、夕食後に頭痛薬であれば問題ありません。個人差もありますので、6時間以上あけて使うと良いです。

ただし、どうしても一緒に使いたい場合は、必ずお医者さんや薬剤師さんに相談しましょう。

葛根湯と併用可能な薬

逆に抗生物質は葛根湯と併用しても問題なく、実際に漢方薬と抗生物質を病院で同時に処方される事があります。

他にも花粉の時期等、鼻炎薬が必要で風邪の引き始めの症状もあり、鼻炎薬と葛根湯を併用したい場合もありますよね。

CMで有名なアレグラやアレジオンは葛根湯と飲み合わせが問題ない薬です。しかしエフェドリンが配合されている鼻炎薬は、麻黄と同じ作用がある為NGです。

妊娠中の葛根湯の注意点

妊娠している時に風邪をひいてしまった!このような事ありますよね。

喉が痛い、鼻水がでる、咳がでている、だけど妊娠中だから風邪薬が飲めない…こんな時に思いつくのが漢方薬の葛根湯です。

葛根湯であれば漢方薬だから、飲んでよいのではないか?と考える方が多く、実際に私も妊娠中に風邪を引いてしまい、葛根湯を飲んでよいかどうか調べたことがあります。

インターネットの情報だと、飲んで良いと書かれている場合もありますが、妊娠中は自分の判断で葛根湯を飲んではいけません。

葛根湯には「麻黄(マオウ)」「甘草(カンゾウ)」が配合されており、麻黄と甘草は副作用に注意が必要な生薬です。

特に妊娠中は体質が変わる事が多いため、妊娠する前までは問題なく葛根湯を飲んでいても、注意が必要です。

葛根湯等の漢方薬は、体質にあわせて処方されるので、まずは通っている産婦人科で受診をすること、もし夜や土日等、診察外の時間だった場合は電話でも良いので相談してみるのも良いです。

実際に受診されると病院によっては「葛根湯」が処方される場合もありますが、処方しない病院もあり様々です。

妊娠中の葛根湯の体験談

ちなみに私の場合は、病院に行って医療用のツムラの葛根湯を処方してもらいました。

しかし病院によっては処方しない場合もあるようです。

 

必ず病院で処方されたものを飲むこと、自分で市販のものを購入して葛根湯を飲まないこと、妊娠中はお腹の中に赤ちゃんがいるので、必ず病院の診察を受けましょう。

授乳中の葛根湯の服用

赤ちゃんを授乳中に風邪をひいてしまった!このような事もよくあります。

育児をしていると慣れない事の連続なので、体力が落ちている時や無理をして疲れている時も多いです。

授乳中は乳腺炎にならないように、乳製品や甘いもの等食べ物に気をつける事も多く、風邪をひいて葛根湯を飲んでいいのか気になりますよね。

授乳中の葛根湯の体験談

私の場合は、病院に行き「葛根湯」を処方してもらいました。

乳腺炎の時も「葛根湯」が処方され、効果がありました。

 

授乳中は乳腺炎になる人も多く、乳腺炎の症状を改善するのに効果的な薬が「葛根湯」です。

ただし、体質によりあわない場合もあるので、授乳中も病院(産婦人科、内科等)に電話等で確認してみましょう。

スポンサーリンク

葛根湯のまとめ

  • 葛根湯の効果的な飲み方→風邪の引き始め
  • 葛根湯の飲む時間→食前又は食間
  • 風邪の症状が出ていたら他の漢方薬や病院
  • 葛根湯は肩こりや頭痛にも効果的
  • 妊娠中は葛根湯はNG
  • 葛根湯と風邪薬、頭痛薬の併用には注意が必要

葛根湯は風邪の引き始めには非常に良く効きます。

少し寒気がしたな~、風邪ひきそうだな~という時にすぐに葛根湯を飲むと、実際に3年程風邪をひきませんでした。

「ちょっと体調がおかしいかな?」のタイミングで葛根湯を飲むと効果が高いです!

しかし朝起きて喉の痛みがある、イガイガする時に葛根湯を飲んでも、全く効き目がありませんでした。

既に喉の痛みがある時は、病院に行って処方してもらう薬がよく効きました。

葛根湯は万能薬ではないので、症状に併せて薬を選んだり、既に風邪の症状で熱がある、汗をかいている時は病院を受診しましょう。

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ