老眼と遠視の違い!近視の人はなりにくい?メガネやコンタクトの選び方

遠視と老視の違いとメガネやコンタクトの選び方

なんだか最近近くの物が見えにくい…そろそろメガネが必要かもしれないと思う時はありませんか。

視力の低下といっても近視、遠視、乱視と種類があります。

40歳を過ぎた人なら老眼の始まりかもしれません。

でもここで疑問に思う事、老眼と遠視は何が違うのでしょうか。

近視は遠くのものが見えにくくなる症状ですが、遠視は近くのものが見えにくくなる症状。

老眼も近くのものが見えにくいですよね。

そしてよく言われるのは近視の人は老眼や遠視になりにくいという話、本当なのか気になることろです。

今回は、老眼と遠視の違いから、近視の人は老眼や遠視になりにくいというのは本当なのかをご紹介します。

さらに老眼や遠視、近視の人へのメガネやコンタクトの選び方や手術についてもご説明します。

スポンサーリンク

老眼と遠視の違い

老眼(老視)と遠視は、遠くのものは見えるのに近くの物が見えにくい、という点では同じ症状になります。

しかし同じ症状でも原因は全く異なります。

遠視の特徴

  • 網膜より後ろでピントが合う
  • 生まれつきが多い
  • 成長とともに治ることがある
  • 加齢で症状が悪化する

ものが正常に見えるためには、目の奥にある網膜という部分でピントをあわせる必要があります。

遠視の方は目の玉の大きさが小さい、眼軸が短いので、目に入る光の屈折の仕方に異常が出て、網膜より後ろの方でピントがあいます

これが近くの物が見えにくい理由です。

遠視の症状は生まれつきなので、幼児であれば成長とともに治ることもあります。

しかし大人になっても症状がある場合は、遠視の症状が改善される事がありません。

また、元々軽い遠視の症状がでていた人が、年齢とともにピントの調整力が弱まる事で、遠視が悪化する場合もあります。

遠視の人は老眼になりやすいと言われることもありますが、元々症状がでる原因が違う為、老眼になりやすいということがありません。

遠視は生まれつき症状がある人がほとんどです。

老眼の特徴

  • 水晶体の弾力が低下しピントが合わなくなる 
  • 誰にでも起きる可能性がある
  • 加齢により症状がでる
  • 加齢により症状が悪化する

老眼は名前の通り、年齢を重ねることで引き起こされる症状です。

古い機械は動きが鈍くなるように、年をとることで水晶体の弾力が低下しピントを合わせにくくなります

若い頃は特に問題なく見えていたものが、年齢を重ねることで調節機能が弱まった事で近くのものが見えなくなるのが老眼です。

遠視とは違い、目の玉の大きさや屈折の異常は関係ありません。

老眼については40歳頃から症状がでる場合が多く、症状の出方も個人差があります。

50歳になっても、老眼にならない人もいますし、逆に30歳代から老眼の症状が出る人もいます。

老眼は年を重ねていくと、誰にでも起こる可能性のある症状です。

老眼と遠視、どちらも年齢を重ねて症状が悪化するのは共通点です。

スポンサーリンク

近視の人は老眼にならないは本当?

老眼や遠視の人が近視になりにくい、近視の人が老眼になりにくいは本当?

近視とは近くの物はくっきりとよく見えるのに、遠くのものはぼやけて見えにくい現象です。

最近ではパソコンやスマホなど、テレビやゲームなど目を近づけて見るものが増えた為、子供も大人も近視になる人が非常に増えています。

仕事で毎日パソコンを使用するようになって、視力が落ちたという人も少なくありません。

周りを見ても、メガネやコンタクトをしている人がとても増えていますよね。

その中で、よく言われるのは「近視だから、老眼にはならないよね」という話。

これは本当でしょうか。

近視の人は目の玉が大きい、眼軸が長いために、光が異常に屈折し、網膜より手前でピントが合ってしまうために起こる現象です。

老眼は加齢により、ピントを合わせにくくなることなので、近視の人も関係なく老眼にはなります

ではなぜ、近視の人は老眼になりにくいという話が生まれたのでしょうか。

それはメガネやコンタクトが原因です。

近視の人はメガネやコンタクトで目を矯正して過ごしています。

そしてメガネをはずすと近くのものはよく見えます。

そう、メガネをしていると見えないけど、はずすと見える、だから老眼ではないと錯覚してしまうのです。

メガネがあることで実際は老眼でも、メガネをつけている時とつけていない時の見え方が違うので老眼に気づきにくい。

だから老眼だと気づくのが遅れてしまい、老眼になりにくいと言われる原因になったのです。

スポンサーリンク

老眼や遠視の人は近視になりにくいは本当?

同じように、老眼や遠視の人は近親にならない、またはなりにくいとも言われます。

本当に遠視の人や老眼の人が近視になりにくいのでしょうか?

遠視の人は目の玉の大きさに違いがあるので、近視にはなりにくいと言えます。

しかし、あくまでも「なりにくい」というだけで、暗いところで本を読んでいたり、スマホやパソコンで目を酷使していれば、もちろん近視にもなります。

老眼で近くの物が見えにくい人にとっては、遠視とは原因が異なるので、近視にもなります。

なので遠視の人はなりにくいが、老眼の人は関係なく近視になるという事です。

私の周りも老眼になった後に近視になった人もいますし、近視の人が老眼になった人もいます。

メガネやコンタクトをつけているので気づくのが遅くなる可能性が高いですが、実は症状は進んでいる事もあります。

「自分は遠視だから近視にはならない」と考えてはいけません。

あまり近くを見ない、スマホやパソコンばかりを注視しない、など遠視の人も通常の生活での注意が必要です。

赤ちゃんの遠視の原因

子どもは目の玉が小さいので、産まれたときは誰でも遠視ということをご存知でしょうか。

赤ちゃんはあまりよく見えていないのは遠視だからです。

成長するにつれて目の玉も大きくなり、自然と網膜でピントが合うようになってきます。

赤ちゃんの遠視は自然と治る為、特に問題になることはありません。

しかし遠視は治っても、その後の近視は誰でもなる可能性があります。

つまり「子どもの頃遠視だった」という方は近視になりにくいわけではありません。

老眼や遠視は手術すれば治る?

目の視力をよくする手術は、いろいろな方法があります。

老眼や遠視、近視の視力を改善する手術をご紹介します。

  • レーシック
  • モノビジョンレーシック
  • CK手術
  • アキュフォーカス

レーシック

一時期はブームのようによく耳にしていたレーシック。

視力回復の手術とし有名です。

レーシックは、目に入る光の屈折の異常を調整して、網膜でピントが合うようにする手術です。

近視、乱視、もちろん遠視の方も手術で治すことができます

しかし強い遠視の人は手術自体ができなかったり、手術をしても元に戻る可能性が高いと言われています。

近視の人もかなり近視が進んでいる人や、生まれつき角膜が薄い人はレーシックができない可能性があります。

実際に手術するには、病院で目の状態を検査する必要があります。

良い病院を探して、お医者さんにしっかりと相談をするのが良いです。

老眼の原因は屈折の異常ではないので、レーシック手術では治す事ができません。

モノビジョンレーシック

しかし、老眼用の手術を存在します。

まずはモノビジョンレーシック。

片方の目、例えば右目は近くをよく見えるようにして、左目は遠くを見えるようにすることで、近くも遠くも見ることができるように目を調整する手術です。

しかし、片目同士のピントのあいかたが違う為、最初は少し疲れることもありますが、次第に慣れてきます。

CK手術

軽い老眼であれば、ラジオ波によるCK手術というものもあります。 

基本は片方の目のみ角膜の形状を変化させて、近くを見やすくします。

90秒ほどで終えられるという速さがメリットで、費用も他の手術と比べると比較的安いです。

手術後はモノビジョンと同じで、片方は近くを片方は遠くにピントがあうので、慣れるまでは違和感があります。

アキュフォーカス

さらにドーナツ状の薄いリングを角膜の中に埋め込む、アキュフォーカスという方法もあります。

コンタクトレンズよりもさらに小さいレンズを入れて、近くをみやすくする手術です。

この手術も片方だけでおこなう事がほとんどです。

上記からもわかるように、基本老眼の手術は片方のみおこなう事が多いです。

老眼を治すのではなく、老眼になった片方の目のみ近くを見れるようにして、両目で近くと遠くを調整することになります。

老眼がひどくて困っている人などは検討してみるのも良いかもしれません。

老眼や遠視のメガネやコンタクトの選び方

遠視のメガネ・コンタクトの選び方

  • 非球面のレンズを選ぶ
  • 屈折率1.6以上のものを選ぶ
  • フレームをえらぶ
  • コンタクトレンズにする

遠視の方の多くは、メガネをかけると目が大きく見えてしまうという悩みを持っています。

これを解消するには、できるだけ薄いレンズのメガネをを使用することです。

店頭でレンズを選ぶときに、非球面のレンズを使用してみてください。

片面が非球面のもの、価格は上がりますが両面非球面のレンズがあり、目の大きさが気になりにくいです。

また屈折率が高いほど目の大きさのカバーができます。

屈折率が1.6以上のものを選ぶと良いです。

フレームは太くて濃い色の方が、目の大きさが目立ちにくいです。

最近はオシャレなデザインの縁のあるメガネが多く、ファッションとしても楽しむこともきます。

近視のコンタクトレンズのCMはよく見ますが、もちろん遠視用があります。

ワンデーアキュビューやメダリストなど、遠視用のものがありますので、是非眼科に行って相談してみましょう。

老眼鏡の選び方

老眼鏡の場合は、用途によって選び方が変わってきます。

  • 読書など長時間近くを見るときに使う
  • 常にかけて近くも遠くも見える必要がある
  • 短時間必要なときだけ使えれば良い

などによってレンズの種類は様々です。

まずは眼科でメガネの必要な状況を相談してみましょう。

老眼が進んでいる場合、目の老化が進んでいるという事なので、他の目の症状が出ている可能性もあります。

一度目の点検も兼ねて眼科にいくと良いです。

コンタクトに抵抗がなければ、遠近両用のコンタクトレンズも便利です。

脳の視覚機能を利用して、1枚で近くのものも遠くのものも見えやすくしたコンタクトレンズです。

メガネのように必要なときに取り出す必要がなく、使い捨てのものもあります。

ただ目に負担はかかるので、自分に合うかどうか、始めはお試し用コンタクトを使用してみるのがおすすめです。

スポンサーリンク

遠視と老眼の違いのまとめ

  • 遠視と老眼はなる原因が違う
  • 遠視も老眼も年をとると症状が悪化
  • 近視の人も老眼になる
  • 老眼や遠視の人も近視になる
  • 近視と遠視は手術で治せる
  • 老眼は手術で調整して見やすくする
  • 老眼の手術は片方のみ
  • メガネは薄いレンズを選ぶ
  • 老眼も遠視もコンタクトレンズがある

老眼や近視など誰にでも起こりうる現象で避けられないものです。

しかし、自分に合ったメガネやコンタクトレンズを使えば、生活に支障はでずに毎日を過ごすことができます。

それでも気になる方は、手術で視力回復をする例も増えています。

しかし、視力回復手術は保険が適用されないので、リスクや費用を考えるとなかなか決断できないもの。

まずは、できるだけ目に負担のかからない生活を心がけましょう。

定番ですが、暗いところで目を使う作業は行わない、パソコンやゲームをしたら1時間毎に5~10分の休憩を入れる、パソコンを見ている途中で少し遠くのものを見る。

毎日の生活で、目を休ませる、目のピントを動かすようにしましょう。

それでも老眼などは避けられないもの。

必要なときのためにメガネやコンタクトの知識も頭に入れて、視力の低下と上手に付き合っていくのが良いですね。

*最近目が疲れて、痛みや違和感がある、またはまぶたが痙攣する場合は、以下の記事を参考にしてください。

目がチクチク痛い時の病気!原因や対処法と症状別おすすめの目薬

右目と左目のまぶたの痙攣の原因!ピクピクが止まらない時の治し方

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ