紫外線の目の病気!充血や痛い原因とサングラスやメガネと目薬の対策

紫外線の目の病気と充血や痛い原因 

顔や肌には紫外線対策を!と言われることが多くなりましたが、太陽を見ていて目が痛むことはありませんか。

実は目も紫外線の影響を受ける器官です。

いやいや外に出て目を使うなんて当たり前だし、そんな事言ってたら何もできないですよね。

実際に普通に買い物に行ったり、通勤や通学するくらいの紫外線であれば、あまり影響はありません。

しかし、春から夏にかけての紫外線の強い季節、山に行ったり、海に行ったり、長時間外にいる場合は目が日焼けをしてしまいます。

目が日焼け?と聞くと不思議に思うかもしれません。

もちろん目は元々黒いので、目が黒くなるわけではありませんが、目が日焼けをすると炎症をおこして目が痛くなったり、充血する症状が出ることがあります。

そこで、今回は紫外線の影響による目の病気と、紫外線による目が充血したり痛い原因、さらに目の痛みが続くときの対処法をご紹介します。

他にも紫外線対策の為に、サングラスやメガネの選び方もご説明します。

スポンサーリンク

紫外線の影響による目の病気

目は体の中で唯一外部にさらされている器官の為、紫外線や乾燥に対して直接ダメージを受けやすい場所です。

だからこそ自分で考えるよりも先に、何かが目にぶつかったり、ごみが入る時は、目を保護する為に反射をしてまばたきをするように出来ています。

しかし紫外線は違います。

日差しの強い時期、外にでると関係なく降り注いでくるので、目は紫外線による日焼けをします。

紫外線が目に入ると、ほとんどが角膜や水晶体で吸収されてしまう為、目の奥にある網膜という部分まで到達するのは1~2%です。

こうして聞くとあまり影響がないように感じますが、紫外線は毎日のように浴びるもの、紫外線でダメージを受け続けると、様々な目の病気を引き起こす事になります。

では紫外線の影響による目の病気をご紹介しましょう。

紫外線角膜炎

まずはその名の通り、紫外線を長時間浴びる事で発症する目の病気です。

目の痛みを感じた場合は、既に角膜に炎症を起こしている可能性があります。

雪眼炎や電気性眼炎も紫外線角膜炎になります。

以下のような症状が現れます。

  • 目の痛みや充血
  • 異物感
  • かゆみ
  • 涙が止まらない

通常の角膜炎と同じような症状です。

基本的には、紫外線を浴びても数日以内には自然回復することが多いです。

しかし、中には角膜のさらに奥に紫外線が入って炎症を起こす「虹彩炎」になることもあります。

紫外線角膜炎は春や夏の日差しの強い時期だけの病気ではありません。

冬にスキーに行くとスキーやけをしますが、この時目も同じように日焼けする為、紫外線角膜炎になる可能性があります。

白内障

紫外線が水晶体にまで達すると、水晶体のタンパク質に変化が起こり、水晶体が濁ってしまう「白内障」になる可能性があります。

白内障には、以下のような症状があります。

  • 全体的に目がかすむ
  • 視力が低下する
  • 光のまぶしさを感じやすくなる
  • 暗いところで見えにくい
  • ものが二重に見える

白内障というと、年をとってなるイメージがありますが、強い赤外線や紫外線を浴び続けると年齢に関係なく、白内障を発症します。

赤外線を浴びる職業についている人は、白内障の発症が多いです。

普段の生活では赤外線を浴びる生活はしませんので、注意しなければいけないのが紫外線です。

特に紫外線の強い海外に行く時には要注意です。

海外の紫外線の量は日本よりも多いところが多く、白内障を発症する人は増えています。

もちろん紫外線を受けたからいきなり白内障になるというわけではなく、少しずつ少しずつ紫外線を受ける事で目がダメージを受けて、白内障になるというわけです。

翼状片

黒目と白目の堺に紫外線がさらされることで目が傷つき、目の防御反応や修復の過程で白目の組織細胞が黒目にくいこんでしまう病気です。

分かりやすくいうと、目の白い部分が黒い部分に伸びてきて黒目の丸い部分にかかることです。

通常は目頭の白目の部分かから黒目の部分に三角の形状でかかってきます。

翼状片の症状としては、充血や異物感がありますが、初期であればそこまで気にならない程度です。

一番気になるのはやはり見た目、角膜に白目の部分が入るので、周囲からの指摘が苦痛だという意見が多い病気です。

見た目が気になる為、すぐにでも治したいと思う人が多いですが、症状を改善するには手術しか方法がありません。

瞼裂斑

紫外線の影響で炎症を起こし、結膜が分厚くなってしまう病気です。

白い目の部分に黄色いシミのようなものができます

症状としては白目の部分が赤くなったり、異物感があります。

翼状片と同じく、目頭側に発症が多く、手術以外でとる方法はありません。

中には翼状片になる場合もありますが、そこまで多くはありません。

黄斑変性症

元々中高年以降に多く、加齢とともに発症する可能性が高い黄斑変性症ですが、長年紫外線を浴びた人が発症することも多いです。

網膜の中心部にある黄斑部と呼ばれる部分に異常が生じる病気です。

症状としては目の中心の視野が欠けて見える、ものが歪んで見える、視力の低下があります。

中高年以降の失明の原因でもある病気の一つです

黄斑変性症はルテインをとることで発症予防効果があるので、ルテインのサプリをとるのが良いです。

*目がチクチクしたりゴロゴロする場合は、別の目の病気の可能性もあります。

目がチクチクやゴロゴロする時に考えられる病気や原因と対処法

スポンサーリンク

目の痛みや充血の原因

紫外線のサングラスやメガネや目薬の対策

通常は角膜を覆っている涙液が、紫外線を防いで、角膜に直接ダメージを与えないように働いています。

なので紫外線を浴びても、すぐに目に痛みや充血の異常がでるわけではありません。

しかし強い紫外線を浴び続けると涙液の分泌が減ってしまい、角膜の保護がうまくできなくなってしまいます。

神経がたくさんある角膜上皮が紫外線によって剥がれてしまい、角膜に傷がついた状態になります。

角膜が傷ついている状態で紫外線にさらされると、角膜の表面が痛み、炎症が起こりやすくなり目の充血や痛みの原因になります。

しかし紫外線による炎症は目が日焼けをしている状態なので、通常であれば2~3日で治まってきます。

肌の日焼けと同じです。

だからといって、炎症が起きている目をこすったりして目を傷をつけると、傷口から細菌が感染する場合もあります。

さらにアウトドアなどで1日中目が紫外線を浴び続けると、紫外線の目の病気を発症する可能性が高くなります。

サーフィン、スキーや山登りなどのアウトドア、外でテニスやマラソンなど運動をする時は、必ず目を保護するようにしましょう。

目の痛みや充血が続くときの対処法

①目を冷やす

長時間目を紫外線にさらしたことで、目の痛みや充血が続いたときは、日焼けよりもさらにひどい、目がやけどをしているのと同じ状況になります。

そんな時はまず目の上に濡れたタオルや、保冷剤を入れたタオルを置いて冷やしましょう

目を冷やすことで炎症を抑える事ができます。

冷やすのも、肌の日焼け対策と同じですね。

②目薬をさす

次に目をよく洗い、紫外線焼け用の目薬をさします

実は目薬といっても、アレルギー用から紫外線用まで様々なものが市販されています。

今回は紫外線用の目薬を2つご紹介します。

  • ノワールUV
  • バイシンUV 

まずはおすすめの「ノアールUV」、パッケージにも紫外線による目の炎症とはっきりと書いてあります。

なぜノアールUVがおすすめなのか、それはこの目薬だけ血管収縮剤が成分に入っていないからです。

実は紫外線用の目薬のほとんどには血管収縮剤が入っており、目薬をさすとすぐに目の充血がとれるものがあります。

目の充血が取れるのは大変便利なのですが、何度も繰り返し使用していると効果が薄くなってしまいます。

なので、できれば血管収縮剤が入っていない目薬がおすすめです。

紫外線用の目薬で入っていないのが「ノアールUV」です。

しかし充血がひどく、すぐに充血を取りたい場合は、「バイシンUV」が良いです。

紫外線用の目薬も目の状況によって使い分けをしましょう。

1日中紫外線を浴びる可能性のある職業や、スポーツなどは紫外線用の目薬を準備しておくのがおすすめです。

③目を休ませる

そして何よりも大切な事は目を閉じて目を休ませることです。

目は開けているだけで、まばたきを何度もして、目が乾かないようにしています。

目は起きている間、他の体の部分よりもずっと酷使しているのです。

なので必ず目を閉じて目を使わないことが大切です。

目にとって一番良いのは、目を全く使わない睡眠です。

紫外線を浴びた目は、非常にダメージをうけているので、無理をせずにたっぷりと睡眠をとりましょう。

すると数日で、目の痛みや充血がよくなる事が多いですよ。

④病院に行く

しかし、2~3日たっても目の充血や痛みが全く治らない場合、すぐに病院に行きましょう

既に目の炎症などが進んでいる可能性もあります。

市販の目薬も効果はありますが、重い炎症などは処方された目薬がよく効きます。

「放っておいても大丈夫だろう」と思っていると、視力低下や目の寿命を縮めてしまいます。

老化とともに目の病気が増えるように、目は毎日使うことで日々疲労が蓄積される場所です。

目は何をするにも必要な器官なので目の健康も考えるようにしましょう。

スポンサーリンク

紫外線対策のメガネやサングラスの選び方

先ほど目の健康を考えるようにとお話しましたが、目の健康を考える、目の病気にならない為にも目の紫外線対策は重要です。

体は服や帽子を着て、紫外線や日差しを予防しますが、目は紫外線に対して無防備です。

また、紫外線の影響を直に受けてしまう部分なので、目もしっかりとした紫外線対策をしましょう。

まず、目を守る紫外線の対策に有効なのはサングラスです。サングラスをつけるだけで、紫外線を目から守る事できます。

しかしサングラスの選び方にはいくつかポイントがあります。

①紫外線カット機能が付いたものを選ぶ

紫外線対策でサングラスを選ぶ時に、何を基準にして選びますか。

私もそうでしたが、最初は色で選ぶ人も多いです。

色が濃いものが紫外線をカットしてくるような気がするのですが、実は紫外線カットに色は全く関係ありません

大切なのは紫外線カットの機能がついたサングラスを選ぶ事です。

紫外線カットのサングラスには「紫外線透過率」や「紫外線カット率」が必ず表記してあります。

その表記があるものを選びましょう。

さらに「紫外線透過率」なら1%未満のものを、「紫外線カット率」であれば数字が高いものを選ぶのが大切です。

ちなみに、紫外線カットの機能がないサングラスで、色の濃いものを選ぶと、瞳孔が大きくなってしまうので、紫外線によるダメージもたくさん受けることになります。

紫外線対策を考えるのであれば、紫外線カットの機能がないものは買わない方が良いです。

②顔にフィットするものを選ぶ

サングラスの形状については、なるべくフレームが大きくて、顔にフィットするものがおすすめです。

顔にフィットしていると、隙間から紫外線があまり入ってきません。

眼鏡やコンタクトレンズも紫外線カットを選ぶ

さらにサングラスだけでなく、メガネにも紫外線カットの機能がついているものがあります。

日常的に使っているメガネも紫外線カットのものを選ぶと、より紫外線から目が守られることになります。

もちろん同じ理由でコンタクトレンズも紫外線カットがおすすめです。

日傘・帽子を使う

また、サングラスほどではありませんが帽子も約50%紫外線をカットできます。

できるだけツバの大きな帽子を選ぶのが良いですよね。

他にも紫外線カットの加工がされている日傘も効果的。

日差しや気温が高い日は帽子とサングラス、日傘やサングラスなど併せて使うと、紫外線だけでなく熱中症などの対策をできておすすめです。

スポンサーリンク

紫外線の目の病気と原因と対策のまとめ

  • 紫外線は目には有害
  • 通常は2~3日で治る
  • 紫外線専用の目薬がおすすめ
  • 紫外線で目が痛い時は目を冷やす
  • 紫外線対策はサングラスが効果的
  • 色で選ばずに紫外線透過率等で選ぶ
  • 帽子や日傘も効果的
  • 目にはルテインをとる

日焼けをして肌のケアはするけど、目をケアしない人は多いですよね。

体も日焼けしてダメージがあるように、目もダメージを受けています。

目が充血していたり、痛いと思ってから対処することも大切ですが、できればその前に目を守ることが大切です。

サングラスで予防したり、目に良い栄養素をとって体の中からも目を守りましょう。

例えば、ほうれん草や緑黄色野菜にふくまれているルテインやビタミン・ミネラル

また、目に良いとされるブルーベリーなどのベリー系がおすすめです。

特にルテインは黄斑変性症の予防効果がある栄養素なので、積極的にとると良いです。

今は食事だけでなくサプリで手軽にとることもできますよ。

人間の体に必要な紫外線ですが、目にはとても有害なものです。

日焼け対策と同じくらいしっかりと対策をして、外出を楽しみましょう!

目がチクチクしたり、ゴロゴロするのが続く時は別の目の病気が考えられます。

目がチクチクやゴロゴロする時に考えられる病気や原因と対処法

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ