体や顔の日焼け止めを綺麗に落とす方法とコツ!クレンジングやシートの使い方

顔や体の日焼け止めを綺麗に落とす方法とコツ

いよいよ夏本番!海やプールが楽しみな季節です。

しかし、日焼けは絶対したくないという女性は多いのではないでしょうか。

いつもより強力な日焼け止めを使用して、丁寧に塗り直して…日焼け対策はバッチリ!

最近は汗や水で流れにくいウォータープルーフタイプの日焼け止めなど種類が多く、日焼けしないための努力を惜しまない人も多いです。

しかし、意外と忘れがちなのが、日焼け止めを塗って帰ってきた後。

普段より強い日焼け止めを使ったのに、いつもと同じクレンジングやボディソープを使っていませんか?

もし疲れて落とさず寝てしまったりしたら大変です!

日焼け止めは肌にとっては刺激物。

毛穴の詰まった状態では、黒ずみや肌荒れを引き起こしてしまいます。

強力な日焼け止めならなおさら、帰宅後は早めに落としてあげましょう。

今回は、日焼け止めを優しく綺麗に落とす方法をご紹介します。

「日焼け止めもクレンジングも色々なタイプがあって、どれを使ったらよいか分からない」という方もぜひ読んでみてください。

スポンサーリンク

体の日焼け止めを綺麗に落とす方法

顔はメイクをするので、必ずクレンジングを使ってメイクを落としますよね。

しかし、体をに日焼け止めを塗っても、石鹸やボディーソープで洗うだけの人がとても多いです。

日焼け止めには、紫外線吸収剤や界面活性剤など肌に良くない成分がたくさん含まれています。

日焼け止めを体に使った場合も顔と同じように、クレンジングでしっかり落とすのがオススメです。

日焼け止めを落とす際に気を付けなければならないのが、落とし方が製品によって違うということ。

弱いものであれば、お湯でも落とせるし、強いものであれば専用のクレンジングが必要になります。

まずは普段使っている日焼け止めのパッケージや使用説明を確認してみてください。

  • 日焼け止めの使用説明を確認
  • 基本日焼け止めはクレンジングで落とす

同じようにクレンジングにも様々なタイプがあります。

日焼け止めの強さや肌質によってクレンジングを使い分けるのが、日焼け止めを綺麗に落とすためのコツです。

一般的に日焼け止めの強さを表すSPFの値が大きいほど、落としにくくなっています

体の日焼け止めの落とし方

  1. 日焼け止めを使った部分をクレンジングで浮かせる
  2. シャワーでクレンジングを洗い流す
  3. ボディソープで体を洗う
  4. お風呂上がりは保湿をする

クレンジングを身体中によく延ばし、日焼け止めと馴染ませてからシャワーで流します。

クレンジングはケチらずたっぷり使って、1度でキレイに日焼け止めを落としましょう。

その後は、いつも通りにボディーソープで体を洗います。

お風呂を上がって体をタオルでふいた後は、化粧水やローションを使って保湿をしましょう。

クレンジングをした後の肌はカサカサしやすいので、保湿をして肌に水分を与えるのが良いです。

日焼け止めを落とす時の注意点

  • ゴシゴシこすらない
  • 洗った後の肌を確認する
  • 帰宅後すぐにおとす

できれば帰宅後にすぐ落とすのがオススメです。

少しでも肌の負担を軽くしましょう。

日焼け止めを落とす時は、絶対にゴシゴシこすらないこと。

特にSPFの高いクレンジングを落とす時は、ゴシゴシ洗いをしやすいので、肌に摩擦をかけないよう優しくなじませましょう。

クレンジングで洗った後は、洗った後の肌を確認すること。

体を洗っても「肌が水を弾いている」「日焼け止めの匂いが残っている」ときは、日焼け止めを落としきれていない証拠です。

体を洗った後、日焼けで黒いシミやブツブツが出来た時の対処法は以下の記事でご紹介しています。

日焼けで黒いシミやブツブツが出来た時の対処法

スポンサーリンク

ウォータープルーフタイプの日焼け止めの落とし方

最近のウォータープルーフタイプの日焼け止めは、石鹸や普段使いのクレンジングで落ちるものが増えています。

売れているウォータープルーフタイプの日焼け止めの落とし方一覧です。

  • 資生堂アネッサ パーフェクトUV アクアブースター:せっけん
  • サンキラー パーフェクトストロングプラスN:クレンジング
  • ビオレ さらさらUV パーフェクトミルク:【顔】メイク落とし、【体】泡立てた全身洗浄料
  • KOSE サンカット 日やけ止めジェル 50:せっけん
  • カネボウ アリィー エクストラUVジェル:洗顔料
  • カネボウ アリィー エクストラUVプロテクター:クレンジング

CMで流れている、資生堂アネッサ、カネボウアリィー、ビオレなど、普段のクレンジングやボディーソープで落とせるものが多いです。

ウォータープルーフタイプだからといって、必ず専用のクレンジングが必要ではありません。

まずは、自分の商品の使用説明を確認しましょう。

最新の日焼け止めでは少なくなってきましたが、ウォータープルーフタイプの日焼け止めの中には、落とすのに専用のクレンジングが必要なものもあります。

専用のクレンジングが必要な場合は、普通のクレンジングでは日焼け止めが全て落ちないこともあります。

使用説明に「専用のクレンジングが必要」と記載がある場合は、必ず専用のクレンジングを使いましょう。

専用というだけあって洗浄力が強く、肌に負担がかかります。

専用のクレンジングが必要な日焼け止めは、海や山など日差しを浴びる量が多い時のみに使用した方が良いですね。

スポンサーリンク

SPF別日焼け止めの落とし方

SPFが高くても、せっけんやボディソープで落とせるものもあれば、クレンジングが必要な場合もあります。

まずは使用説明を確認し、クレンジングが必要な場合はおすすめのクレンジングを参考にして下さい。

  • SPF50:オイル・リキッドクレンジング
  • SPF30:ボディソープ・ミルククレンジング
  • SPF20以下:ボディソープ

SPF50でオススメの体用クレンジングは「ビオレ ボディデリ ボディウォッシュリキッドタイプ」!

ウォータープルーフタイプの日焼け止めも落とせて、オレンジのほのかな香りも良いです。

クレンジングによって肌の負担も大きいので、タイプ別クレンジングのメリットやデメリットを参考にしてクレンジングを選びましょう。

オイル・リキッドクレンジング

  • メリット:洗浄力が強い
  • デメリット:肌があれやすい

オイルタイプのクレンジングは洗浄力が強く、SPF50などの強力な日焼け止めを落とすときには効果的です。

しかし、皮脂まで落としてしまうのでカサつきやすいのがデメリット。

毎日使うのは避けた方が良いです。

体にオイルクレンジングを使用した後は、必ずローションや化粧水で保湿をおこないましょう。

ミルククレンジング

  • メリット:肌に優しい
  • デメリット:洗浄力が弱い

ミルクタイプのクレンジングは洗浄力はそれほど高くなく、肌に負担が少ないです。

使った後も、肌がしっとりします。

SPF50以上やウォータープルーフの強力な日焼け止めは落としにくいですが、普段使いのSPF10~30の日焼け止めや、敏感肌の人にはオススメです。

ジェルクレンジング

  • メリット:摩擦の負担が少ない
  • デメリット:水分があるとなじみにくい

ジェルタイプのクレンジングは、肌に馴染みやすく摩擦による負担が少ないです。

オイルクレンジングほど洗浄力が強くはなく、ミルククレンジングほど弱くないので、比較的使いやすいのが特徴です。

しかし、手が濡れていたり、お風呂場など湿気の多い場所ではなじみにくいです。

ジェルタイプは、手や顔を濡らさず、洗面所で使用するのがオススメです。

クリームクレンジング

  • メリット:肌がうるおう
  • デメリット:洗浄力が弱い

クリームタイプのクレンジングは、肌への負担が少なく、油分も含んでいるんで、洗い上がりがモッチリします。

肌が弱い人はクリームクレンジングがオススメです。

しかし、洗浄力が弱いので、SPFの高い日焼け止めはあまり落ちません。

顔の日焼け止めを綺麗に落とす方法

体や顔の日焼け止めを落とすのはクレンジングシートやオイル

化粧の下地やファンデーションはSPFが含まれているものが多く、顔は一年中日焼け止めを使用してます。

冬でも紫外線は降り注いでいるので、日焼け止めを使用するのは肌にとって大切なことですが、一年中肌にお休みがないのも負担が大きいです。

顔は元々、体よりも皮膚がデリケート。

日焼け止めもクレンジングも、体と同じものを使っていては強すぎる場合があります。

顔用のクレンジングは保湿成分が含まれていたり、肌に優しく作られています。

顔に日焼け止めを塗ったときは顔用のクレンジングを使って、毎日きちんと丁寧に落としてあげましょう。

  • クレンジング後は普通の洗顔をする
  • アイメイクは専用のクレンジングオイルを使う
  • 肌にあったクレンジングを使う
  • 手早く洗う
  • ぬるま湯ですすぐ

クレンジング後には普通の洗顔をする「ダブル洗顔」がオススメです。

体も顔のクレンジングにも共通してやってはいけないことは、ゴシゴシこすること。

顔はアイメイクなど濃い部分も落とす為に、強くこすりがちですが、力を入れれば落ちるものではありません。

しっかりメイクの日は、アイメイクやポイントメイクのみ、クレンジングシートアイメイク専用のクレンジングオイルを使って先に落としておくのがオススメです。

肌に必要以上に負担をかけるのを防ぐことが出来ます。

体と同じように、SPFが高い日焼け止めを使ったときにはオイルタイプのクレンジングがオススメです。

しかしオイルタイプのクレンジングは洗浄力が強いので、普段使いや肌の弱い方はクリームタイプやミルクタイプを選ぶと良いです。

綺麗に落とす方法は、クレンジングを肌に馴染ませてから、ぬるま湯でよくすすぐこと。

「丁寧に」と気にして長時間クレンジングを肌に塗ったままにするのはNG

特にオイルクレンジングは、どんどん皮脂が落ちてしまいます。

手早く優しく、隅々まで洗うことを心がけましょう。

簡単に日焼け止めを落とすクレンジングシートの使い方

帰宅をしたら日焼け止めをできるだけ早く落とすことも大切です。

すぐにお風呂に入れない時など、とりあえずシートタイプのクレンジングでメイクや日焼け止めを先に落とすという方法もあります。

クレンジングシートは場所を選ばず、手軽に使えることがメリットです。

子供など自分で上手に顔を洗いにくい場合も、使いやすくて便利。

私も疲れている時は、まずクレンジングシートでメイクや日焼け止めを落とす事が多いです。

旅行の時も軽くて持っていきやすいので便利ですよね。

しかし、クレンジング強いとは便利な分、デメリットもあります。

  • 洗浄力が強い
  • こすりやすい
  • 拭き残しがある
  • コスパが悪い

クレンジングシートはアルコールが含まれていて洗浄力が強いので、肌にとって負担が大きいです。

使い方によっては、細かい部分の拭き残しがあるのもクレンジングシートのデメリットです。

さらに拭き取り式でこすりやすいので、摩擦による刺激もあります。

元々長時間の日焼け止め使用で疲れている肌、クレンジングシートで落としただけでは、すぐに肌荒れしてしまいます。

肌の弱い方は、クレンジングシートを毎日使うのは避けたほうが良いですね。

「クレンジングシートで日焼け止めを落としたから大丈夫!」とそのまま寝たりせずに、使用後は普通の洗顔と保湿をおこないましょう。

スポンサーリンク

日焼け止めを綺麗に落とす方法のまとめ

  • 落とし方は商品の使用説明を確認
  • SPF値が大きいほど落としにくい
  • オイルタイプは洗浄力が強い
  • ミルクタイプは肌に優しい
  • 落とす時にゴシゴシ洗わない
  • 簡単に落としたい時はクレンジングシート

日焼け止めをキレイに落としたいと思っても、なかなか面倒なのでクレンジングを使わない人が多いです。

実際に私も、「日焼け止めくらいなら普通のボディーソープでゴシゴシ洗えば大丈夫だろう」と考えていました。

しかし日焼け止めは落ちにくく、首や手の肌荒れが気になったので、後日体用のクレンジングを購入した経験があります。

スキンケアは毎日のことなので、日々のちょっとしたコツで肌の状態が変わってきます。

特に夏は汗や紫外線で肌が疲れやすい季節。

日焼け止めを使った後は、しっかりと日焼け止めを落として、保湿をおこないましょう。

日焼け止めを使用したけど「肌がかゆい・ヒリヒリする」場合や、早く治したい時は、以下の記事を参考にしてください。

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ