日焼けを早く治す方法と期間!家で出来るお手入れとパック

   日焼けを早く治す方法と期間   

夏は1年で1番紫外線量の多い季節。

日増しに日差しが強くなり、暑さもピークの時期です。

夏は日焼けしないようにしっかりと日焼け止めを塗って、気を付けている人も多いですよね。

しかし、海やプールで日焼け止めを塗り直さなかったり、毎日のお出掛けでつい塗り忘れて、「顔や腕が真っ赤!!」なんて経験ありませんか?

私も「ちょっとだけならいっか」と考えて、日焼け止めを塗らずに外にでたら、顔が赤黒くなっていることがありました。

一度日焼けで赤黒くなった肌は、すぐに元の色には戻りません。

でも「一部だけ焼けて日焼け痕がくっきりしていると恥ずかしい」「近々大事なイベントを控えていて早く治したい!」という場合ありますよね。

そこで今回は、日焼けを少しでも早く治したい人に日焼け後のお手入れ方法をご紹介します。

自宅で簡単に出来るものばかりなので試してみてくださいね!

スポンサーリンク

日焼けの原因と治る期間

日焼けが起こる原因

まず日焼けはどうして起こるのでしょうか。

紫外線は3種類あります。

  • UVAと呼ばれるA波
  • UVBと呼ばれるB波
  • UVCと呼ばれるC波

地上に届くのは主にUVAのA波とUVBのB波の2種類です。

A波は肌の内側まで浸透し、コラーゲンなどの組織を破壊してシミやシワ、たるみの原因になります。

B波は肌の表面の細胞を破壊し、メラニン色素を酸化させて肌を黒くします

紫外線は日焼けの原因であり、皮膚がんなども引き起こす有害なものです!

私たちは紫外線をブロックするために、日焼け止めを使います。

日焼け止めのPAの働きでA波を、SPFの働きでB波を防御していますが、どちらも完全に防御することはできません。

日焼け止めは、日焼けするまでの時間を、塗らないときより遅らせるだけなのです。

もし日焼け止めを塗る量が少なかったり、汗などで落ちていれば効果は半減、油断していると肌が真っ赤になる原因になります。

一度日焼けをするとなかなか治らずに困る人も多いです。

一体日焼けはどのくらいの期間続くのでしょうか。

日焼けが治るまでの期間

一般的に、日焼けをした後2~6時間皮膚が赤くなり痛みが出てきます。

ヒリヒリする期間は個人差があり、数時間から数日間、ほとんどヒリヒリしない人もいます。

日焼け後は、3~8日で浅黒い色、いわゆる日焼けした黒い肌になります。

新しい肌に生まれ変わるための代謝活動であるターンオーバーは、正常に行われていれば28日間です。

日焼けが治る期間もターンオーバーの期間となります。

  1. 2~6時間で赤くなる
  2. 赤みの後ヒリヒリした痛みが出る(個人差有り)
  3. 3~8日で赤黒い日焼けした肌になる
  4. ターンオーバーの28日で肌の色が戻る

ターンオーバーの28日で日焼け痕が消えないとお悩みの人は、肌の代謝が良くない可能性があります。

日焼けを早く治したい場合は、ターンオーバーを早めるよう努力することが大切です。

次に少しでもターンオーバーを早め、日焼けを早く治す方法をお伝えします。

スポンサーリンク

日焼けを早く治す方法

日焼けのお手入れとパック

①日焼けした肌を冷やす

日焼けはやけどと同じ状態です。

酷い状態になると皮がめくれたり、吐き気や発熱を伴うこともあります。

まずは熱をもって炎症を起こしているので、冷やすことが肝心です。

ここで大切なポイント!

ただ冷やすと言っても、氷水など冷たすぎるものはダメ。

ターンオーバーを早めるためには「血行を良くすること」が必要なのに、冷たすぎる水だと血管が収縮して肌の再生化が遅くなってしまいます。

体温と同じくらいのぬるいシャワーを充分浴びて、冷やしすぎないようにしましょう。

肌は日焼けで傷ついているので、水圧が強いのもNGです。

熱いお風呂も肌への刺激となり厳禁、弱めのシャワーにを浴びるようにしましょう。

お風呂上がりに拭くときも、タオルでこすらないように優しく拭いてください。

  • ぬるいシャワーで冷やす
  • 水圧は弱めにする
  • タオルで優しくふく

ただし、日焼けの赤みがひどい、痛みやかゆみがある場合は、冷やすことが重要です。

ヒリヒリした痛みやかゆみが強い場合は、以下の記事を参考にしてください。

日焼けのかゆみやヒリヒリ痛みの対処方法

日焼けで黒いシミやブツブツが出来た時の対処法は以下の記事でご紹介しています。

日焼けで黒いシミやブツブツが出来た時の対処法

②睡眠をしっかりとる

肌のターンオーバーを早めるためには睡眠と栄養も大切です。

特に成長ホルモンが活発に分泌される、午後10時~午前2時の間に熟睡しているとベスト。

熟睡するためには、寝る前にカフェインやアルコールをとるのを控えましょう。

テレビや携帯やスマホ、パソコンのブルーライトも睡眠を妨げる要因です。

良い睡眠を取るためにも、寝る1時間前にはテレビやパソコンはOFFにしましょう。

肌のためにも、ホットミルクを飲んだり、リラックスできる音楽をかけながら、早めにベッドに入ると良いですね。

③ビタミンをとる

肌に良い栄養素としてぜひ摂りたいのが、ビタミンA、C、Eです。

まとめてビタミンエースとも言われ、 肌の再生化を進めます。

  • ビタミンA:レバー・卵・うなぎ
  • ビタミンC:いちご・レモン・ブロッコリー
  • ビタミンE:アーモンド・アボガド

特に抗炎症作用やメラニン色素の抑制など、ターンオーバーのために良いことずくめなのがビタミンC。

水に流れやすく熱にも弱いので、食べ物から積極的にとりましょう。

加熱しても栄養素が壊れにくい、ジャガイモやサツマイモから摂るのもオススメです。

ビタミンEがはビタミンCの吸収を助けるので、一緒にとると良いですね。

食べ物だけでたくさんの栄養素をとるのは難しいので、あわせてビタミン系のサプリをとるのも効果的です。

日焼けに効果的な食べ物や飲み物を、以下の記事で紹介しています。

日焼けに効く食べ物と飲み物!悪化する食べ物

④定期的にスクラブする

日焼けの赤みや痛みが落ち着いたら、スクラブをするのも効果的です。

スクラブを使うことで、肌のターンオーバーを助けることができます。

しかし、スクラブをやりすぎると肌に負担がかかります。

週1回のペースでスクラブを使いましょう。

  • 日焼けした日はスクラブしない
  • 週に1回スクラブする

体に使うオススメのスクラブは「ハウスオブローゼ Oh! Baby ボディ スムーザー N

全身に使えて、肌にも優しい、保湿剤も配合されているスクラブです。

スポンサーリンク

日焼けのお手入れ方法

日焼けを早く治すためには、外側からも適切なお手入れが必要です。

日焼け後の肌は乾燥して脱水状態、とにかく保湿が重要です。

しかし、白い肌に戻したいからと、いきなり美白用化粧品を使うのはNG

日焼け後の炎症を起こしている肌には、ビタミンCなどの成分が刺激になり、肌にとってよくありません。

美白化粧品はメラニン色素の生成を抑制して、肌の外へ排出してくれる効果がありますが、ゆっくりと時間を掛けて肌に浸透します。

しかも一般的な肌ケア商品よりも、肌への刺激が強いこともあり、強い紫外線を浴びた肌には負担になることもあります。

肌が赤くヒリヒリしているときは、普段使っている化粧水は一旦お休み。

敏感肌用など刺激の少ない、できるだけシンプルな保湿ローションを使用しましょう。

そして肌に浸透しやすい「美白化粧水」は、肌の赤みやヒリヒリが落ち着いてから使うと良いですよ。

家でできる日焼け後のお手入れパック

顔はコットンやフェイスマスクが便利です。

低刺激の化粧水をたっぷり含ませて、目元や小鼻のまわりなど、顔の隅々まで被せましょう。

  1. コットン・フェイスマスクに化粧水を含ませる
  2. フェイスマスクで15分パックする
  3. 赤みが落ち着いたら通常のケアをする

15分程でコットンやマスクを外すと、かなりしっとりします。

おすすめの化粧水が「アベンヌウォーター

コットンやフェイスマスクにたっぷりとアベンヌウォーターを含ませてパックすると、赤みやほてりが少しずつひいてきます。

低刺激の化粧水でスプレータイプなので、腕や足など日焼けをしたところに直接スプレーするのも良いですよ。

市販のシートマスクは美容成分がたくさん含まれており、刺激になる場合があります。

特に肌が敏感な人は、日焼け後すぐに使うのは止めましょう。

殺菌や消炎効果があるアロエ成分配合の化粧水も、赤みやヒリヒリを抑えるのに役立ちます。

キュウリやレモンはビタミンCが炎症に良くないので、自己判断で手作りの野菜パックなどを使用するのはやめた方が無難です。

日焼け後のお手入れワセリンパック

日焼け後におすすめなのはワセリン、腕や足の保湿にはオススメです。

ワセリンは赤ちゃんやアトピー性皮膚炎の方など、肌の弱い方にも使いやすい保湿剤でドラッグストアでも購入できます。

自宅でも簡単にできるワセリンパックをご紹介します。

まずはこすらないように全身を優しく洗い、お風呂上がりは保湿用化粧水やローションをつけてしっかりと保湿します。

その後ワセリンパックをおこないましょう。

ワセリンパックの手順

  1. 化粧水でしっかり保湿する
  2. ワセリンを塗る
  3. ラップで巻く
  4. 10分~20分したらラップを外す

水分が逃げないようにワセリンを塗ります。

さらに水分を閉じ込めるために、腕や足をラップでくるみます

パックは10~20分、時間がたったらラップを外しましょう。

ヒリヒリが続くようであれば、大正製薬のオロナイン。

軽いやけどに効くので、日焼け後のヒリヒリにも効果的です。

冷やしてほてりが落ち着いてから、オロナインを塗って同じようにラップを巻けば、消炎効果が長持ちします。

スポンサーリンク

日焼けを早く治す方法のまとめ

  • 日焼けを早く治す為にはターンオーバー促進
  • 日焼け後は冷やしすぎると血行が悪くなる
  • ターンオーバーの為に睡眠と栄養が重要
  • 肌に良い栄養素はビタミンA,C,E
  • 日焼け後美白化粧品を使うのはNG
  • 日焼け後は低刺激の肌ケアで保湿

昔日焼けした後に、慌てて美白化粧水をたっぷり使ってパックしたことがあります。

しかし、肌がピリピリして、肌の負担になってしまい逆効果でした。

美白化粧品は、日焼けする前に、いつも肌に使ってこそ、美白効果が実感できるものです。

日焼けをしたら美白化粧品を慌てて使わずに、敏感肌用などの低刺激の化粧水をたっぷりと使って、肌に水分補給しましょう。

夏は外でのレジャーが楽しい季節ですが、日焼けの悩みも尽きない季節です。

レジャーの時は何時間も外で紫外線を浴びるので、日焼け止めをしっかり何度も塗り直しましょう

もし日焼けしてしまったら、良質な睡眠とビタミンたっぷりの食事で肌の血行を促進し、どんどん再生化を促しましょう。

肌の乾燥は体の乾燥でもあります。

外側からの保湿だけでなく、水分をたくさん摂って体の内側からも保湿をし、早くキレイな美白肌を取り戻してくださいね。

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ