熱中症の症状と対策!子供が発熱や嘔吐した時の対処法

子供の熱中症と対策

暑い時期に学校から帰ってきた、外から遊んで帰ってきた子供が元気がない…そんな事はありませんか。

帰ってきた後にぐったりしていたら、熱中症の可能性があります。

私も子供の時に何回か熱中症になったことがあります。

最初は暑いな~と思うくらいなんですが、いつのまにか気持ち悪くなってきて、誰かに言わなきゃと思った時にはもう倒れていました。

熱中症はさっきまで元気だった子供が、少しの時間で倒れてしまう可能性もあります。

今回は熱中症の症状と対策、そして子供が熱中症で発熱や嘔吐をした時の対処法をご紹介します。

スポンサーリンク

熱中症というと、あまり怖い病気だと思わない人が多いのではないでしょうか。

しかし熱中症は適切な応急処置をしないと、死に至る可能性もある病気です。

応急処置や素早い対処をおこなえば、熱中症の回復も早くなります。

ではどんな症状が熱中症なのか、まずは熱中症になりやすい人、子供が熱中症になった時の症状からご説明します。

熱中症になりやすい人

  • 子供・赤ちゃん
  • 高齢者
  • 屋外で仕事をする人
  • 屋外でスポーツをする人
  • 汗をかきにくい人
  • 脳卒中の後遺症がある人
  • 糖尿病の人

夏は暑いと感じるが普通ですが、子供や高齢者は暑さを感じにくい傾向にあります。

汗をかきにくい人も、身体の中に熱を溜め込んでしまい、熱を外に逃がすことができないため、熱中症になりやすいです。

熱中症の原因

熱中症とは、汗などで出て行った水分の補給が間に合わず、本来体に備わっている体温調節機能がおかしくなってしまう事で症状が現れます。

  • 体温の上昇
  • 脱水状態

内臓の温度がどんどん上昇し、悪化すると意識が無くなり、命を落とす事もあります。

大人でも気づいたらかなり具合が悪くなっていて、救急車で運ばれることもあるのが熱中症、子供であればなかなか自分で熱中症だと気づくことはありません。

まして熱中症の症状などを、親に上手く伝える事もできません。

子供は熱中症をあまり知らないため、気持ちが悪いと思った時にはもう倒れる寸前ということもあります。

スポンサーリンク

子供が熱中症になった時の初期症状

  • 顔が火照っていて赤い
  • 呼吸が少し早い
  • ぼーっとしている
  • 食欲がない
  • 唇がカサカサ
  • 肌が乾燥している
  • 生あくびをする
  • 微熱がある(37度以上)

頭がズキズキする、下痢や嘔吐がある、ぐったりしていて動かない」のは中期症状以上です。

初期症状では、疲れているのと見分けがつきにくいので、まずは体温計で体温をはかりましょう。

熱中症になると、体温が高くなりますが、初期段階では37度以上とまだ微熱程度です。

熱中症は、時間がたつにつれて症状が悪化することが多いので、少しでも早く熱中症の可能性に気がつくことが大切です。

熱中症で一番大切なのは親が子供をよく観察して、体調の変化に気づくこと。

気づくのが遅れると、既に親が気づいた時には言葉で上手く説明できない状態かもしれません。

もし、意識がはっきりとしていない、意識がもうろうとしている場合は、緊急の症状の可能性もある為、すぐに病院に行きましょう。

熱中症の症状別に、初期・中期・緊急を要する症状を以下に記載しています。

子供の熱中症症状体験談

私が8歳の時、7月の休日、日中の気温は32度でした。

その日は親戚の法事があり、親と一緒に親戚の家に出かけていました。

家の中は人でいっぱいだったので、外で待っていると少しぼーっとしてきたのを覚えています。

でも法事ということもあり、「ちょっとぼーっとするくらいだから気にしなくていいか」とそのまま親にも言いませんでした。

親が忙しそうにしていたのもあり、言いづらかったというのもあります。

30分ほど外にいると、「暑い…なんか頭が重いな…」と思った後、そこから記憶がなくなりました。

そのまま意識を失って倒れてしまい、周りの人達が慌てて家の中に運んだそうです。

目を覚ますと、エアコンの涼しい部屋で頭をタオルで冷やしていました。

頭は重く、体も重い、多少の吐き気がありましたが、嘔吐はしませんでした。

しかし、倒れて運ばれている時に失禁したそうです。

その後、病院に行き点滴を受けて回復しました。

 

スポンサーリンク

熱中症の初期症状

  • 元気がない
  • 呼んでも反応が鈍い
  • 疲れきっていてあまり動かない
  • 汗を大量にかく

初期段階で気づければ、家でも十分対処がおこなえます。

熱中症は悪化するのも早いので、初期症状でもその後の様子をしっかりと見守るのが大切です。

熱中症の中期症状

  • 頭が痛い
  • 気持ちが悪い
  • 吐き気がある
  • 吐く
  • 下痢をする
  • フラフラする
  • 手足が小刻みに震える
  • しびれがある
  • 呼吸がいつもより速い
  • 体に力が入らない

中期の状態であれば、病院で治療を受けるのがベストです。

自己判断だけで「病院に行かなくても大丈夫」と考える人もいます。

しかし熱中症は急激に悪化することがあるので、必ず病院に言って治療を受けましょう。

熱中症で緊急を要する症状

  • 高熱が出る
  • 呼びかけても反応がない
  • 倒れる
  • けいれんをおこす

高熱がでて倒れる、けいれんを起こす、呼びかけても反応がない状態であれば、救急の病院に行く、もしくは救急車で病院に行きましょう!

子供の症状は急速に進むことがあります。

自分では気がつかないうちに倒れてしまうので、緊急を要する症状だけでなく、中期の症状でもしっかりと子供を観察しておきましょう。

熱中症は当日に倒れるイメージがありますが、前日の外遊びや水分不足の結果、翌日になって脱水症状を思わせるような症状が現れる場合もあります。

代表的な症状は「唇がカサカサになる、目が落ち窪んでくる、ぼーっとしている」です。

脱水症状は熱中症の症状の一つです。

熱中症の症状に気づいたら、まずはゆっくり休ませ、水分補給をして様子を見ましょう。

熱中症の怖い所は、気付かない内に症状がどんどん進んでいくことです。

特に子供は自身の変化に気づきにくく、子供自身も倒れるまで気がつかないことがあります。

親が声をかけて、子供の体調を確認しましょう。

「頭痛くない?」「気持ち悪くない?」など、症状を親から聞いてあげるのが大切です。

熱中症になった場合の対処法

熱中症の下痢や嘔吐や熱の対処法

熱中症になった場合の下記の順番で対処をおこないましょう。

  1. 涼しい場所に移動する
  2. 水分と塩分を補給する
  3. 衣服をゆるめる
  4. 体を冷やす

熱中症になった場合、日陰や涼しい場所、エアコンの冷房がついた場所に移動して横に寝かせましょう。

寝かせた後、頭に血液を送るために、頭より足元を少し高くしましょう。

家の中であれば、枕やクッションで高くする、外であれば、カバンなどで高くすると良いです。

横に寝かせた後は、電解質系の飲料水である「ポカリスエット・アクエリアス・OS-1」などを飲ませて水分と塩分を補給しましょう。

特に経口補水液である「OS-1」は熱中症にオススメです。

ポカリスエットは糖分を多く含んでいますが、os-1は電解質と糖質の配合が非常に良い飲み物です。

熱中症の症状だけでなく、感染性胃腸炎などによる下痢や嘔吐の脱水症状にも非常に効果的です。

いざという時のために、家に2~3本ストックしてにましょう。

ドラッグストアやインターネットで購入することができます。

電解質系の飲料水を飲んだ後は、衣類をゆるめて体を休めましょう。

横になって体を動かさないだけで回復してくる場合があります。

次に体を冷やすことが大切です。

下に体を冷やすための応急処置の方法を掲載しているので、参考にしてください。

下痢と熱中症の対処法

熱中症で下痢が起こる原因は、体内からミネラルや塩分が少なくなっているからです。

下痢の症状があるときに、水だけを飲んでしまうと、体内の塩分濃度が低下してしまいます。

体は塩分濃度を一定に調整するために、水分を体からだして下痢の症状がでます。

下痢を起こしている場合は水分だけではなく、ミネラルや塩分をとるために、電解質系の飲み物である「ポカリスエット系のスポーツドリンク、OS-1」などを飲みましょう。

小まめに水分を補給し体を冷やして安静にするのが大切です。

麦茶はミネラルが多いので、熱中症の下痢にならない為の予防として飲むと効果的です。

下痢が続く場合は、すぐに病院に行きましょう。

嘔吐・吐き気と熱中症の対処法

熱中症で嘔吐が起こる原因は、脱水症状で胃腸が正常に働かないから。

体内の塩分濃度のバランスが崩れているので、吐き気や嘔吐がおこります。

対処としては、体の水分バランスを戻すために、スポーツドリンクや経口補水液を飲むのがよいです。

しかし、嘔吐があるときは無理に飲ませても吐いてしまいますよね。

嘔吐など吐き気が酷い場合は、すぐに病院にいくのが最善の対処法です。

急いで病院に連れて行き、点滴で水分を補給しましょう。

病院にいくまでは、少しでも体を冷やすことが大切です。

吐き気だけで嘔吐がなければ、病院にいくまでに電解質系のスポーツドリンクなどで、ミネラルや塩分を補給してください。

熱中症で体を冷やす応急処置

熱中症で脱水症状が進み症状が悪化すると、手足や体に悪寒や震えがきたり、熱が高くなります。

体内の温度が上がり過ぎているので、急いで体の温度を下げましょう。

38度以上の発熱がでることもあるので、熱中症による発熱の場合は、体を冷やすことが大切です。

体を冷やす場合はおでこに氷枕と考える人も多いですが、おでこだけでは頭しか冷えません!

人間には体中を流れている太い血管があります。

  • 首筋
  • 両脇の下
  • 両足の太ももの付け根

上記の場所に、氷をタップリつめたビニール袋や、アイスノン、タオルでまいた保冷剤をあてて、体を冷やしましょう。

  • 首の下に氷枕やアイスノンをあてる
  • 脇の下を氷袋や保冷剤をあてる
  • 足の太ももの付け根の上に氷袋や保冷剤を置く

ガッツリという表現がぴったりな程、上記の5ヶ所に氷を当てる事で、全身を巡る血液が冷やされて体が冷えてきます。

もし屋外にいる場合は、冷たいペットボトルや缶ジュースで代用しましょう。

体を冷やすのはあくまでも応急処置です。

頭痛や嘔吐、ぐったりして動かない場合は、必ず病院に行きましょう!

熱中症にならない為の対策

熱中症は日中の高温の中、外で遊んだり出かけたりすることで起こると考える人が多いですよね。

しかし、屋外よりむしろ熱中症の発症は部屋の中の方が多いのを知っていますか?

実は統計的には「部屋の中」しかも部屋にエアコンが備えてあるところでの発症が多いです。

屋外と屋内の熱中症対策をご紹介します。

 屋外での熱中症対策 

  • 水分は小まめに取る
  • 帽子をかぶる
  • 定期的に休みを取る

屋外での熱中症対策で大切なのが、こまめに水分を取ることです。

子供は疲れるまで遊びまわるので、その間に水分を取らないことも多いです。

親が注意して飲み物を渡したり、外に行く時には水分を取るように伝えておくのが良いですね。

そして帽子をかぶるのも熱中症対策には効果的です。

日差しのある時に帽子をかぶる人は多いですが、実は日差しが強くない日でも帽子をかぶるのがポイント。

日差しが強くなくても日中の温度が高い日など、知らずに頭に熱がこもっていることが多いです。

できれば通気性のよい帽子だと、頭が蒸れなくてオススメです。

先ほども話しましたが、疲れるまで遊び回るのが子供です。

疲れる前に、定期的に休みをとる、スポーツドリンクなどこまめに水分をとるよう、親が注意しましょう。

屋内での熱中症対策

  • 小まめに水分を取る
  • 室温は28度以下、湿度70%以下

家の中での熱中症対策で大切なのは、水分を取ることです。

家の中だと日差しを浴びているわけではないので、水分をあまり取らずに過ごすことも多いです。

しかし意外にも、室内にいても水分を失っていることがあります。

夏は気づかないうちに部屋の中が暑くなって、汗をかくことが多いです。

家の中でもこまめに水分を取りましょう!

そして家の中で気をつけたいのがエアコンの温度、必ず28度以下にしましょう。

特に温度が高い日は、エアコンを消すとすぐに部屋の温度が上昇していきます。 

エアコンをつけっぱなしにしてもいいですし、室内の温度を均一にするために扇風機やサーキュレータなどを併用するのもオススメです。

最近では節電の為に部屋の温度を28度に設定している人も多いですが、正直28度でも暑い日もあります。

自分が暑いと感じるようであれば、我慢せずに温度をさげて、自分の快適な温度に調節しましょう。

エアコンの冷房をつけると湿度も下がるので、湿度は70%以下、できれば50~60%が快適に過ごせます。

エアコンで冷房ではなくてドライに設定している場合も注意が必要です。

ドライは部屋の空気を除湿してしまうので、いつのまにか部屋が乾燥していることがあります。

気づかないうちに喉が渇いていることがあるので、しっかり水分を補給しましょう。

ドライは部屋がカラッとして気持ちが良いですが、あまり除湿をしてしまうと部屋の湿度が下がりすぎてしまいます。

冷房やドライの切り替え、又は自動運転で部屋の温度や湿度を調整しましょう。

日常で大切な熱中症の予防

  • 1日に500ml~1000mlは飲み物を飲む
  • ミネラルや塩分をとる

人間は1日に約2リットルの水分を失うので、失った分をほきゅうする必要があります。

水分は飲み物だけでなく、食べ物でも入ってくるので、飲み物として最低でも500ml以上は水分をとりましょう

夏に外にでると、汗をかいてより水分を失うので、1000ml以上の水分が必要な時もあります。

汗をかいたら水分補給と考える人は多いですが、汗と同時に塩分も失われています。

電解質系の飲料水で補給するのも良いですが、最近では塩飴なども売っているので、子供にはおやつとして与えるのも良いです。

他にも熱中症にならないように食事にも気をつけるのが大切です。

ビタミンA,B,Cやミネラルをバランスよく取る食事内容にしましょう。

中でもおすすめなのが梅干し

カリウムやクエン酸が含まれていて食欲増進にもなります。

塩分もあるので夏バテや熱中症予防に最適な食べ物です。

スポンサーリンク

子供の熱中症の症状と対策のまとめ

  • 子供や高齢者は熱中症になりやすい
  • 熱中症の原因は「体温上昇・脱水状態」
  • 中期や緊急の症状は病院へ
  • 必ず電解質系の飲料水を飲む
  • 応急処置は体を冷やすこと
  • 予防は水分をこまめに取る
  • 室内でも熱中症になる

熱中症は子供がかかりやすい病気です。

特に夏休みは遊びすぎて寝不足や疲れていることが多く、熱中症にかかりやすい時期です。

子供が熱中症にならない為にも、夜は早く寝かせて、やらなければいけない事は朝の涼しい内に終わらせてしまう習慣をつけましょう。

夏休みに早寝早起きの習慣をつけておくと、体が丈夫になり、楽しい夏休みを過ごすことができます。

特に屋外では、大人が感じるよりも子供は熱にさらされることが多いです。

子供は大人よりも背が低く、頭が道路の地面に近いのでアスファルトからの照り返しの熱を大人以上に感じます。

ベビーカーに乗せている赤ちゃんも十分に注意しましょう。

熱中症で中期以上の症状が出ている場合は、病院で受診するのが大切です。

病院では点滴を打つので、体内の電解質を元の状態に戻す処置をしてくれます。

熱中症は命の危険をともなう症状です。

日頃から熱中症にかからないよう予防して、症状がでたらすぐに病院に行きましょう。

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ