子供の湿疹やかゆみの原因と対処法!全身や顔に出る病気と治らない場合は?

 

子供の湿疹やかゆみの原因と対処法

子供は大人に比べてデリケートで、皮膚が薄く、汗もよくかくため肌のトラブルが絶えません。

生まれたばかりの赤ちゃんの肌はツルツルしているのに、成長と共に様々な理由で肌が荒れてしまうことが多いです。

なかでも特に多いトラブルは湿疹です。

産まれてから間もなく、ほとんどの赤ちゃんが乳児湿疹を経験します。

あせもやおむつかぶれ、アトピー性皮膚炎、食べ物のアレルギー、乾燥性の湿疹など。

毎日お風呂上がりに赤ちゃんや子供の皮膚の状態をチェックしているにもかかわらず、あっという間に湿疹が広がってしまったという事が多いです。

子供の湿疹で大切なのが、親が早めに気づいて対処することです。

早めに気づけば、跡に残らない事が多いですし、治りも早いです。

今回は子供の湿疹のかゆみの原因と対処法をご紹介します。

もし湿疹がなかなか治らない場合の適切な対処や、全身や顔に湿疹ができた場合の病気もご説明します。

湿疹といっても、様々な病気が隠れている可能性があるので、詳しく見ていきましょう。

スポンサーリンク

子供に湿疹がでる原因

子供の皮膚は大人の半分の厚さしかなく、肌を守る保湿機能やバリヤ機能が未熟な為に、うまくコントロールできません。

その為、大人よりも環境の変化に影響を受けやすく、すぐに湿疹や皮膚炎などのトラブルが起こりやすくなります。

子供の湿疹は主にウイルスや細菌の感染によるものが原因ですが、原因がわからずに出る湿疹が多いのも特徴です。

病院に言っても原因がわからないこともあり、湿疹の原因を特定できない場合もあります。

元々生まれたばかりの赤ちゃんは、母親のホルモンの影響で一時的に皮脂の分泌が活発になります。

しかし成長するにつれて徐々に皮脂の分泌が減少し乾燥していくので、不安定な肌の状態になるのです。

また、汗を分泌する汗腺は子供でも大人と同じくらいの数が密集しているので、子供は汗を沢山かきます。

赤ちゃんや子供の肌は自分でコントロールすることが難しい為、ちょっとした刺激で湿疹などが現われやすいです。

子供に湿疹がでる主な病気

子供に湿疹が出る主な病気と治らない場合の病気

子供に現れる湿疹には沢山の種類があります。

子供の湿疹が出る病気は様々ですが、代表的なものを一覧にしています。

【湿疹が出る主な病気】

  • 突発性湿疹
  • 手足口病
  • はしか
  • 風疹
  • 水ぼうそう
  • ヘルパンギーナ
  • 帯状疱疹
  • とびひ
  • 蕁麻疹
  • アトピー性皮膚炎

汗疹や乾燥性の湿疹の他に、38度以上の高熱が2〜3日続き、熱が下がると共に体中に湿疹がでる「突発性発疹」。

38度前後、あるいは微熱が2,3日続いたあとに手と足、口のなかに水泡ができる「手足口病」。

他にも高熱と咳、結膜炎や全身発赤が現れる「はしか」。

リンパの腫れとともにお腹や背中等、全身に細かい発赤が現れる「風疹(三日はしか)」。

夏に多く、口の中に口内炎が現れる「ヘルパンギーナ」などです。

発熱とともに湿疹が現れたり、湿疹が現れてから初めてわかる病気もあります。

帯状発疹やとびひなども、湿疹を症状とする病気です。

発熱や湿疹を伴う病気の中には、はしかや風疹のように感染力の強いものもあります。

湿疹があっという間に広がったり、発熱などの風邪症状と共に湿疹が出た場合は、すぐに病院に行くことが大切です。

また、子供たちが感染しないようにするために、子供の頃に予防注射を定期的に打つのも、湿疹の予防になります。

特に学校で、はしかや風疹が流行している時は注意が必要です。

1人、2人が感染すると、あっというまに同じクラスの子供に広がることがあります。

私も子供の頃に、はしかが学校で流行した為、学級閉鎖になったことがあります。

私自身は小さい時に1度はしかになっていたので、感染することはありませんでした。

はしかや風疹は1度かかると、その後抗体ができてかかりづらくなります。

しかし、大人になって抗体が弱くなり再度発症することもあるので、注意しましょう。

他にも湿疹と言えば、アトピー性皮膚炎にも起こる症状です。

こちらは急に出るというより、繰り返し湿疹が出る場合が多いです。

スポンサーリンク

全身に湿疹が出る子供の病気

①手足口病

名前の通り、手・足・口の中に湿疹が出る病気です。

手足だけでなく、膝、・肘・おしりにも湿疹ができることがあります。

湿疹は1週間程度で消えることが多いです。

②蕁麻疹

蕁麻疹は、体の一部分のみに湿疹が現れることもありますが、体全身に広がることもあります。

蕁麻疹は赤い盛り上がった腫れの症状が現れて、数時間から24時間以内に湿疹が消えることが多いです。

【参考記事】蕁麻疹全身の症状と対処法!子供に効く薬

③とびひ

乳幼児に多く、主に夏の時期に症状が出る事が多いです。

虫刺されなどで腫れている部分をかきむしって、ひっかくたびに菌がひろがっていきます。

最初は腕や足の一部分だけが、かきむしることで全身に広がります。

しっかりと対処すれば、10日~2週間で治ることが多いです。

④はしか

はしかウイルスに感染することで、38度以上の高熱がでます。

その後全身に湿疹がでる病気で、結膜炎の症状も出ることが多いです。

はしかは予防接種のワクチンを打ちますが、ワクチンを打つ前に感染して発症することがあります。

湿疹は1~2週間で消えていきます。

⑤風疹(三日はしか)

小学生がかかりやすく、はしかよりも症状が軽いことが多いです。

首の後ろのリンパ節が腫れ、全身に細かい湿疹がでます。

三日はしかの名前の通り、湿疹は3日ほどで消えてしまいます。

⑥突発性発疹

赤ちゃんが生まれて、最初に熱を出す病気と言われています。

体全体にでる湿疹は、高熱が下がった後にでる症状です。

顔や体に不規則な湿疹がでて、通常は2~4日ほどで消えていきます。

⑦水ぼうそう

全身に水ぶくれができる病気です。

体だけでなく、頭の中にも虫刺されのような湿疹が出ます。

最初は湿疹ですが、その後水ぶくれとなり、最後はかさぶたになります。

通常は1~2週間で治りますが、かゆみが強く、かきむしることが多いので、痕が残りやすいです。

⑧溶連菌感染症

高熱と喉の痛みで発症する病気です。

発熱後、半日から1日程たつと、全身に細かい赤い湿疹が現れます。

1週間ほどで、手足の皮がむけて、2~3週間で治る事が多いです。

スポンサーリンク

顔に湿疹が出る子供の病気

①アトピー性皮膚炎

アトピー性皮膚炎は、最初は頰やあごなど、顔を中心に湿疹が出ることが多いです。

年齢とともに、湿疹がでる部分が変化していきます。

一度できて治ったと思っても、再発することが多い病気です。

②単純ヘルペスウイルス感染症

顔の中でも、口の周り、口の中、唇、目に水ぶくれができる感染症です。

1週間ほどで治りますが、ウイルスは体内に残るので、再発をすることがあります。

③乳児脂漏性湿疹

乳幼児(生後3ヶ月くらいまで)に顔や頭皮にできる湿疹です。

白くカサカサしているのが特徴で、成長すると自然治癒することが多いです。

④あせも

額や顔、首の周りにできることが多いです。

湿疹ではありませんが、かきむしることで別の皮膚の病気になる可能性もあります。

湿疹と区別がつきにくいです。

【参考記事】赤ちゃんのおむつかぶれやあせもの治し方と薬

子供に湿疹がでた場合の対処法

あせもやおむつかぶれ、乾燥性の湿疹は、比較的親が対処しやすい湿疹です。

あせもは、汗をかいたらこまめにシャワーを浴びて汗をとる、濡れたタオルで顔や体の汗を拭いたりして清潔に保つ事が大切です。

体を拭いた後は、ベトベトしない消炎効果のあるローションで肌を整えておくことで症状も良くなってきます。

おむつかぶれは、おむつをこまめに替えたり、その都度お尻をぬるま湯で洗ってあげるだけで、薬を塗らなくても改善されることもあります。

乾燥による湿疹はお風呂から上がるとすぐに保湿液を全身に塗ります

乾燥がひどいところにはワセリンを使用することも効果的です。

それでも症状が良くならないときはステロイド軟膏を使用します。

子供のバリヤ機能は未熟なので、ステロイドも吸収しやすくなっています。

*ステロイドの軟膏の赤ちゃんや子供への注意点や副作用、市販薬については以下の記事を参考にしてください。

ステロイド軟膏の副作用と赤ちゃんへの注意点

ステロイド軟膏市販薬の種類と強さの比較

なのでお医者さんの指示にしたがって、症状にあったステロイド剤と非ステロイド在を使い分けながら、治療していくことが大切です。

もし風邪の症状や既に発熱を伴う湿疹の場合は、感染症の可能性があるので病院に行きましょう。

はしかや風疹、水疱瘡などの感染症は、最初は風邪の症状と変わらないので症状の区別がつきにくい場合が多いです。

すぐに病院に言って、子供の症状を説明しましょう。

近所の病院であれば、同じような症状で他の子供達が病院に行っている事が多いです。

感染症が流行している場合は、なるべく早めに病院に行って診察を受けましょう。

子供の湿疹がなかなか治らない場合

小児ならではの突発性湿疹でもなく、あせもや乾燥性の湿疹がなかなか治らない場合アトピー性皮膚炎の疑いがあります。

アトピー性皮膚炎は、生後3から4ヶ月ごろから始まります。

アトピーは何らかの原因で免疫が異常を起こして、悪化し、湿疹がなかなか治りません。

私も子供の頃はアトピー性皮膚炎で、何度も皮膚科にお世話になった経験があります。

かゆみのある湿疹がでるので、とてもつらく、夜眠れない事もあります。

病院に行き、薬をもらって塗ると症状は改善されますが、しばらくするとまた同じように湿疹が出てきます。

こうなると悪循環です。

湿疹になる→薬を塗る→症状がおさまる→また湿疹が出る→薬を塗る→症状がおさまる→また湿疹がでる

このようなサイクルでアトピーを繰り返します

アトピーは、乾燥しやすい冬の時期にかゆみや湿疹がひどくなります。

特に子供はかゆみが強いと、だめとわかっていても湿疹の部分を掻いてしまいます。

さらに夜無意識のうちに掻くこともあり、症状が治りにくいことが多いです。

もしなかなか湿疹が治らない、湿疹の症状を繰り返している場合はアトピー性皮膚炎の可能性を考えて、病院を受診しましょう。

アトピー性皮膚炎は、医師による治療が必要になり、治るまでに時間がかかります。

アトピー性皮膚炎の発見が早ければ、症状を早期のうちにおさえる事ができ、かきむしってさらに被害を広げる可能性も低くなります。

湿疹は最初はそこまで大きくない場合もあります。

子供に湿疹がある場合は、なるべく早めに皮膚科に行きましょう。

スポンサーリンク

子供の湿疹の原因と対策のまとめ

  • 湿疹の原因は細菌感染が多い
  • 子供の湿疹は原因不明な事も
  • 全身の湿疹ははしかや風疹などの可能性
  • 湿疹は体を清潔に保つ事が大切
  • 乾燥からくるものは保湿する
  • 発熱や風邪の症状がある場合は病院
  • 治らない場合はアトピー性皮膚炎の可能性

子供は自分でも気づかないうちに体に湿疹ができて、掻いていることがあります。

かきむしって体を傷つけない為にも、爪は常に短くきっておくことをおすすめします。

また、通気性の良い服を着たり、汗をかいたらこまめにきがえるなど体を清潔に保つことも大切です。

洗濯洗剤や石鹸なども含有成分によっては湿疹が出やすい事もあるので、もし湿疹がでて原因が分からない場合は、洗剤や石鹸を疑ってみると良いかもしれません。

子供の肌のバリア機能は少しの刺激に対して過剰に反応してしまい、ひどくかゆくなったり、湿疹が広がりやすいです。

さらに湿疹からとびひになり、症状がひどくなる事もあります。

子供がなるべく掻きむしらないように、ガーゼなどでかゆい部分を保護するのも効果的です。

何より一番大切なのは子供の健やかな肌を保つために、きちんと肌をケアしていくことです。

親が気にして子供の肌を守ってあげましょう。

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ