唇が痙攣する原因と対処法!頭痛やしびれがある病気や病院は何科?

 

唇の痙攣の原因と対処法

何気ない日常生活のなかで突然起こる唇の痙攣。

人によってはまぶたや頬に痙攣が起きる人もいます。

特に何かしたわけでもないのに、唇がピクピクと痙攣しだして、なかなかとまらない事も。

逆に唇がピクピクすると気にはなるのですが、痛みがないので放っておくと止まることもあります。

どちらにしてもあまり痙攣すると気になるので早く治したい人が多いです。

1回だけであれば、そこまで気にしなくても、「何度も唇の痙攣が繰り返しおきるので、何かの病気かな」と心配になることもあります。

今回は唇が痙攣する原因と、痙攣した場合の対処法をご紹介します。

さらに何度も唇の痙攣を繰り返している場合、頭痛やしびれの症状もある場合の病気や、痙攣がおこった場合、病院は何科に行けば良いかもご説明します。

スポンサーリンク

唇がピクピク痙攣する原因

唇が痙攣する原因は1つではありません。

痙攣する理由は様々、まずはいくつか例をあげます。

  • 血流が悪い
  • ヘルペスができやすい人
  • 疲労物質がたまっている
  • ビタミンやミネラルの栄養不足
  • 心因性

①血流が悪い

唇付近は色を見ても分かるように、沢山の血管や神経が通っています。

疲れやストレスなどで血流が悪くなると筋肉の動きが悪くなり痙攣が起きやすくなります

私は肩こりがひどい時に唇が痙攣することがありますが、これも血流が悪くなって、唇にも症状が出ています。

②ヘルペスができやすい人

またヘルペスができやすい人は唇が痙攣しやすいということもあります。

ヘルペスは神経性のウイルスなので、一度かかると唇の筋肉や神経に傷をつけてしまい、痙攣しやすくなります。

ヘルペスができた場所と同じところが痙攣する時は、ヘルペスで神経が傷ついて起こっている可能性が高いです。

③ストレスや疲れ

他にも、唇は疲れたときに現れる疲労物質がたまりやすい場所です。

疲れたり病気になったり、ストレスがたまったりすると唇がカサカサしたり荒れてくるのは疲労物質が溜まっている証拠、そんな時に痙攣を起こす事もあります。

④栄養不足

ビタミンやミネラル等の栄養が不足すると痙攣が起きやすなる事も。

日頃からビタミンやミネラルの入った規則正しい食事を心がけることが大切です。

⑤心因性

次に考えられる原因は心因性のものです。

緊張した時や過度なストレスがかかった時など、一定の状態になったときに現れることがあります。

ただし痙攣が現れるときは、よほど精神的に負担がかかっているということ。

原因をつきとめたり、心療内科にかかったりと早めに対処したほうが良いです。

スポンサーリンク

唇が痙攣する重大な病気

唇の痙攣と頭痛やしびれがある重大な病気と病院は何科を受診する?

唇が痙攣する主な原因をいくつかご紹介しましたが、上記以外に考えられる原因として、重大な病気が隠れている場合もあります。

①脳梗塞の前兆

特に注意したいのが、脳梗塞の前兆です。

脳梗塞の場合、唇の痙攣のほかに、以下の症状が現れることが多いです。

  • 頭痛がする
  • ろれつが回らない
  • 手足のしびれがある
  • 痙攣している側の目がみえない

もし唇が痙攣していて意思疎通ができなくなったら、脳の血管が詰まっている可能性があります。

上記の症状が出ている場合は、すぐに病院へ受診、もしくは救急車で病院に行きましょう!

早期発見で治療できれば、病気の治る確率は上がります。

特に高齢者や、高血圧や糖尿病などの持病がある人は、唇が痙攣した場合は注意しましょう。

②片側顔面痙攣

次に顔面神経の病気も考えられます。

唇だけでなく、瞼や頬など顔の他の部分も痙攣している場合は片側顔面痙攣が考えられます。

これはストレスだけでなく、顔の血管内部に悪玉コレステロールが詰まることにより、顔面神経を圧迫することが原因と考えられています。

いずれにしても、痙攣がいつまでも治まらなかったり、痙攣する範囲が広がるようであれば、自分で対処せず病院へ行って診断を受けることが大切です。

スポンサーリンク

唇がピクピク痙攣する時の対処法

無意識のうちに唇が痙攣するのはなんとも不快な気分です。

しかも唇のピクピクがいつ止まるか分からないので、止まるまでずっと待っておくのもきついですよね。 

①クエン酸の摂取

そんな時におすすめなのが「クエン酸」をとることです。

唇の痙攣する原因が疲労やストレスの場合は、唇の血流のよくなるクエン酸をとることで、唇の痙攣が改善することがあります。

クエン酸はレモンやイチゴなどの果物にたくさん入っていまし、クエン酸の飲み物を飲むのも効果的です。

クエン酸はサプリやスティックでも購入することが出来ます。

私は疲れたり、肩こりがひどい時など、クエン酸のステッィクをとると症状が改善します。

できれば食べ物からとる方が良いのですが、すぐに効果がほしい時は、ステッィクで手軽にクエン酸をとるのがおすすめです。

②ビタミンやミネラルをとる

また、ビタミンやミネラルの入った食事をとるのも大切です。

ビタミンは主に細胞の再生を助けてくれる働きをしており、疲労物質によって破壊された細胞を元に戻してくれます。

ビタミンが不足すると、唇がカサカサしたり痙攣を引き起こす原因になります。

ビタミンB2はレバーや鯖などに含まれています。

またミネラルの中でもマグネシウムが不足すると痙攣を引き起こしたり神経過敏になったりするので、マグネシウムも一緒にとるのが効果的です。

マグネシウムは、野菜や豆類や魚介類などに多く含まれています。

これらの食品をとり、睡眠もしっかりとって体を休ませましょう。

③適度な運動

また適度な運動がストレス発散には効果的です。

ストレスがたまって唇の痙攣が起きている場合は、運動をしてストレス発散をし、疲れやストレスを溜め込まないようにすると、痙攣が治ることがあります。

ただし、先ほどあげた唇の痙攣の症状が現れる重大な病気であれば、どの対処法をおこなうよりも病院です!

他にも頭痛やしびれの症状がある場合は、上記の対処法をおこなわず、すぐに病院に行きましょう。

唇がピクピクする痙攣が続いた体験談

右の上唇がピクピクと痙攣し、2日間続いたことがあります。

最初は本を読んでいる時に起こり、時間が経つとおさまりました。

痛みもなくピクピクと痙攣しただけなので、あまり気に留めませんでした。

しかし、翌日また同じ右上唇がピクピクして、おさまりません。

痛みはないのですが、ピクピクが続くので気持ちが悪く、手でおさえたりしました。

気がつくと痙攣がとまったのですが、今度は数時間後に同じ症状が!

唇の痙攣以外は何も症状がなかったので、ビタミンのサプリとクエン酸の飲み物を飲んで、その日は少し多めに睡眠をとりました。

翌日以降は症状もおさまったのですが、たまに同じ症状が現れることがあります。

頭痛やしびれ、ヘルペスにはなってないので、疲れやストレスが原因かなと思ってます。

最初に痙攣がでたときも、仕事が忙しく、ストレスを感じているときでした。

食事も甘いものや炭水化物が多かったので、疲れているときは、なるべくビタミンが多い食材や、サプリを飲むようにしています。

 

 唇が痙攣する時病院は何科?

唇の痙攣は、唇の神経が何らかの理由で不具合が起こっている事が原因と考えられます。

気にならない程度の痙攣、長引かない場合の痙攣であれば、食生活に気を付けて疲労を溜めないようにすることで改善します。

しかし、それでも続くようであれば神経科を受診しましょう。

放っておくと顔面痙攣など、治療に時間がかかる病気になってしまう事もあります。

また唇の痙攣以外にも体がしびれたり、ろれつが回らなくなった場合は脳梗塞の疑いがあるので、すぐに脳神経外科を受診してください。

一刻も早い治療の開始が必要になりますし、早期発見であれば回復も早くなります。

また心理的な理由に心当たりがある場合、最近疲れやストレスがなかなか取れず悩んでいる場合は、心療内科を受診するのも良いです。

神経科に行っても原因がわからない、脳神経外科に行っても特に脳に異常がなかった場合は、心療内科に行くのも考えてみましょう。

唇やまぶたの痙攣が時折ピクピクと出てきても、他に特別な症状がない場合は、心因性の可能性があります。

ストレスで思い当たる事がある時は、その状況を改善することで唇の痙攣がおさまることがあります。

唇の痙攣が起こっている場合は、体に負荷がかかっているサインです。

重大な病気のサインの時もあれば、精神的な疲れなどによる心からのサインという場合もあります。

唇の痙攣が続く場合は、「痙攣くらいで病院に行くのは」と思わずに、まずは病院に行って診断を受けてみましょう。

スポンサーリンク

唇が痙攣する原因と対処法のまとめ

  • 血流が悪いと痙攣がおきる
  • 栄養不足やストレスが原因も
  • 頭痛やしびれがある時は脳梗塞の可能性
  • 痙攣が続く時は顔面神経の病気の可能性も
  • 疲れやストレスはクエン酸が効果的
  • 適度な運動もストレス軽減
  • 唇の痙攣が続く場合は神経科
  • 頭痛など他の症状がある場合は脳神経外科
  • 心理的な原因がある場合は心療内科

唇がピクピク痙攣するのは、最初はそこまで気に留めない事も多い症状です。

しかし唇は体の中でも敏感な部分なので、様々な体の不調を教えてくれます。

せっかくの体からのサインも、放置すると症状がひどくなることもあるので、唇の痙攣を感じたら、その原因を突き止める事が大切です。

疲れなどであれば、自分で対処することができますし、原因がわかれば症状を改善することできます。

唇の痙攣の他に、頭痛などの症状が出ていればすぐに病院に行き診断してもらいましょう!

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ