口内炎の原因と噛んだ時の治し方!舌や唇や歯茎の場所別対処法と効果的な薬の塗り方

 口内炎の原因と噛んだ時の治し方

口の中にできる口内炎、できたら本当に痛いですよね。

舌にできたら、食事をとるたびに痛くなりますし、唇に出来ると話したり飲んだりする時に痛くてしみることも。

口の中なので、歯茎にできる事もあります。

そしてよくあるので、食事をしている時に「ガリッ」と噛んでしまうこと。

噛んだ場所から口内炎になる事もよくあります。

ガリっと噛んだ跡は、しみて痛くてつらいです。

しかもなぜかよく同じ場所を噛んだりすることが多く、なかなか治りにくいです。

なるべく早く治して、普通に食事したり、飲み物を飲んだりしたいですよね。

そこで今回は、口内炎になる原因と、噛んだ時の治し方、舌や唇、歯茎に出来た場所別の対処法をご紹介します。

口内炎を放っておくと、長期間治らない事もあるので、口内炎の塗り薬、貼り薬の効果的な塗り方の手順もご説明します。

スポンサーリンク

口内炎が出来る5つの原因

【口内炎の主な原因】

  • 口の中にできた傷
  • 栄養不足
  • ビタミン不足
  • ストレス
  • 疲労
  • ウイルスや細菌の感染症
  • 食べ物などのアレルギー
  • 入れ歯・矯正器具
  • 病気
  • 喫煙 
  • 病気

上記にあげたのが主な原因ですが、他にも原因がある場合があります。

①カタル性口内炎

何かの拍子に口の中を噛んでしまったり、歯がかけている所に硬いものを食べると口の中の粘膜が傷つき炎症を起こします。

他にも入れ歯矯正器具が同じ場所に何度も刺激することで出来る事もあります。

熱いものを食べて口の中がヤケド状態になり、そこから炎症を起こして悪化してしまい、口内炎になるケースもあります。

これが口の中にできた傷から起こる口内炎です。

この傷からできる口内炎を「カタル性口内炎」と呼びます。

噛んだり刺激した場所が赤く腫れている口内炎です。

②ウイルス性口内炎

細菌ウイルスによって感染する口内炎が「ウイルス性口内炎」です。

子供が単純ヘルペスウイルスに感染してなることが多く、口の中や唇の周りに複数の口内炎ができるのが特徴です。

他にもカンジダ菌というカビの中間が繁殖して起こる口内炎などもあり、ウイルスや細菌の種類によって様々なものがあります。

手足口病やヘルパンギーナの初期症状としても口内炎が現れます。

ウイルス性口内炎で注意したいのが発熱、口の中の痛みだけでなく熱が出る場合もあるので、子供が熱がでた場合は、口の中も確認すると良いです。

③アフタ性口内炎

そして最も一般的な口内炎が「アフタ性口内炎」、直径2~10ミリの白いものができ、真ん中がくぼんでいて、周りが赤いのが特徴です。

口内炎というと、この特徴を思い浮かべる人が多いです。

アフタ性口内炎の原因は疲労やストレス、寝不足など不規則な生活。

最近忙しくてちゃんとご飯を食べていなかったり、寝る時間があまり取れない人に現れます。

免疫力が低下しているのが原因です。

さらにご飯を食べていない、偏ったものばかり食べていると栄養不足ビタミン不足になり、口内炎を発症させます。

私は甘いものばかり食べていたり、麺やご飯など炭水化物に偏ったものを食べている時に口内炎ができる場合が多いです。

④生理前・妊娠中

他にも女性でなりやすいのが、生理前

生理前はホルモンバランスが崩れる為、口内炎ができやすい時期となります。

さらに妊娠中にも口内炎ができやすくなる為、注意が必要です。

⑤アレルギー性口内炎

他にもアレルギーが原因で口内炎ができる「アレルギー性口内炎」もあります。

アレルギーは人によって様々ですが、特定の金属や物質、さらに食べ物が口内炎を引き起こします。

花粉症などのアレルギー症状が口の中にできるとイメージするとわかりやすいです。

アレルギーの場合は、アレルギーの物質を取り除くこと、体の中に入れないことが対処法になります。

スポンサーリンク

口内炎の症状がでる病気

  • ベーチェット病
  • 白血病
  • クローン病

代表的なものは以上の5つですが、他にも病気の症状の一つに口内炎が出る事があります。

代表的な病気が「ベーチェット病」です。

ベーチェット病の場合は、最初にアフタ性口内炎の症状が現れ、いつのまにか良くなります。

しかし治ったと思ってもまた口内炎ができ、口内炎の症状を繰り返します。

他にも白血病は口内炎が数箇所でき、なかなか治らないのが特徴です。

また、クローン病も口内炎の症状が現れます。

もし最近口内炎を何度も繰り返す、口内炎がなかなか治らないという人は病気の可能性もある為、病院に行って診断を受けた方が良いです。

口内炎が出来た時の基本の治し方

口内炎が唇や舌や歯茎にできた場合の対処法と同じ場所を噛んだ時の対処法

口内炎が小さいうちは、あまり痛みを感じないまま完治する場合があります。

しかし口内炎は何もしないで放置すると、大きくなり、徐々に痛みが出ることが多いです。

①口の中を清潔にする

もし口内炎ができた場合、早く治す為にも口の中を清潔に保つことが大切です。

口の中の細菌を減らす為にも、まずは歯磨き、そしてデンタルフロスを使用して歯や口の中をきれいしましょう。

ただし、口内炎がある場所に無理に歯磨きをすると症状が悪化することもあるので、注意しましょう。

その後洗口剤やうがい薬でうがいをして口の中を消毒します。

洗口剤などのマウスウォッシュでも良いのですが、刺激が強いので、刺激が少ないイソジンを使うのも良いです。

②ビタミンB・Cのサプリをとる

そして、栄養不足や疲れが原因の場合は、ビタミンBCサプリメントをとるのがおすすめです。

本当は食事からビタミンBやCをとるのが一番良いのですが、口内炎を早く治すためにも、手っ取り早くサプリで補いましょう。

*口内炎がしみてつらい場合は、しみない食べ物や飲み物、おすすめのサプリをご紹介しています。

口内炎に効く食べ物と飲み物と予防とサプリ

③塗り薬を塗る

早く治す為には、舌や歯茎に軟膏を塗ります。

病院では、「アフタゾロン」が処方され、市販薬であれば「ケナログ」「トラフル軟膏」が購入できます。(下に効果的な塗り方の手順を説明しています。)

口の中に塗ると苦い味がしたり、塗ってもすぐとれる事があります。

そこでおすすめなのが市販薬の「アフタッチ」「トラフルダイレクト」。(下に効果的な貼り方の手順を説明しています。)

錠剤で貼るタイプなので味はしませんし、貼った場所の痛みが和らぐのも良い点です。

ほとんどの口内炎は、ある程度期間が経てば自然に良くなりますが、何日も痛い思いをして食事や飲み物を飲む必要があります。

まずは、口の中を清潔にして、痛みがある場合は軟膏を直接塗る、アフタッチなどを貼って、口内炎の痛みを軽減するようにしましょう。

スポンサーリンク

口内炎の塗り薬の効果的な塗り方

口内炎ができた時に塗り薬を塗る手順です。

  1. 口内炎ができた部分をティッシュなどで乾かす
  2. 綿棒に塗り薬をとる(豆粒サイズ)
  3. 口内炎の場所をかぶせるように塗る
  4. 食べ物や飲み物を30分間禁止
  5. 1日3~4回塗る

口内炎はテシッシュなどで、しっかりと水分を取りましょう。

塗り薬を塗る時は、綿棒がおすすめ。

手で塗るよりも、塗りやすく衛生的です。

口内炎の場所に塗り薬を塗った後は、30分間飲食は禁止です。

塗り薬は1日3~4回塗りましょう。

塗るタイミングは、食後、歯磨き後、寝る前が良いです。

塗り薬であれば1~2週間程で、口内炎が治る事が多いです。

口内炎の貼り薬の効果的な貼り方

口内炎の貼り薬「アフタッチ」を使用する時の手順をご説明します。

  1. 口内炎ができた部分をティッシュなどで乾かす
  2. 指を少し濡らす
  3. 口内炎の場所に貼り付ける
  4. 2~3秒押さえる
  5. 1日1~2回貼る

アフタッチを貼った後は、時間がたつとゼリー状になり、溶けてなくなるので、はがす必要はありません。

貼り薬は1日1~2回の使いましょう。

貼るタイミングは、寝る前や歯磨き後がおすすめです。

口内炎が唇に出来た時の治し方

唇に出来た口内炎には、、2種類があります。

  • 唇の裏:ビタミンのサプリをとる
  • 唇の表:飲み薬や塗り薬を処方してもらう

唇の裏であれば、口の中を清潔に保ち、サプリをとるのがおすすめです。

そして唇の外側にできた口内炎、これはウイルス性口内炎が原因の場合が多く、口の中だけではなく、唇の上などにも発疹ができます。

ヘルペスウイルスが原因の場合は、抗ヘルペスウイルス薬の飲み薬を病院で処方もらいましょう。

厄介なのが手足口病やヘルパンギーナの場合、特効薬がありません。

口内炎が唇の外側にできている場合は、病院で塗り薬をもらい治療をおこなうのが良いです。

唇の外側に口内炎のような発疹ができる場合は、ウイルスや細菌性である場合が多いです。

自分で市販の塗り薬などを塗るなどせずに、必ず病院に行って診断を受けましょう。

口内炎が舌に出来た時の治し方

  • 塗り薬・貼り薬を塗る
  • レーザー治療
  • 噛み合わせを治す
  • 歯の詰め物を治す

口内炎が舌に出来た時も、塗り薬や貼り薬を塗って治療することが多いです。

しかし、舌にできた塗り薬は非常に苦く、貼り薬や錠剤も違和感があって使いにくいです。

舌に出来た口内炎を治すのに、「レーザー照射」での治療があります。

レーザー治療は、値段が高く、1回で約3000円かかりますが、殺菌や消毒効果が高いので舌の治療に効果的です。

痛みも少なく、治療時間は5分程です。

歯医者さんや審美歯科でレーザー治療をおこなっているので、早く綺麗に口内炎を治したい場合はおすすめです。

また、噛み合わせや詰め物があわずに、舌の同じ場所に口内炎ができる事があります。

歯医者さんに行き、噛み合わせの調整や、詰め物を変えてもらうと刺激がなくなり、口内炎が出来なくなります。

口内炎が歯茎に出来た時の治し方

  • 塗り薬・貼り薬を塗る
  • うがい薬やマウスウォッシュを使う
  • 歯肉炎の可能性

塗り薬、もしくは貼り薬を塗ります。

舌よりも塗りやすく、味も感じにくいので、歯茎にできた時は塗り薬・貼り薬を塗るのがおすすめです。

歯茎に口内炎が出来ているので、歯茎を殺菌・消毒する必要があります。

イソジンのうがい薬や、刺激の少ないマウスウォッシュを使って、歯茎を洗浄しましょう。

同じ歯茎の場所に口内炎ができる場合は、「歯肉炎」の可能性もあります。

歯肉炎は、歯石や歯垢が原因で歯茎が炎症し、赤く腫れ上がります。

歯肉炎であれば、自分で治すことができないので、必ず歯医者さんで治療しましょう。

口内炎で口の中を何度も噛んだ時の対処法

口内炎で何度も同じ場所を噛む原因

口内炎は噛んだ部分はさらに腫れ上がることが多いので、同じ所を何度も噛んでしまう可能性が高くなります。

何度も同じ場所を噛んでしまう原因はこちら。

  • 噛み合わせ
  • 元々の歯並び
  • 頬のたるみ
  • 顔の筋肉
  • 顎の異常
  • 不注意

そして顔や歯が原因ではなく、ストレスなどで疲れがたまっている場合に、自分の不注意で噛んでしまうことが多いです。

何度でも同じ場所を噛む場合は、口の中に貼る薬を使用して同じ場所を噛まないようにすることが一番です。

貼る薬を使うことで、口の中の雑菌を防ぐこともできます。

噛み合わせや、歯並び、歯の詰め物が原因の場合は、歯医者さんに行き治療してもらいましょう。

筋肉や頬のたるみが原因の場合は、顔の筋肉を鍛える事です。

口をよく動かし、唇を上にあげてキープ、たこのように唇をつきだすと効果的です。

口内炎で何度も同じ場所を噛む時の治し方

  • 噛む場所を保護する
  • 噛む原因を突き止める
  • 噛む原因を取り除く

一番効果的なのは、塗り薬や貼り薬を塗ること、噛む場所を保護することが大切です。

また、何度も同じ場所を噛む原因を突き止めて、原因を取り除きましょう。

原因を突き止めるには、歯医者に行って診察を受けて、口内炎ができる場所を詳しく説明しましょう。

噛み合わせなど問題点があれば、お医者さんが指摘して、原因を取り除くための治療をおこなってくれます。

特に原因がわからない場合は、ストレスや疲れということも考えられます。

しっかりと睡眠をとる、バランスの良い食事、ストレス解消のための運動などで改善する場合もあります。

口内炎の塗り薬が苦手な時の治し方

塗り薬が苦手であれば「はちみつ」を塗るのがおすすめです。

貼り薬と同じくはちみつでカバーすることで、雑菌が入らず、はちみつの中の殺菌作用で口の中の雑菌が減らす事ができます。

さらにはちみつにはビタミンBが含まれている為、ビタミン不足が理由の口内炎にはおすすめです。

塗り薬とは違い苦みがなく、甘いのは対処法として嬉しいですね。

口内炎の効果としては、塗り薬や貼り薬ほどの効果はありません。

あくまで、民間療法なので、どうしても塗り薬が苦手、薬を使用したくない場合に試してください。

しかしはちみつには菌がいるので、赤ちゃんには塗らない方が良いです。

赤ちゃんの口内炎は必ず病院へ行きましょう。

スポンサーリンク

口内炎の原因と治し方のまとめ

  • 口内炎の原因は主に4つ
  • 早く治す為には口の中を清潔に保つ
  • ビタミンBやCのサプリをとる
  • 貼るタイプの薬を使う
  • ウイルス性の場合は病院へ行く
  • 顔の筋肉を鍛える
  • はちみつを患部に塗るのも効果的
  • 疲れやストレスは体を休める

口内炎といっても様々な原因があり、対処法も違います。

最初はいつもと同じ口内炎だと思っていても、実はウイルス性や細菌性が原因の口内炎ということもあります。

口内炎が長く続く場合は必ず病院に行って、診断を受けたほうが良いです。

そして特に多いと言われているのが、ストレスや疲れです。

私も疲れがたまっている時、偏った食事をして栄養が不足している時に口内炎がポツンと1つできる事があります。

そんな時は口の中から体がサインを送ってくれているので、無理をせず早めに寝ることを心掛けています。

口内炎は疲れている時の症状としてよく出るので、気づいたら体を休めるようにしましょう。

口内炎がしみてつらい場合は、しみない食べ物や飲み物をご紹介しています。

口内炎に効く食べ物と飲み物と予防

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ