口内炎に効くしみない食べ物と悪い飲み物!うがいの予防対策とおすすめのサプリ

口内炎に効くしみない食べ物と飲み物

口にできたら痛~い口内炎。

口内炎ができるとただ痛いだけでなく、食事をする時に食べ物や飲み物があたってしみることが多いです。

唇の裏側にできると、話すだけでも唇と歯があたって痛いこともあります。

口内炎は地味に痛くて、生活に支障がある病気です。

だからこそ早く治ってほしいのですが、ただ放置してるだけだと治りが遅く、さらに食事中に同じ場所を噛んで悪化させることもあります。

口内炎には塗り薬もありますが、口の中が苦くなるし、すぐに剥がれてしまうこともあります。

まずは、なるべくしみない食べ物を食べて、口内炎を刺激させないこと。

そして、口内炎が治った後は、口内炎にならないよう予防することが大切です。

今回は、口内炎にしみない食べ物や飲み物、悪い食べ物や飲み物、そして口内炎に効く食べ物や飲み物をご紹介します。

さらに口内炎を再発させないために、日常的におこなう「うがい」や、おすすめの「サプリ」などの予防をご説明します。

しみない食べ物をしっかりと食べて、うがいやサプリで口内炎対策をしましょう!

スポンサーリンク

口内炎にしみない食べ物

口内炎にしみない食べ物があれば、口内炎ができている時の食事もかなり楽になりますよね。

さすがに完全にしみない食べ物はなかなかありませんが、なるべくしみにくい食べ物はあります。

少しでも口内炎がしみない、痛みを感じにくいものが良いですよね。

口内炎にしみない食べ物①ゼリー・プリン・ヨーグルト

まずおすすめ食べ物が、「ゼリープリンヨーグルト」です!

冷たすぎず、温かいものでもないので、ほとんど刺激がなく簡単に食べることができます。

ほとんど噛まずに喉を通って行くので、食べる時に口の中の刺激がありません

つるんと食べられるので、口内炎の場所に当たりにくいゼリーやプリンが一番おすすめです。

ヨーグルトは、形状によって口内炎にあたる時もあります。

トロトロのヨーグルトより、ゼリーやプリンのようにツルンとした、少し固まっているヨーグルトがおすすめです。

口内炎にしみない食べ物②豆腐

甘いものデザートではなく、食材でおすすめなのが「豆腐」です。

豆腐もプリンやゼリーのように柔らかく、あまり噛まなくて良いもの。

豆腐をメインにした料理であれば、あまり噛まずに食べることができます。

卵豆腐は味もついているので、食べやすくておすすめです。

口内炎にしみない食べ物③茶碗蒸し

食材ではダントツで豆腐がおすすめですが、料理でおすすめなのが「茶碗蒸し」です。

同じくツルンとして食べる事ができて、口の中であまり噛む必要がありません。

しかし、熱々の茶碗蒸しは口内炎がしみるので、冷たい茶碗蒸し、もしくは少し冷まして食べると良いです。

具材は噛む必要があるので、口内炎の痛みが強い場合は、食べなくても大丈夫です。

口内炎にしみない食べ物④クリームスープ

他にもおすすめなのが「ポタージュ系のクリームスープ」。

スーパーでいろいろな種類のスープが販売されていて、温めるだけで良いので便利です。

クリームスープであれば、具材も少ないので、口内炎が痛い時はおすすめです。

しかし、熱すぎるスープは逆効果。

あまり温めすぎない、また冷製のスープを飲みましょう。

口内炎にしみない食べ物⑤クリームシチュー・リゾット

他にも牛乳を使った料理は比較的にしみない事が多いです。

クリーム系の料理だと「クリームシチュー」や「リゾット」なども柔らかく煮こんであるので、口内炎にあまりしみません。

口内炎にしみない食べ物⑥雑炊・おかゆ・うどん

柔らかく煮こむ料理で和風の味がよければ「雑炊」や「おかゆ」もおすすめです。

あまり噛まずに食べることが出来て、消化にも良いです。

少し柔らかく煮込むのであれば、「うどん」もあまり噛まずにすみます。

ただし固めのうどんではなく、柔らかめのうどんにしましょう。

食べ物を温めすぎない

あまりしみない料理をあげてきましたが、大切なポイントが2つあります。

どれも温め過ぎない事です。

温かくない状態で食べると「料理のがおいしくない」と感じる事もありますが、口内炎に熱い食べ物は刺激になります。

なので、どの料理も少し温める程度、熱すぎない温度で食べると口内炎がしみる可能性が低くなります。

冷たすぎる食べ物を食べない

温かいたべものが食べなら、冷たいものを食べようと考えますよね。

しかし、逆に冷たすぎてもしみるのでNGです。

ちょうどプリンやヨーグルトの温度だと冷たすぎず、しみにくいです。

スポンサーリンク

口内炎にしみない飲み物

口内炎にしみない飲み物①牛乳

口内炎ができてしみない飲み物で一番おすすめなのが「牛乳」です!

夏であればそのまま冷たいままで飲んで良いですし、冬であれば少しだけ温めて飲むのがおすすめです。

口内炎にしみない飲み物②麦茶

他にもおすすめなのが麦茶

緑茶よりも刺激が少ないお茶です。

しかし、麦茶も冷えていると、口内炎にしみます。

口内炎ができている時は、なるべく常温で飲むようにしましょう。

口内炎にしみない飲み物③フルーツジュース

果物などの「フルーツジュース」もおすすめです。

りんごジュースは口内炎があってもしみにくいです。

りんごジュースだけでなく、りんごをすったものを食べるのもおすすめです。

口内炎にしみない飲み物④ウィダーインゼリー

しみない飲み物(食事)としては、「ウィダーインゼリー」などのゼリー状の食品がおすすめです。

口内炎が痛くてしみてつらい場合は、固形の食事よりもゼリー状の補助食品をとる方が口内炎にしみません。

併せてポカリスエットなどの「スポーツドリンク」を飲むのも良いですね。

一般的な口内炎であれば、ご飯も食べられないということはありません。

しかし、口内炎が複数できていたり、ウイルス性口内炎で喉の奥にできている場合は、食事をするのが非常につらい事もあります。

そんな時はなるべく刺激しないゼリー状の補助食品やプリンなどツルンと食べれるものを食べて、栄養をとりましょう。

スポンサーリンク

口内炎に効く食べ物

口内炎予防には緑茶うがいやビタミンBのサプリメントが効果的

口内炎に効く食べ物①緑黄色野菜

口内炎に効果的な食べ物は、「緑黄色野菜」です。

ベータカロチンやビタミンAには、粘膜を正常にしてくれる作用があります。

口内炎になりやすい人はビタミン不足が原因の場合があるので、常に緑黄色野菜をとることを心がけると良いです。

おすすめの緑黄色野菜がこちら。

  • ブロッコリー
  • パセリ
  • ピーマン
  • ほうれんそう
  • にんじん
  • かぼちゃ

特に「ブロッコリー」にはビタミンC、「ほうれんそう」にはベータカロチンのビタミンAがたくさん含まれています。

口内炎に効く食べ物②大根

次におすすめなのが「大根」です。

大根は消炎効果があり、胃にとてもやさしい食べ物です。

口内炎に効果的な食べ方はずばり大根おろし

生のままの大根が口内炎には効果的です。

大根はおでんやふろふき大根にすると柔らかくて食べやすいので、口内炎で痛い時にたべるのも効果的です。

口内炎に効く食べ物③はちみつ

口内炎に効く食べ物でおすすめなのが「はちみつ」です。

はちみつは、口内炎になった箇所に直接塗ると、口内炎の治りが早くなります。

栄養面でも、はちみつはビタミンBが入っているため口内炎を治すには良い食べ物です。

口内炎ができた時も、なる前も、積極的にとりたい食べ物です。

口内炎に効く食べ物④わかめ

同じくビタミンBが豊富に含まれている「わかめ」も口内炎に効く食べ物です。

先ほど口内炎にしみないものに豆腐をあげましたが、口内炎になっている時に豆腐とわかめのスープを食べるのもおすすめです。

口内炎に効く食べ物⑤納豆・大豆食品

そして日本の朝にでてくる「納豆」。

ビタミンBを多く含んでいるので、毎日の食卓に納豆をとると口内炎に効果があります。

納豆だけでなく、大豆食品はビタミンBが含まれているので、積極的に食べたいですね。

口内炎に効く食べ物⑥レバー

ビタミンBを多く含む「レバー」もおすすめです。

特に生理中に口内炎が出来ている時は、レバーをとることで貧血にも効果があります。

口内炎に効く食べ物⑦うなぎ

うなぎ」もビタミンBを多く含んだ食べ物です。

うなぎにはビタミンAも含まれているので、免疫力を上げるのにも効果的です。

口内炎に効くのは、ビタミンBを含む食べ物です。

他にもビタミンBを含む「豚肉」や「卵」なども積極的にとると良いですね。

口内炎ができたら、ビタミンBを多めに含む食材で食事をするのも良いですし、常に食べて口内炎を予防することもできます。

口内炎に効く飲み物

口内炎に効く飲み物①緑茶

口内炎に効く飲み物で一番のおすすめは「緑茶」です!

緑茶のカテキンには殺菌作用がある為、炎症を起こす細菌やウイルスを駆除してくれます。

また、細菌が歯について酸をを出すのを防ぐ、酸化防止にも効果があります。

口内炎に効く飲み物②牛乳

次におすすめなのが「牛乳」です。

牛乳はしみないだけでなく、ビタミンBやタンパク質を含んでいる為、口内炎に効果的です。

口内炎の時におすすめなのがはちみつ牛乳

口内炎に効果的なはちみつを、牛乳にいれる事で、ビタミンBもしっかりとれます。

温めた牛乳にはちみつを入れるだけなので、とても簡単です。

もう一つおすすめなのが、ヨーグルトにはちみつを入れること

電子レンジで少しあたためたヨーグルトに、はちみつを入れるのも手軽で食べやすいです。

はちみつ牛乳もはちみつ入りヨーグルトも口内炎ができて痛い時でも食べれるものです。

口内炎に悪い食べ物や飲み物

口内炎ができている時に、食べ物や飲み物で悪化させると、治りが遅くなります。

口内炎が出来ているときには以下の食べ物は食べないようにしましょう。

  • 辛い料理
  • 塩味の強い料理
  • 酸味が強い料理

辛い料理は、香辛料が多く入っているので、口内炎を刺激します。

しみない食べ物に豆腐をあげましたが、麻婆豆腐は香辛料が入っているので、口内炎の時は食べないようにしましょう。

また、塩分が多く入っている料理や、酸味が強い料理も、口内炎を刺激するので避けましょう。

また口内炎ができている時は以下の飲み物も避けたほうが良いです。

  • 炭酸飲料
  • アルコール・お酒

炭酸は口内炎の刺激になりますし、アルコールが入っているお酒も口内炎によくありません。

口内炎が出来ているときは、お酒や炭酸は控えましょう。

口内炎にならない予防対策

予防対策①うがい

口内炎にならない為には、常に予防する為の行動が大切です。

その中でもまずおすすめしたいのが「うがい」。

うがいは口の中を清潔に保ってくれますし、消毒にもなります。

マウスウォッシュなどの洗口液を使うのも良いのですが、口内炎になっているときは刺激が強い為、しみることも多いです。

そんな時におすすめなのが、イソジンなどのうがい薬、そしてどこの家でもある緑茶です!

緑茶には殺菌作用がある為、口内炎に効果的なだけでなく、うがいをするのにも効果的なものです。

常温の緑茶であれば刺激も少ないので、口内炎予防には緑茶うがいをおすすめします。

もちろん、緑茶などの準備をするのが面倒な場合は、普通の水だけでも効果はあります。

口内炎予防の為に、朝や夜など歯磨きと一緒にうがいをしましょう。

予防対策②ビタミンB摂取

口内炎予防は、ビタミンBを積極的にとるのがおすすめです。

先ほど口内炎に効果的な食べ物で、ビタミンBの食品を多くとるようお話しましたが、食事だけで毎日とるのが難しい場合もあります。

そんな時におすすめなのがビタミンのサプリメント

特にビタミンBは口内炎予防にはかかせないビタミンなので、簡単に予防する為にもビタミンBのサプリを毎日とるのが良いです。

口内炎にオススメのサプリメント一覧

  • チョコラBBプラス
  • ビタミンBBプラス
  • トラフルBBチャージ
  • ハイシーBメイト2
  • ディアナチュラ ビタミンB群
  • DHC ビタミンBミックス
  • 小林製薬の栄養補助食品ビタミンB群

ビタミンBが含まれているサプリは、いろいろとあります。

値段やビタミンBの含有量を確認して、自分にあったサプリを選びましょう。

スポンサーリンク

口内炎に効く食べ物と飲み物のまとめ

  • 口内炎しみない食べ物はゼリーやプリン
  • 口内炎の食事は温めすぎない
  • しみない飲み物は牛乳
  • ゼリー系補助食品がおすすめ
  • 効果的な食べ物は緑黄色野菜やはちみつ
  • 効果的な飲み物は緑茶
  • 食べ物かサプリでビタミンBをとる
  • 口内炎予防は緑茶うがい

口内炎は疲れやストレスによりできる事も多く、偏った食生活を続けることで、さらに口内炎が出来ることも多いです。

しかし残業など仕事が続き、食生活を見直すことが難しい事も多いです。

「口内炎が治った」と思っても、すぐにまたできてしまう事もあります。

まずは口内炎を治す為にも、口内炎ができた場合の対処法をおこない、なるべく刺激をあたえないようにすることが大切です。

口内炎ができたらまず治す、そして口内炎の予防を日頃からおこない、口内炎にならない口内環境にしましょう。

口内炎に効果的なビタミンBの食べ物やサプリを積極的にとるのが、簡単な予防法です。

*口内炎が出来る原因や病気、唇・歯茎・舌に出来た時の治し方、効果的な薬の塗り方をご紹介しています。

口内炎の原因と噛んだ時の治し方

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ