健康診断前日の飲酒や喫煙は?水や食事や薬と運動は当日何時まで?

健康診断前日の飲酒や喫煙は大丈夫?

社会人になると、定期的に受けたほうがよいのが健康診断です。

会社に勤めていると強制的に受けないといけませんし、自分の健康のために医療機関に予約して、すすんで受けに行く人もいます。

1年に1回は受けたほうが良い健康診断ですが、健康診断の前日は何かと制約が多いもの。

食事や飲み物など注意事項があります。

しかし前日の飲酒については特に記載がないこともあり、飲んでもよいのか、飲んではだめなのか、迷う人もいます。

同じく激しい運動や毎日おこなっている日常的な運動なども、おこなっていいか気になります。

今回は健康診断の前日の飲酒について、さらに前日までの運動や喫煙は良いのかをご紹介します。

水などの飲み物や食事の時間について、何時までであれば大丈夫かもご説明します。

スポンサーリンク

健康診断前日の食事や飲み物は何時まで?

会社の健康診断や市町村の健康診断、さらに自分から予約して受ける場合など、必ず事前に食事や飲み物の注意事項がかかれた案内書が渡されます。

そして健康診断の前日、事前に渡される案内書には、食事の時間に関する記述が載っています。

  • 前日の夕食は夜9時までに食べてください。
  • 当日起床後は、食事をとらないでください。

前日は21時までに夕食を済ませること、健康診断当日の朝食はとらないことです。

なので、健康診断前日の食事は前日の21時までに済ませましょう。

また、注意事項には「消化の良いものを食べてください。」と書かれていることもあります。

翌日の検査のためにも、なるべく消化のよいものをとると良いです。

健康診断で食事の時間で影響を受ける検査

健康診断で、食事の時間によって影響を受けるのは、血液検査の結果です。

  • 空腹時血糖
  • 中性脂肪
  • 胃カメラ

中でも、糖尿病のリスクを調べる「空腹時血糖」という項目は食事の時間に影響されます。

食後は糖尿病患者でなくても血糖値はあがる為、正しい数値が測定できません。

また、脂質異常のリスクをしらべるための「中性脂肪」の検査も空腹時の測定値が必要になります。

また「胃カメラ」も、胃の中に残留物があれば正しい診断ができません。

個人差はありますが、食べ物の消化には数時間〜10時間ほど必要になります。

そう、食事を前日の21時までにと言われる理由はこんなにもあるのです。

せっかく受ける健康診断です。

もし自分が食事をしたせいで悪い数値がでてしまっては意味がありません。

なので健康診断の前日は暴飲暴食はさけ、案内文に記載されている通りの時間には食事を終えるようにしましょう。

健康診断で多いのが前日の21時までですが、検査の種類や検査開始の時間によっては多少の差があります。

もし健康診断が午後からの場合であれば、食事については午前からの検診と同じ前日の21時までですが、飲み物については水などは当日の11時まで飲める事も多いです。

自分がいつまでに食事を終えなければならないのか、事前に貰った案内できちんと確認しましょう。

スポンサーリンク

健康診断前日や当日に飲んで良い飲み物

健康診断前日や当日の食事や飲み物の時間は何時まで大丈夫?

健康診断前日の飲み物

健康診断前日に飲んで良い飲み物は「前日の21時までであれば、何を飲んでも良い」とされているところが多いです。

私も以前健康診断を受けた時は21時までは何を飲んでも良いですが、21時以降は水のみにしてくださいとの事でした。

しかし、できれば健康診断前日はカフェインを含む飲み物や、糖分の多い飲み物は取らない方が良いです。

健康診断の検査では糖分カフェインも検出されるので、検査結果に影響があります。

コーヒー、紅茶、緑茶などは前日には控えた方が良いです。

検査前日から当日にかけては、水、または麦茶などのカフェインの入っていないお茶などを飲むようにしましょう。

気を付けなければならないのが、カロリーオフなどの清涼飲料水です。

甘さ控えめといえ、甘いものには沢山の糖分がはいっています。

水やお茶以外の飲料は飲まないようにしましょう。

健康診断当日の飲み物

健康診断の当日については、胃カメラなど胃部の検査によって対応が変わります。

胃の検査(胃カメラ等)がない場合は、水であれば飲んで良いことが多いです。

しかし胃カメラの検査があれば、当日は水を飲むのもだめな場合が多いです。

検査の時間によっても、何時までなら飲んで良いかの時間が変わるので、必ず確認しましょう。

スポンサーリンク

健康診断前日のお酒やタバコはNG?

健康診断前日のお酒やアルコール

前日の21時までであれば何を飲んでも良いとあるため、お酒を飲んで良いか迷う人多いです。

健康診断当日はもちろん飲んではいけませんが、前日にお酒を飲んでしまうと血液中のアルコール濃度が上がります。

アルコールが分解される時間は人によって違いますが、アルコール濃度が元に戻るまで数時間から半日かかる人もいます。

前日に多量に飲酒をしたまま健康診断をうけてしまうと、以下の検査結果に影響が出てきます。

  • 中性脂肪
  • 肝機能
  • 尿酸
  • 血糖値

少しくらいなら良いかな、と思うと、健康診断の結果に後悔してしまう事もありますので、健康診断前日のお酒は飲まないようにしましょう。

また、「前日は禁酒してください」と書かれている健康診断もあります。

注意事項が書かれている場合は、アルコールは一切飲まないようにしましょう。

自分の体の正しい数値を知るためにも、前日と当日は禁酒をするのが良いですね。少しの間だけ我慢しましょう。

もし、健康診断の前日に飲み会が入っている場合で、禁止事項に禁酒が書かれていなければ、必ず21時までに終わらせましょう。

健康診断前日のタバコ

では喫煙についてはどうなのでしょうか。

健康診断を受ける病院によっても違いますが、検査当日はや検査結果に影響があるため、喫煙を控えるように指示される事が多いです。

できれば前日も禁煙していた方が良いのですが、難しい場合もあります。

当日は検査終了までタバコを吸わないようにしましょう。

健康診断前日に運動はしてもよい?

健康診断の前日は激しい運動をさけた方が良いです。

マラソンなどの激しい運動をおこなうと、筋肉に含まれる酵素が血液中に流れ出す為、肝臓機能に問題がある場合に基準値を超えてあらわれます。

この酵素は一度流れ出てしまうと元の数値にもどるのに数日かかってしまうので、健康診断の数日前から、激しい運動は控えたほうが良いです。

また、検査前に激しい運動を行うと筋肉損傷値(CPK)も高い結果になってしまうことがあります。

これは、体内のエネルギー代謝にかかわる酵素で、筋肉が損傷を受けると、細胞から血液中に流れだし、高い数値を示すようになります。

 ストレッチなど軽いものであれば特に問題ありませんが、激しい運動は知らず知らずのうちに体に負担をかけています。

健康診断の正確な数値を知るためにも、数日前から激しい運動を避けて健康診断を迎えましょう。

健康診断前日に薬やサプリは飲んでも良い?

健康診断前日に薬を飲んでよいか迷う人も多いです。

最近ではビタミンやミネラルのサプリメントを飲んでいる人も多いですし、病気などで日常的に薬を飲んでいる人もいます。

日常的に服薬時間を決められている薬を飲んでも問題ありません

薬を飲んで検査結果に影響が出ないということではなく、検査結果の正確さよりもその人の健康を重視するためです。

高血圧や心臓病、糖尿病など服薬しなければ命に関わるような薬は、きちんと飲むようにしましょう。

ただしが日常的に飲む薬でも、検査終了後に飲んでも構わないものもあります。

健康診断までに、主治医と相談して指示をもらっておくと良いでしょう。

また、飲んでいる薬を事前の問診票などに明記して、検査時にも薬の名前を伝えるようにしましょう。

また、サプリメントも健康診断前日は控えるようにした方が良いです。

特にビタミンCのサプリメントは尿検査に影響が出てくるので、サプリメントは健康診断が終わってから飲むようにしましょう。

スポンサーリンク

健康診断前日の食べ物や飲み物のまとめ

  • 食事は前日の21時まで
  • 飲み物は午前と午後検査で違う
  • できれば前日からカフェインの含むものは飲まない
  • 前日はお酒を飲まない
  • 当日はタバコを吸わない
  • 激しい運動は数日前から控える
  • 薬は日常的に飲む薬はOK(病院に確認)

私も毎年健康診断を受けていますが、健康診断前日は食べる時間や飲む時間を気にして落ち着かないこともあります。

できれば健康診断前日は、ゆったりとした気持ちで過ごし、睡眠をしっかりとって心と体を休めるのが良いのです。

しかし、実際は仕事の合間での健康診断が多く、普段の生活の中に健康診断が入ります。

なので健康診断だからと身構えるよりも、前日の夕食の時間と、前日や当日の飲み物の時間だけを気にして、後は普段通りに生活するのが一番です。

中には健康診断を受ける1週間前から禁酒をして、数値を下げる人もいますが、急に節制しても普段の数値がわからなくなるので良い方法ではありません。

もちろん健康診断を機会にお酒の回数を減らしたり、休肝日を作ることはとても良いことなので、健康診断を受ける機会に普段の生活を見なおしてみるのも良いかもしれませんね。

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ