二日酔いをすぐ治す方法!頭痛や吐き気に効く薬やツボと食べ物と飲み物

二日酔いをすぐに治す方法と効果的な薬

ほとんど誰もが経験する二日酔い。

前日に飲み過ぎて、頭がガンガンしたり、胃がムカムカして気持ち悪くなって吐き気がすることもあります。

お酒を飲んでいる時は楽しくても、次の日にはつらーい症状が待っています。

翌日は仕事が休み、予定が何もなければ一日中寝て二日酔いが治るのを待っていれば良いのですが、仕事や予定がある場合は一刻も早く二日酔いを治す必要があります。

よく「迎い酒」をすると二日酔いがよくなるという話もありますが、これは麻痺させて気分がよくなっているだけ。

また翌日には二日酔い、いや三日酔いです。

そこで、今回は二日酔いの原因から、すぐ治す方法や、二日酔いの頭痛や吐き気に効く薬をご紹介します。併せて二日酔いの時に効果的な食べ物や飲み物、ちょっと変わったツボもご説明します。

スポンサーリンク

二日酔いの原因

楽しいお酒をたくさん飲んでその日はそのまま睡眠へ、しかし次の日にはきつい二日酔いが待っています。

体をおこすとひどいめまい、頭がグワングワンしてひどい頭痛、そして気持ち悪くなる吐き気の症状が現れます。

飲んでいる時は頭痛がしたり吐き気がする事もないし、全然平気なのに、なぜ翌日になるときつい二日酔いになるのでしょうか。

二日酔いの原因は、アルコールを飲むと作られる「アセトアルデヒド」が肝臓内で処理できていないからです。

ワインや日本酒、焼酎やビールなど様々なお酒がありますが、お酒を飲むとまずは胃や腸で吸収されます。

その後、体全体に行き渡り、アセトアルデヒドを作る肝臓に行き着きます。

肝臓に行き着いた後はアルコールを分解し「アセトアルデヒド」を生み出すのですが、さらにアセトアルデヒドは体内で分解されて、いずれは体の外に排出される仕組みになっています。

アセトアルデヒドが作られても、最後には分解されるから良いのではないかと考えますが、実はこのアセトアルデヒドを体内で分解する能力には個人差があります。

分解する能力が高ければよく言われる「お酒に強い人」、そしてお酒を飲んでも顔が赤くならない人です。

逆に分解する能力が低い人はお酒に弱く、お酒を飲むと顔がすぐ赤くなる特徴があります。

  • 分解能力が高い人→顔があかくならない
  • 分解能力が低い人→顔が赤くなる

よくお酒を飲むと強くなると言われますが、アルコールに耐性ができるので強くなるように感じるだけです。

実際に、お酒の分解能力が高くなるわけではありません。

その為、顔が赤くなる人は食道がんになる可能性が、顔が赤くならない人に比べて約50倍と言われています。

アセトアルデヒドは有害物質で、タバコの煙にも含まれるものです。

アセトアルデヒドが分解されないまま体に残るので、二日酔いの頭痛や吐き気、動悸の原因になります。

スポンサーリンク

二日酔いをすぐ治す方法は?

二日酔いに効く飲み物と食べ物とツボ

①大量に水分をとる

アセトアルデヒドが分解されずに体内に残ることで起こる「二日酔い」。

すぐにでも治す必要がある時、まずおこないたいのは大量の水分摂取です。

二日酔いになっている時の体は脱水状態に陥っています。

まずはこの脱水状態を解消する為に、大量の水、もしくはスポーツドリンクを飲みましょう。

そして体の中のアセトアルデヒドを、尿とともに体の外にだすことが大切です。

②食事をとる

次に二日酔いできつい状態かもしれませんが、なるべく食事を取りましょう

水をとるのも大切ですが、アルコールを分解する為には、エネルギーをとらないと分解されません。

水分をしっかりと取り食事を食べると、二日酔いの頭痛や気持ち悪さがとれる事があります。

もの凄く重い二日酔いでなければ、水と食事で二日酔いが治る事が多いです。

③体を動かして汗をかく

頭痛や吐き気があまり重くない場合は、体を動かして汗をかくのも良いです。

シャワーも多少の効果はありますが、体を動かして汗をかくことが必要です。

しかし、あくまでも頭痛や吐き気があまりない人、吐き気がある時に動くと、余計に気分が悪くなるので注意しましょう。

それでもとれない時、おすすめなのが二日酔いに効果的な薬食べ物飲み物です。

実は二日酔いに効果が高い薬があることをご存知でしょうか。

まずは二日酔いに効果的な食べ物と飲み物、そして次に二日酔いに効果がある薬をご紹介します。

スポンサーリンク

二日酔いに効く食べ物と飲み物

二日酔いに効く食べ物

  • しじみ
  • はちみつ
  • 梅干し
  • カレー

二日酔いには、しじみの味噌汁が良いというのは、よく知られています。

しじみの中にあるオルニチンが二日酔いに効果的だからです。

しかし二日酔いの時に、しじみを買ってきて味噌汁を作る気力なんてありませんよね。

家族が作ってくれる場合を除いて、いきなりしじみの味噌汁を作るのは難しいです。

そんな時におすすめなのがはちみつです。

はちみつをスプーン1杯食べるだけで、二日酔いに効果があります。

他にもお手軽に食べれる食材が梅干しです。

梅干しに含まれているクエン酸とピクリン酸が二日酔いに効果があり、中でもピクリン酸は肝臓を活発化させてくれます。

もし家にレトルトのカレーがあれば、二日酔いにおすすめです。

カレーはに含まれるクルクミンが、肝臓の機能回復を助けてくれます。

家で食事が作れる、もしくは少し外に食べに行ける場合は肉うどんを食べるのも良いです。

二日酔いに効く飲み物

  • スポーツドリンク
  • グレープフルーツジュース
  • トマトジュース
  • コーヒー
  • ヘパリーゼ

二日酔いは脱水状態なので、水よりも早く体内に補給できるスポーツドリンクがおすすめ。

他にも果物の糖が二日酔いの低血糖症を改善してくれるので、果汁100%ジュース、特にグレープフルーツのジュースが良いです。

野菜であればトマト、特にトマトジュースは二日酔いに効果的です。

ちょっと意外なのがコーヒー、コーヒーに含まれるカフェインが、二日酔いの症状を暖和してくれます。

もちろん二日酔い用のドリンク剤は効果的、特におすすめしたいのが「ヘパリーゼ」。

二日酔い後に飲むと治りが早くなります

二日酔い予防の為に、お酒を飲む前にヘパリーゼを飲むのも効果的です。

二日酔いに効く薬

  • ハイチオールC
  • 新ヘパリーゼプラス
  • オルニチンのサプリ
  • 五苓散

「二日酔いを早く治したい!」そんな時におすすめの薬があります。

それが「ハイチオールC」です。

ハイチオールCはシミやそばかすに効くイメージがありますが、実は二日酔いの原因となるアセトアルデヒドを早く外に出してくれる効果があります。

二日酔いになってから飲むのも効果的ですし、お酒を飲む前にハイチオールCを飲むのも、二日酔いの予防になりおすすめです。

先ほど二日酔いに効果的な飲み物でヘパリーゼをおすすめしましたが、実はヘパリーゼには錠剤の「新ヘパリーゼプラス」があります。

家に常備し、お酒を飲む時は「ハイチオールC」と「新ヘパリーゼプラス」をのんで二日酔い予防をすると良いですよ。

もちろん二日酔い後にハイチオールCとヘパリーゼの併せ技は、二日酔いを早く治す方法として非常に効果が高いです。

他にもおすすめなのがオルニチンのサプリです。

二日酔いのきつい時にしじみの味噌汁を作ることなんてできません。

そんな時はオルニチンのサプリであれば手軽にとることが出来ます。

二日酔いの吐き気やむかつきの症状がひどい時は、漢方薬の「五苓散」もおすすめです。

アルコールの代謝をよくしてくれる作用があり、体の水分の循環も改善してくれます。

また、二日酔い後に下痢の症状が出ている時は、胃腸が荒れている証拠です。

整腸剤」を飲んで、お腹の調子を整えましょう。

二日酔いに効くツボ

現在二日酔いで、手元に薬がない場合はツボを押して二日酔いを改善する方法もあります。

二日酔いといえば吐き気、吐き気に効くツボはいくつかあるのですが、まずは「合谷」というツボです。

親指と人差指がV字に交わる所、ここを押します。

また「内関」と呼ばれるツボ、手首の下から指三本下で、二本筋の真ん中部分を押します。

二日酔いの症状としてよく出る頭痛に効くツボは「百会」というツボ。

頭の天辺で、左右耳の中心線で交差する部分を押します。

また肝機能に効果があるツボとして「大衝」があります。

このツボは、足の親指と中指の間にあり、押すとちょっと痛いのですが効果的です。

ツボを押すのは準備をする必要がないのでとても簡単です。

二日酔いできつい時に、是非お試し下さい。

スポンサーリンク

二日酔いをすぐに治す方法のまとめ

  • 二日酔いの原因はアセトアルデヒドが分解されないから
  • 二日酔いは脱水状態の為まずは水分補給
  • アルコール分解の為には食事をとる
  • 少し体を動かして汗を流す
  • しじみの味噌汁やはちみつが効果的
  • スポーツドリンクやグレープフルーツジュースを飲むと良い
  • ハイチオールCとヘパリーゼの組み合わせが効果的

二日酔いを早く治す方法をいくつかご紹介してきましたが、二日酔いになる最大の原因はお酒の飲み過ぎです。

私も楽しいお酒でかなり飲み過ぎてしまい、翌日ひどい二日酔いになったことがありますが、この時非常に大事な予定が入っていた為、二日酔いに効く飲み物を買いにいってもらった事があります。

自分で買いに行けないほど、そして食べ物を食べれないほどのひどい二日酔いだったのですが、いろいろ対処をして少し歩ける程にまで回復しました。

しかしどうしてもその日お酒を飲まなければいけなかったので、その時のお酒がとてもまずかった記憶があります。

迎い酒は麻痺させてくれると言いますが、あまりにひどい二日酔いであれば迎い酒も体は受け付けないほどです。

そんなひどい二日酔いにならない為にも、まずは飲み過ぎない。

しっかりと飲む場合は飲むための準備をして、翌日にも残らない楽しいお酒にしましょう!

*二日酔いがおさまった後も、めまいの症状が続く人は、こちらの記事を参考にしてください。

めまいの原因と対処法!症状から考えられる病気

めまいに効く食べ物と飲み物!予防の食事や運動

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ