ブヨに刺された跡の処置!腫れや痛みが治らない?病院や薬の対処法

ブヨやブユに刺された跡の処置と対処法

ブヨはハエに似ている虫で音もなく静かに忍びよる、夏に刺される虫の代表格の一つです。

蚊と違ってブーンという音がしないので、気がついたら刺されている事が多い嫌な虫。

そして時間を置いて襲ってくる、あの耐え難い痒みと痛み。

特にアウトドアの時に刺される事が多いので、外での対処法を覚えておく必要があります。

ブヨは蚊と違って対策さえしっかりしていれば、被害を最小限にとどめる事が可能です。

今回はブヨに刺された跡の特徴と症状、応急処置の仕方をご説明します。

併せてブヨに刺された場合に効果のある薬、腫れや痛みが治らない場合の対処法、病院についてもご紹介致します。

ちなみにブユはブヨやブトと地域によって呼ばれる名称が変わります。

スポンサーリンク

ブヨの生態と活動時期

ブヨの生態

ブヨの正式名称は「ブユ」、関東地方ではブヨと呼ばれており、関西地方ではブトと呼ばれる場合もあります。

ブヨ・ブト以外に、ヤムラ虫と呼ばれている地域もあり、呼ばれ方が様々な虫です。

ブヨは人間を含む哺乳類の皮膚を、噛みちぎって血を吸う衛生害虫に指定されています。

蚊やアブと同じく、メスが新鮮な血を求めてやって来ます。

正しくは刺すのではなく「噛みちぎる」、なので蚊よりも痛みが大きい、痒みがひどくなります。

ブヨの活動時期と場所

ブヨの主な生息期間は、積雪の多い真冬以外のオールシーズン対応です。

主な出没期間は、春から夏にかけて、3月~9月に刺される事が多いです。

夏場は、気温が低い朝に活発に徘徊し、お昼休みを挟んで夕方から活動再開となります。

少々天気が悪くても活動するので、多少の雨でも刺される可能性があります。

主な出没場所は、森林浴などの山に、川や渓流沿い、ゴルフ場、キャンプ場など、春から秋にかけてレジャーに出かける場所です。

私達が、日頃の疲れを癒すべく向かう場所で刺されたり噛まれたりするので、アウトドアでの処置や対処法を事前に知っておく必要があります。

スポンサーリンク

ブヨに刺された跡の特徴と症状

全長は3mm前後のの小さい虫で、小さなコバエのような姿です。

あまり家の近所では見かけることは少ないので、コバエと間違える人もいます。

蚊と違うのは噛みちぎる際に、まず麻酔薬成分を先に注入する事。

この為、噛みつかれた瞬間も痛みを感じる事がありません

ブヨの吸血時間は、1 〜2分程度。

ブヨは小バエサイズなので、噛み付かれていることに気づかないことが多いです。

さらにブヨは集団で襲いかかってくる事が多く、ブヨの症状を感じる頃には、赤いぷっくりとした腫れや出血が、肌にいくつも出ている事があります。

ブヨは噛んだ際に肌の中に、アレルゲン成分を含む酵素毒を残して去って行きます。

この酵素毒は、即効性がない為、痒みや痛みの症状が時間がたって現れ、被害拡大となる事が多いです。

症状が現れるのは早くて数時間後から、猛烈なかゆみに襲われます。

ブヨに噛まれた跡の特徴は、小さな出血点が残り、大抵の場合は血がにじんでいる事が多いです。

また症状が強くでる場合は、最初は小さな赤い斑点状だった腫れが、2~3倍にも広がり盛り上がる事もあります。

赤い腫れは、数日から10日程続きます。

症状が強い場合は、腫れ具合の悪化と共に、体液が滲みだして水ぶくれになる事も。

ここまで来ると、頭痛・発熱などの身体症状が出る事も多いです。

これが「遅延型反応」と呼ばれるものです。

ブヨの酵素毒の症状は、噛まれた場所が30箇所近くあると、生命の危機となります。

症状が強い場合や、噛まれた箇所が多い場合は、すぐに皮膚科か救急病院を受診するのが良いです。

スポンサーリンク

ブヨに刺された跡の処置と薬

ブヨに刺された跡の腫れやかゆみや痛みの薬と病院

ブヨの処置①毒を絞り出す

ブヨの酵素毒には、強いアレルゲン成分が含まれています。

この為ブヨ被害の早期発見が、その後の運命を左右すると言っても過言ではありません。

噛まれてから数時間~半日後になって、猛烈な痒みに襲われたら対処療法になりますが、噛まれた直後の新鮮な傷痕の状態であれば、強く大人の爪で傷口を挟んで酵素毒をしぼりだすのが一番です。

また毒を絞り出す時に一番おすすめなのが「ポイズンリムーバー(酵素毒吸出し器)」。

薬局やドラッグストア・通販などで市販されている注射器状のもので、確実に清潔な状態でブヨ毒などを絞り出すことができます。

子供は痛みに敏感なので、絞りだす時も苦痛が少なく確実な方法です。

価格は1000~2000円程度なので、夏場のアウトドアに出かける場合は、一つ準備をしておくのがオススメです。

ブユだけでなく様々な虫刺されに役立ちます。

ブヨの処置②冷やすよりも温めるのが先!掻いてもダメ!

ブヨの酵素毒は、ムカデやハチとほぼ同じ成分です。

そして、これらの酵素毒は「熱」に弱い特性を持っています。

ブヨに刺された跡を発見したら、すぐに酵素毒を絞り出してから、清潔な濡れタオルで優しくかつ丁寧に、ブヨに刺された場所をを拭いてください

その後冷やすのではなく、温める準備をして下さい。

しかし温めるのはブヨに刺されてすぐに気づいた時限定です。

数時間~半日たって気づいた時に温めると腫れがひどくなることがあるので、必ず刺されて強いかゆみの症状が出る前のみです。

お肌の表面を、42度以上で約30分間を保ち続ける事で、ブヨなどの酵素毒は変性させて中和させる事が出来、その後の症状を軽くする事になります。

シャワーなどで42度以上のお湯をかけ続けるのが良いです。

逆に、先にブヨに刺された跡を冷やしてしまうと、痒みが増すので注意してください。

そして強烈なかゆみが襲って来ても、絶対に掻きむしらないことが大切です。

かゆみが強いとつい掻きむしりたくなりますが、掻きむしってしまうと、結節性のしこりとなって傷跡が残ってしまう可能性があります。

特に子供はダメと言ってもかきむしります。

なるべく傷痕に触れないように、バンドエイドやガーゼなどで保護しましょう。

ブヨの処置③効果のある薬を塗る

ブヨなどの酵素毒は、蚊とは成分が違います。

なので虫刺され用のかゆみ止めでは効果がない事があります。

虫刺され用の薬の中でも「ステロイド系外用薬」、できれば抗ヒスタミン剤成分を含んでいるステロイド系軟膏を使うと効果があります。

病院で処方されるのも、ステロイド外用薬です。

市販薬と比べて、効果の強い薬が処方されるので、かゆみや腫れが強い場合は、病院で処方されるステロイド軟膏が一番です。

市販薬でおすすめなのは「ムヒアルファEX」。

毛虫やムカデへの効能がパッケージにかかれてあり、ステロイドや抗ヒスタミン成分も入っています。

アウトドアに行く時は「ムヒアルファEX」を1本持っていくと、いろいろな虫刺されに役立ちます。

*毛虫やムカデに刺された可能性がある場合は、こちらの記事を参考にしてください。

毛虫に刺された跡の症状と対処法

ムカデに刺された跡の症状と対処法

ブヨの処置④少しでも異常がある時は病院

ブヨやムカデなどの酵素毒は、たかが虫刺されと思ってはいけません。

痒みや痛みが蚊と比較してもかなり強いです。

症状が治まったとしても、忘れた頃に再び症状が現れる場合もあります。

痛みやかゆみの症状が無くても、噛まれた跡から出血をし、その後水ぶくれ状態になる場合もあります。

ブヨの酵素毒の症状には病名がつけられていて「ブユ刺咬症(しこうしょう)」と「ブユ(ブヨ)刺症」と呼ばれています。

ブヨに刺された部分は、激しいかゆみが長く続き、炎症が強い場合は、リンパ管炎や所属リンパ節腫張になる場合もあります。

激しいかゆみ・腫れあがり・発熱が見られる時はすぐに病院に行きましょう。

病院に行くときは刺された状況を詳しく説明するのが大切です。

ブヨだと思っていても、別の虫に刺されたいうこともあります。

  • どんな場所で噛まれたか(湿地・渓流・ゴルフ場・街灯の下など)
  • どんな症状が出たか(痛みを感じたか・どの様な腫れ方をしたか?頭痛は?など)

上記をしっかりと病院に伝えるようにしましょう。

もし、アウトドアでのブヨやムカデ毒の対処法として42度以上のお湯の確保が難しい場合は、使い捨てカイロ(平均温度:55度)がおすすめです。

他にも自販機等の熱い缶コーヒを、直接当てる方法もあります。

ただし夏場はあまり熱いものが売られてないので探すのも大変です。

もしコンビニが近ければ、温かいコーヒーを購入するのもおすすめです。

もし虫よけスプレーを使用する場合はブヨ専用の物か「スキンガードエクストラ」がおすすめです。

しかし赤ちゃんには使用できないので、使用上の注意をよく読んでから使うようにして下さい。

*赤ちゃんや子供におすすめの虫除けスプレーは、以下の記事で紹介しています。

虫刺され予防対策!赤ちゃんも使えるおすすめ子供用虫除けスプレー

ブヨに刺される原因

ブヨは、人間や哺乳類の生血が大好物です。

蚊やブヨは二酸化炭素や汗のアンモニア臭に惹かれてやって来ると考えられています。

ブヨの出現時期は、私達の夏のレジャー時期と重なり、汗をかく場面で刺される事が多いです。

また、ブヨに刺されるのはブヨが生息する、山や川の近くに行くことが原因です。

夏のアウトドアシーズン、かなり暑い時期の為、薄着の短パンやTシャツ姿、サンダル履いて遊ぶ事が多いですが、薄着で山や川に行くと、ブヨに刺されやすくなります。

しかしブヨは長袖を着ていても、服の中に侵入して刺してくる場合もあるので注意が必要です。

ブヨに刺されない為の予防対策

ブヨに刺されない為の予防対策【衣類編】

ブヨは、黒色や紺色などの「暗色系」を好みます。

アウトドアに行く時にはUVケア対策で、黒系の服を着る人も多いですが、逆にブヨや蚊、そして蜂などに襲われる可能性が高くなる色です。

もし山に行く場合は黒は避けて、黄色やオレンジ色系の服にすると、ブヨや蚊に刺される可能性が少なくなります

また通販では、赤ちゃんや子供向けのインセクトシールドが販売されています。

虫除け用のメッシュ素材の服になるので、子供が刺されないようにする為には良いですね。

ブヨに刺されない為の予防対策【アウトドア編】

ブヨは街中にほとんど現れる事はなく、アウトドアの場所に現れます。

山や川、森などレジャーシーズンに家族で遊びに行く場所です。

せっかく遊びに言ったのに、ブヨに刺されるのは嫌ですよね。

まずは、ブヨに襲われない為の予防対策や襲われた場合の撃退方法をご紹介します。

ブヨに襲われた時の撃退方法

ブヨに襲われた場合は殺虫剤スプレーをかけると、撃退することができます。

もし殺虫剤スプレーを持ってきている場合は、それをブヨに向けて噴射しましょう。

他にも効果の強い蚊取り線香が効果があります。

ブヨは市販の蚊取り線香ぐらいでは効果は薄く、襲ってくる事が多いです。

もしキャンプなどで虫刺され対策をおこなう場合は、通販で販売されている「パワー森林香」がおすすめです。

蚊取り線香と比較すると値段も高いですが、効果も強く虫刺されがほとんどなくなります。

山に行くときは市販の蚊取り線香はあまり効果がないので注意しましょう。

蚊取り線香を自動で消す方法

ちなみに夜寝る場合に、寝た後に蚊取り線香にを消したい場合がありますよね。

そんな時におすすめなのが自分でタイマーセットをおこなう方法です。

市販されている一般的なホッチキスの替え芯を1cm幅に折った物を、蚊取り線香にかぶせるだけです。

ホッチキスの芯の部分まで来ると蚊取り線香を自動的に消すことができます。

市販の蚊取り線香は、1時間で約10c程度燃え尽きる計算なので、これを参考にして消したい時間を計算しましょう。

赤ちゃんや子供がいて殺虫剤や虫除けスプレー、殺虫剤を使うのをためらう場合は「ハッカ油」がおすすめです。

ブヨはムカデと同じく「ハッカ油」の香りが嫌いなので、ハッカ油で手作りの虫除けスプレーを作るのも良いです。

【ハッカ水の作り方】
  • 精製水:90ml
  • 無水エタノール:10ml
  • ハッカ油:約20滴

この材料を、100円ショップなどで売っているスプレー容器に入れて、シェイクするだけです。

冷暗所保管で、約1週間使用できます。(ポリエスチレン容器は溶けるので、使用不可)

これを、肌の露出部分に吹きかけましょう。

無水エタノールは、薬局やドラックストアで購入することができます。

余った無水エタノールは、頑固な汚れ落としに効果があるので、お掃除グッズとして有効利用できます。

他にも虫除けに効果があるのが「タイガーバーム」、これを塗っておくと虫がよってきません。

虫除け対策として効果ががあります。

ブヨに刺されない為の予防対策【屋内編】

街中ではなく、山や木々に近い場所に住んでいる場合は屋内でも刺される可能性があります。

そんな時におすすめなのが、アロマオイルやエッセンシャルオイル。

ブヨが嫌がる香りを、消臭芳香剤の代用品としてお部屋中に漂わせておくのが良いです。

【ベビー服・ベビーカー・ベビーベッドに使用できるアロマ水】

  • 精製水:45ml
  • 無水エタノール:5ml
  • アロマオイル:10滴

アロマオイルは「ハーブ・ゼラニウム・ラベンダー・ローズマリー・ローズウッド・ユーカリ・レモングラス・シトロネラ・サンダリーウッド」などをお好みで合計10滴でブレンドし、スプレー容器に入れてシェイクすると出来上がりです。

ハッカ水と同じく約1週間程使用可能なので、試してみてください。

スポンサーリンク

ブヨに刺された跡の処置のまとめ

  • ブヨは刺すではなく噛みちぎる
  • 3月~9月が出没期間
  • 小さなコバエのような姿
  • 症状が噛まれて数時間から半日して現れる
  • 噛まれた跡は出血がある
  • 強いかゆみと赤い腫れがある
  • 刺された場合毒を絞り出す
  • 刺された直後は温めるのが効果的
  • 処置後は病院へ行く
  • 効果の強い蚊取り線香がおすすめ
  • ハッカ油やアロマオイルも効果的

ブヨは見た目はハエにそっくりなのでハエと勘違いしやすいですが、ハエとは違い噛み付くので、まるで吸血鬼のような虫です。

蚊は、刺された跡を掻いても、そこまで問題はありません。

人によって体質が違いますが、蚊による虫刺されはほとんど時間が解決してくれます。

しかしブヨの場合は傷痕を掻いてしまうと、肌にシミや結節状の小さなコブが残る可能性があります。

また、蚊アレルギー体質の人と比較しても、ブヨの酵素毒はアレルゲン成分が濃いので、アレルギー反応が出やすいです。

少しでも異常を感じたら、すぐに病院の皮膚科で治療を受けましょう。

夏になると日焼け対策をする人は多いですが、野外レジャーの時の虫刺され対策を忘れる場合があります。

野外レジャーは虫刺されがおこりやすい場所、特に赤ちゃんや子供がいる場合は必ず虫刺されの対策をおこなうことが大切です。

もちろん大人も虫刺されでかゆみや痛みが強くでる場合があるので、虫刺されと侮らずに野外レジャーに行く場合は、虫刺され用の薬や虫除けスプレー、ポイズンリムーバーなどを持参して、刺された場合の対策も準備しておきましょう!

もし何の虫に刺された、噛まれたかわからない場合はこちらの記事に虫刺されの種類別の症状や応急処置を掲載しています。

虫刺されの種類別の応急処置

ブヨではなく蜂に刺された可能性もあるので、蜂に刺された症状なども確認してみましょう。

ブヨ以外で外で刺される可能性があるのは、蜂、蚊、毛虫などが多いです。

蜂に刺された跡の症状と対処法

蚊に刺された跡の症状と対処法

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ