髪の毛を太くする方法と食べ物!シャンプーやマッサージの改善方法と髪の毛が細くなる原因

髪の毛を太くする方法と食べ物

最近髪の毛にハリやコシがなく、ボリュームもなくなってきたと感じていませんか。

髪の毛のハリやコシがなくなるのは、「髪の毛が細くなっている」せいかもしれません。

髪の毛にボリュームがなくなり、うねりやクセが出て来ると髪型も決まらず一気に老けて見えます。

髪の毛が細くなると、同じ量の髪の毛でも随分とイメージが変わりますよね。

それだけ、髪の毛の印象は若々しさを保つために重要です。

髪の毛が細くなるといった髪の毛の悩みは、「30代後半~40代」にかけて増えてきます。

そこで、今回は

  • 髪の毛が細くなる原因
  • 髪の毛を太くする方法
  • 髪の毛を太くする食べ物
  • 髪の毛を太くするマッサージ方法
  • 髪の毛を太くするシャンプー
  • 髪の毛を太くする育毛剤・サプリ

等をご紹介します。

髪の毛を太くして、若々しい姿を取り戻しましょう!

スポンサーリンク

髪の毛が細くなる原因

赤ちゃんや子どもの髪の毛はとても柔らかくて細いですが、成長するとだんだん太くなってきます。

髪の毛にはサイクルがあってずっと同じ髪の毛ではなく、抜けるとまた新しい髪の毛が生えてきます。

一般的に髪の毛の寿命は「4~6年」と言われています。

◆髪の毛の4段階のサイクル

  1. 成長期(約4~6年)
  2. 退行期(約3週間)
  3. 休止期(約3~6ヶ月)
  4. 自然脱毛

健康な髪の毛は、4段階のサイクルを経て生まれ変わり、新しく髪が生えてきます。

髪の毛の4段階のサイクルが乱れると、髪の毛がしっかりと成長しないため、細くなって抜け毛に繋がります。

◆髪の毛が細くなる原因

  • 加齢によるもの
  • ストレスによるもの
  • 睡眠不足によるもの
  • 栄養不足によるもの
  • 過度なダイエットによるもの
  • 喫煙によるもの
  • 頭皮へのダメージによるもの(縮毛矯正・パーマ・カラーリング・シャンプーなど)

髪の毛が細くなる原因は、「加齢」によるものがあります。

加齢による体力の衰えや肌のシワやたるみなどは、誰にでも起こる自然なこと。

体力や肌と同じように、髪の毛の加齢も進んで行きます。

他にも「ストレス」「睡眠不足」「栄養不足」「喫煙」等、年齢だけでなく、生活習慣の影響も大きいです。

また、パーマやカラーリング等の「頭皮のダメージ」、他にも自分に合っていないシャンプーを使っていると髪の毛が細くなることもあります。

実際に、新しいシャンプーを使って、ハリやコシがなくなり、抜け毛が増える事もあります。

上記の原因により、血流が悪くなり、毛根に栄養や酸素が行き届かず、髪の毛の成長がストップします。

そして、頭皮の毛母細胞が機能しなくなります。

髪の毛が細くなる原因で、思い当たることがあれば、まずは改善することが大切です。

スポンサーリンク

髪の毛を太くする方法

私たちの頭皮には「10万本」もの髪の毛は生えていると言われています。

髪の毛が生える毛穴は、生まれつき大きい人もいれば小さい人もいますが、髪の毛の太さは、日本人の平均は「0.08mm程です。

欧米人に比べると髪は太め、本数が少なく、ストレートで黒髪の人が多いです。

◆髪の毛の成分

  • ケラチン
  • 水分
  • メラニン
  • 糖質

髪の毛の成分の約9割は「ケラチン」というタンパク質で、その他「水分」「メラニン」「糖質」等です。

髪の毛を太くするには、まずは髪の毛が細くなる原因を改善していくことが大事です。

◆髪の毛を太くする方法

  • バランスの取れた食事
  • 十分な睡眠
  • ストレスを減らす・発散する
  • 禁煙する
  • 頭皮ケアをする

①バランスの取れた食事

髪の毛にも栄養が行き届くように、普段の食事は栄養のバランスが摂れた規則正しい食事が大切です。

特に良質な「タンパク質」を意識して摂りましょう。

もちろん、タンパク質だけをとる生活ではいけません。

ビタミン」「ミネラル」等、髪の毛に良い栄養素が含まれている食べ物も必要です。

また、過度なダイエットも、髪の毛にはよくありません。

断食や、栄養の偏った食事をとっていると、髪に栄養が渡らなくなり、髪がパサパサになってしまいます。

次の見出しに、「髪の毛を太くする食べ物」を掲載しているので、参考にして下さい。

②十分な睡眠

仕事が忙しいと、つい睡眠時間を削ってしまう事が多いですよね。

しかし、睡眠時間が短くなると、髪や頭皮にも悪い影響を与えてしまいます。

十分な睡眠は、身体の疲れを取るばかりではなく、寝ている間に頭皮に栄養を与え、回復させ成長を促す役割があります。

睡眠不足になると、成長を促す時間が少なくなるので、良い髪・頭皮を作る為にも、しっかりと睡眠を取りましょう。

③ストレスを減らす・発散する

ストレスが溜まると、血流が悪くなり、頭皮に栄養が行き渡らなくなります

すると、抜け毛や、髪が細くなる原因につながります。

実際に、ストレス等が原因で「円形脱毛症」という病気もあります。

ストレスを減らすというのは、なかなか難しいことですが、少しでもストレス発散になることをおこなうのもオススメです。

運動」は、血流もよくなり、ストレスを発散するのにも効果的です。

他にも、自分の趣味や好きなことをして、少しでもストレスを改善するのが良いです。

④禁煙する

喫煙習慣のある人は、タバコに含まれる「ニコチン」が血管を収縮させ、頭皮へ栄養や水分を運ぶことができなくなり、頭皮の乾燥を招きます。

髪の毛を太くしたい場合は、頭皮の血流や栄養を与える為にも、禁煙するのが良いです。

⑤頭皮ケアをする

髪の毛を太くするためには、「頭皮環境」を整える事も大切です。

頭皮が硬く、血液の流れが悪いと、栄養をうまく運ぶことができずに髪の毛の成長を止めてしまいます。

頭皮マッサージをおこなって、頭皮を柔らかくすること。

そして、自分にあった頭皮に良いシャンプーで頭皮ケアをおこないましょう。

適切な頭皮ケアをおこなえば、髪の毛を太くすることは可能です。

スポンサーリンク

髪の毛を太くする食べ物

髪の毛を太くする為にも、髪の毛に良い食べ物を取ることが大切です。

髪の毛の約9割はケラチンという「タンパク質」です。

タンパク質は

  • 筋肉
  • 血液
  • 髪の毛
  • 臓器
  • 皮膚

など身体を構成する細胞の主成分です。

食べ物からタンパク質を摂取すると、体内でアミノ酸に分解され、身体のさまざまな組織に運ばれます。

髪の毛の主成分のケラチンは「18種にアミノ酸」からできているので、ケラチンを生成するタンパク質を多く摂ることが大事です。

さらに、タンパク質をアミノ酸に分解することを助ける「ビタミン」や「ケラチン」を合成するのに効果的な「亜鉛(ミネラル)」が含まれる食べ物もとるのも良いです。

◆髪に良いの栄養素を含む食べ物

  1. タンパク質:鶏肉、卵、青魚、乳製品など(動物性タンパク質)

        納豆、豆腐、豆類など(植物性タンパク質)

  1. ビタミン:緑黄色野菜(人参、ほうれん草など)、肉類、マグロ、海藻など
  2. 亜鉛:牡蠣、レバー、チーズ、うなぎ、卵、ホタテなど

タンパク質・ビタミン・亜鉛の栄養素を毎日の食事で取り入れるようにすると、より多くのケラチンを作り出すことができます。

髪の毛を太くするマッサージ方法

髪を太くするマッサージや頭皮ケア

頭皮は知らないうちに、どんどん硬くなっていきます。

特に女性の場合、普段の生活で顔のマッサージはしていても、頭皮のマッサージを習慣にしている人は少ないです。

髪の毛を太くするために、頭皮を柔らかくして、頭皮環境を改善しましょう。

頭皮も皮膚と同じく、マッサージすることで、柔らかくして血行を良くすることができます。

すると、毛母細胞に栄養や酸素を届けることができるようになり、健康な髪の毛を作り出すことができます。

頭皮のセルフマッサージは、以下2つの時に行うのがオススメです。

  • シャンプー前にヘアオイルなどを使って行う
  • シャンプー後頭皮が清潔な状態で行う

◆頭頂部のセルフマッサージ

  1. 頭皮を覆うように両手の指を置く
  2. 指で円を描くように揉み込む
  3. 頭皮を少しずつ中央に寄せていくように動かす

気持ちいいと感じる強さで、数回行うのがオススメです。

シャンプー前であれば、「ヘアオイル」を使うことで、頭皮の皮脂汚れが落ちやすくなります

頭皮の皮脂も「油」なので、オイルを使う事で、毛穴につまった皮脂を浮かし、「頭皮クレンジング」をおこなう事ができます。

もし、時間があれば、シャンプー前にヘアオイルを使って、頭皮をマッサージシしてみましょう。

ただし、ヘアオイルを使って頭皮のマッサージをする場合は、週に1回がオススメです。

髪の毛を太くするシャンプー

シャンプーを替えただけでは、髪の毛を太くすることはできません。

しかし、シャンプーの成分によって頭皮環境を改善することはできます。

また、合わないシャンプーを使っていると抜け毛が増えたりするので、頭皮に良いシャンプーを選ぶ事も大切です。

ほとんどの市販のシャンプーは、洗浄力が強すぎて頭皮の必要な皮脂や水分まで洗い流し、頭皮が乾燥することが多いです。

そこで、おすすめは「アミノ酸系のシャンプー」です。

アミノ酸系シャンプーは、洗浄力が程よく、マイルドな泡で潤いを保ち、髪の毛への負担が少ないのが特徴です。

シャンプーを購入する際に、シャンプーの成分を確認してみてください。

アミノ酸系シャンプーの成分は、

  • ラウロイドグルタミン酸
  • ココイルグルタミン酸

などが主になります。

また、普段のシャンプーの仕方で頭皮を傷つけていませんか。

シャンプーをする時に気をつけるポイントがこちら。

  • シャンプーをする前に頭皮の汚れや皮脂をぬるま湯でしっかり洗い流す
  • 爪を立てず、指の腹を使って丁寧に優しくマッサージをするように洗う
  • シャンプー後は、35℃前後のお湯で十分に洗い流す

アミノ酸系シャンプーは、他のシャンプーに比べると値段が高くなりますが、毎日シャンプーするたびに髪の毛の感じが変わるのを実感できると嬉しいですね。

髪の毛を太くする育毛剤

育毛剤といえば、男性が使用するイメージがありますが、今は女性用の育毛剤も販売されており、髪の毛を太くすることに特化した育毛剤があります。

男性と女性では頭皮環境も異なるので、育毛剤を選ぶ時は必ず男性であれば男性用を、女性であれば女性用を選ぶのが良いです。

◆女性用育毛剤

  • ミューノアージュ(育毛剤)
  • CA101(育毛剤)

◆男性用育毛剤

  • イクオス
  • チャップアップ

髪の毛を太くする薬・サプリ

育毛剤の他にも、普段の食事で不足している栄養素を、「サプリメント」で補う方法もあります。

  • アミノ2000(サプリメント):体内で作ることができない必須アミノ酸9種すべてを凝縮。
  • ディアナチュラビタミンB群(サプリメント): 一粒で1日に必要なビタミンBが摂ることができる。
  • ジンク(サプリメント): 亜鉛の作用で毛母細胞を活性化させ、抜け毛を防ぎハリ、コシを与える。

サプリメントは手軽に栄養素を補給でき、容量を守れば副作用もほとんどありません。

今は種類も豊富なので、自分に合ったサプリメントを選んで、飲んでみるのもオススメです。

ヘアサイクルは短期間で修復するのは難しいので、最低でも半年から1年続けることが大切です。

継続的にケアしていくことで髪の毛を太く、しっかりした髪質に戻すことができます。

スポンサーリンク

髪の毛を太くする方法まとめ

  • 髪の毛が細くなるのは「加齢」「生活習慣」
  • 髪の毛を太くするためには「食事」「睡眠」「頭皮ケア」
  • 髪の毛に必要な栄養素は「タンパク質」
  • 頭皮をマッサージして血流を良くする
  • シャンプーはアミノ酸系を使う
  • 育毛剤を使う
  • サプリで栄養素を補う

髪の毛が細くなるは、年齢だけでなく、普段の生活の影響が大きいです。

また、女性は出産前後や更年期の時期に髪質の変化が起こりやすく、今まで髪の毛の悩みがなかった人も急に細くなることもあります。

髪の毛を太くて健やかな髪にするには、生活習慣の見直し、普段のシャンプーやマッサージが重要です。

髪の毛に良い栄養素たっぷりの食事をとり、しっかりと睡眠、さらに頭皮ケアをおこない、若々しい元気な髪を取り戻しましょう!

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ