内臓の臓器の位置と図と病気!女性の腹部と左側と右側の痛みの違い

腹部の内臓の位置と痛みや病気

人間の腹部には、私達がよく知っている大切な臓器がたくさんあります。

肺等の呼吸器系、胃や腸等の消化器系、肝臓等の消化腺系、腎臓等の泌尿器系、卵巣や精巣の生殖器系。

どれも大切なお腹の中の、内臓の臓器です。

しかし、腹痛や脇腹痛、背中の痛み等、お腹や背中には「ズキッ」とした痛みや、重い痛みが出る事が多いです。

痛みが出ても、何が原因か分からない事もよくあります。

女性の場合は腹部の臓器に、卵巣や子宮もある為、なおさら痛みの原因がわからない事も多いです。

また、痛みがあっても、「なんとなくお腹が痛い…」「脇腹や背中が痛い…」等、痛みの詳しい場所がわからないこともあります。

おおまかな位置しかわからず、激しい痛みではないと、病院に行く必要があるのか迷うこともあります。

そこで、まずは内蔵の臓器の位置を確認して、自分の痛い場所にある臓器は何なのか、知ることが大切です。

今回はお腹の中、腹部の内臓の臓器の位置と病気を、図やイラストを用いてご説明します。

また女性の子宮や卵巣等の腹部の臓器や、右側と左側の痛みの違い、さらに内臓の位置を戻すのに逆立ちが有効なのか?という話もご紹介します。

内臓の位置を大まかに知る事で、病院の受診時の目安にもなりますよ。

スポンサーリンク

呼吸器系の臓器の位置と病気

 肺と横隔膜の臓器の位置

肺の位置

左右に、1対で存在するのが「」です。

右肺は、「肝臓」が存在する為に、左肺より小さい事が多いのが特徴です。

肺はお腹の痛みと無関係のように感じますが、肺の病気でも、脇腹に痛みが出現する事があります。

肺の主な病気

  • 肺炎
  • 肺気胸(自然気胸)
  • 肺気腫
  • 肺がん

横隔膜の位置

胸郭部分と腹腔部分の境目に、左右に広がる硬くて薄い筋肉様の膜が「横隔膜」です。

左右の肺の下、肝臓や胃の上にあり、肺と腹部の内蔵を分ける膜となります。

肺の動きと同時に上下動して、肺の「呼吸活動」を助ける役割があります。

お腹の痛みと無関係のように感じますが、陸上競技やジョギング、ランニング後に、みぞおち部分や脇腹が痛くなる原因の一つでもあります。

◆横隔膜の主な病気

  • 横隔膜麻痺
  • 横隔膜ヘルニア

スポンサーリンク

消化器系の臓器の位置と病気

胃や腸の位置と病気や痛み

食道の位置

口や咽頭から、胃につながっているのが「食道」です。

食道の病気は、みぞおち付近が痛むことが多いです。

また、食道の病気で有名な「逆流性食道炎」は、胸焼けやゲップ、吐き気の症状が現れます。

◆食道の主な病気

  • 逆流性食道炎
  • 食道裂孔ヘルニア
  • 食道がん

胃の位置

食道の終点部から、みぞおち部分の左側から右側へと大きく存在するのが「」です。

胃は、空腹時は小さいのですが、食べ物や飲み物が入ると、みぞおち部分全体に広がります。

左のみぞおち付近に痛みがある場合は胃の病気の可能性があります。

  • 噴門部分(ふんもん):胃の入り口周辺。左のみぞおち&左脇腹に痛みが出る。
  • 大彎部分(たいわん):胃の下の、大きな曲線部分。みぞおち中央に痛みが出る。
  • 幽門部分(ゆうもん):胃の右下周辺(胃の出口)。右のみぞおち&右脇腹に痛みが出る。

◆胃の主な病気

  • 胃潰瘍
  • 胃炎
  • 胃ポリープ
  • 胃がん

十二指腸の位置

胃の出口から、空腸までに位置し、後半部部分は、後方に回り込む形になります。

十二指腸」には、胆汁とすい液が出て来る「十二指腸乳頭(にゅうとう)」が開口しています。

手の指約12本分の長さがある事が、名前の由来です。

  • とてもデリケートな臓器で、「潰瘍(かいよう)」を起こしやすい。
  • 主に、右のみぞおち深く&右脇腹にかけて、痛みが出る。

◆十二指腸の主な病気

  • 十二指腸潰瘍
  • 十二指腸ポリープ
  • 十二指腸炎

小腸の位置

小腸には、口側から約5分の2の長さが「空腸」、肛門側から約5分の3が「回腸」と言われる、管状の臓器があります。

全体的に小腸の上部分が空腸で、下部分が回腸となります。

空腸(くうちょう)の位置

十二指腸から続く、管状の臓器です。

空腸の位置は、十二指腸から後方へと湾曲して横行結腸周辺で、終点部が前面に出ています。

大きな意味で、食べ物が通過する為にある管状の臓器です。

回腸(かいちょう)の位置

一般的には、「小腸」と呼ばれている臓器で、全長が約6~9mとなります。

主に、消化吸収に特化した臓器です。

全長が長いので、深いシワ状に折りたたまれて、お腹の中に収納されています。

この為、異常が起こった個所によって痛みの場所も変わって来るのが特徴です。

◆小腸の主な病気

  • 腸閉塞
  • 小腸腫瘍
  • クローン病

盲腸の位置

盲腸や結腸や大腸や直腸の位置と病気

回腸から上行結腸を結んでいる臓器が「盲腸」です。

大きな意味で、空腸と同じく、消化物がただ通過する為にある、管状の臓器です。

盲腸の位置は右下腹部にあり、一般的に盲腸と言われる病気は、盲腸ではなく「虫垂」が炎症を起こす病気です。

虫垂(ちゅうすい)の位置

盲腸にぶら下がっている尻尾状の臓器でが「虫垂」です。

盲腸の位置と同じく、右下腹部にあります。

虫垂が炎症を起こすのが、一般的に言われる「盲腸(虫垂炎)」で、病院では「虫垂炎」と言われます。

◆虫垂の主な病気

  • 虫垂炎

上行結腸(じょうこうけっちょう)の位置

盲腸から、胸の方向に、右側を上って行く太い管状の臓器が「上行結腸」です。

一般的には、大きな意味での「大腸」の始まりの臓器と言われます。

上行結腸から横行結腸への移行部に、ガスや便が溜まりやすくなります。

横行結腸(おうこうけっちょう)の位置

上行結腸から、右側から左側へと水平に伸びている、太い管状の臓器が「横行結腸」です。

下行結腸(かこうけっちょう)の位置

横行結腸の終点部の左端から、足の方向へ下りていく太い管状の臓器が「下行結腸」です。

  • 腸閉塞・腸ねん転・大腸がんの、多発地帯。
  • 大腸がんの出血を、「」の出血と勘違いしやすい。

S字結腸(えすじけっちょう)の位置

下行結腸から直腸までの間の、緩やに、S字カーブをしている管状の臓器が「S字結腸」です。

結腸表面に、特徴的なヒモ状のスジがあり、S字に緩やかな曲線状をしている事が名前の由来です。

便秘」の場合、ガスや便がたまっている場所の事が多いです。

また、圧力がかかりやすい為、大腸の病気が多い場所です。

 直腸の位置

肛門部へと繋がっている、管状の臓器が「直腸」です。

排便の機能を果たす為に、強い力を持つ筋肉を装備しています。

  • がんや痔の、多発地帯。
  • 大腸及び直腸からの出血を、「痔」からの出血と勘違いしやすい。

◆大腸の主な病気

  • 過敏性腸症候群
  • クローン病
  • 潰瘍性大腸炎
  • 虚血性大腸炎
  • 大腸憩室炎
  • 大腸がん

大腸など内臓の臓器から、炎症が広がると「腹膜炎」をおこすことがあります。

腹膜炎は激しい腹痛とともに、発熱の症状が現れます。

スポンサーリンク

消火腺系の臓器の位置と病気

肝臓や胆嚢の位置や病気

肝臓の位置

肝臓」の位置は右肺の直ぐ下にあり、ぽってりとした大きな臓器です。

体内の強力な「解毒作用の中枢」的な役割を持ちます。

約500種類もの機能を、体内に対して行っており、別名人間のレバー&フォアグラとも呼ばれています。

かなり病気が進行しないと異常を出ず、痛みがないので「沈黙の臓器」とも呼ばれます。

肝臓の病気は、皮膚や目の白い部分が黄色になる「黄疸」と呼ばれる症状が現れます。

【肝臓の主な機能】

  • アルコール成分の分解作用
  • 体内代謝や排出作用
  • 胎児の造血機能
  • 体液の恒常性の維持機能
  • 十二指腸へ、胆汁を分泌

◆肝臓の主な病気

  • 肝炎
  • 肝硬変
  • 肝臓がん
  • 肝膿瘍

胆嚢(たんのう)の位置

肝臓の下に、小さく存在している臓器が「胆嚢」です。

肝臓から分泌された「胆汁」の一時保管庫の役割をします。

胆汁の、濃縮加工工場の役割も持っています。

脂肪をとり過ぎると、「胆嚢結石」ができる場合があり、腹痛等の痛みを伴う事があります。

◆胆嚢の主な病気

  • 胆石症
  • 胆嚢炎
  • 胆嚢がん

膵臓(すいぞう)の位置

身体の正中線から左脇腹にかけて伸びている、細長い「くさび状」の臓器が「膵臓」です。

膵臓の位置は、右頭部分は肝臓の裏に潜り込み、左端部分は脾臓と接しています。

膵臓の中には「ランゲルハンス島」という、細胞の集まり(島)があります。

  • 消化酵素を含む、「膵液」を十二指腸に分泌している分泌腺機能がある。
  • インスリン・グルカゴンホルモンも、分泌している。
  • 体内の血糖値管理の、「作戦司令本部」。

◆膵臓の主な病気

  • 膵炎
  • 腫瘍性膵嚢胞
  • 膵臓がん

脾臓(ひぞう)の位置

膵尾周辺から、腹腔内の一番左側に位置する「握りこぶし大」の臓器が「脾臓」です。

脾臓の位置は胃の裏側、左の腎臓の前にあります。

  • 体内の免疫機構の、見張り役。
  • リンパ球や赤血球の、生成工場。(第2の骨髄)
  • 血液の、緊急一時用備蓄庫の機能も持つ。

◆脾臓の主な病気

  • 脾腫瘍
  • 特発性血小板減少性紫斑病
  • 遺伝性球状赤血球症

泌尿器系の臓器の位置と病気

腎臓や膀胱の位置と病気

腎臓の位置

腎臓」の位置は、肝臓のラインよりもやや下側で腰よりも少し上です。

背中側に左右に2つ、そら豆状の大きさで存在します。

古くなった血液を「ろ過」して、尿を生成する臓器です。

右の腎臓は、肺と同じく肝臓があるので、やや左側よりも下に位置します。

この為、痛みの発生場所が左右で少し差があります

腎臓の病気は、背中や脇腹が痛い事が多いです。

  • 片側:1つだけでも生命維持は可能だが、とても重要な臓器。
  • 何らかの原因で、結石が出来てしまう事がある。
  • 腎臓に急性炎症が起こると、生命に関わる。

◆腎臓の主な病気

  • 腎臓結石
  • 腎盂腎炎
  • 腎不全
  • 慢性腎臓病
  • 腎臓がん

尿管の位置

腎臓で作られた尿を、膀胱まで運ぶホースの役割の管が「尿管」です。

尿管の病気は、激痛を伴うことが多いです。

腎臓結石が、尿管に落ちて詰まってしまうと、激しい腰痛や脇腹痛があります。

また、尿管の中で結石が出来てしまって排出されないと、同じく激しい痛みに襲われます。

◆尿管の主な病気

  • 尿路結石
  • 尿管瘤
  • 尿管腫瘍

膀胱(ぼうこう)の位置

左右の腎臓から造られた、尿の一時収納庫の役割を持つ臓器が「膀胱」で、下腹部に位置します。

失禁を防ぐ為に、強い力の筋肉が出口にあります。

膀胱に炎症が起きると、血尿や、排尿時の痛みが出ることがあります。

また、膀胱にも結石が出来る場合がありますが、尿路結石ほど痛くない事が多いです。

◆膀胱の主な病気

  • 膀胱炎
  • 膀胱結石
  • 膀胱がん

尿道(にょうどう)の位置

膀胱に溜まった尿を、体外に排出するホース状の管が「尿道」です。

膀胱炎から、尿道に炎症が起きることもあります。

◆尿道の主な病気

  • 尿道炎
  • 尿道狭窄

女性の生殖器系の臓器の位置と病気

 子宮や卵巣や卵管の位置と病気

子宮の位置

分厚い筋肉に守られた、ニワトリの卵大の臓器が「子宮」です。

子宮の位置は、おへそと太ももの間、下腹部の真ん中付近です。

子宮壁の内外に、筋肉の塊がコブ状に出来ると、下腹部痛の症状が出る事があります。

他にも、子宮の病気は、下腹部痛の症状が出る事が多いです。

また、毎月の生理は、子宮内膜を体外に排出しようとして子宮が収縮することで、「生理痛」の症状がでます。

◆子宮の主な病気

  • 子宮内膜症
  • 子宮筋腫
  • 子宮頸がん
  • 子宮体がん

卵管の位置

毎月、成熟した卵子が、子宮に向かう細いホースの管が「卵管」です。

子宮から卵巣を結んでいる為、左右2つあります。

「子宮外妊娠」は、ほとんどが卵管に着床し、下腹部痛や出血の症状が出ることがあります。

◆卵管の主な病気

  • 子宮外妊娠
  • 卵管炎

卵巣の位置

子宮の左右にある、2つのの臓器が「卵巣」です。

大きさは、親指から第一関節位までの大きさで、約3cmと小さい臓器です。

卵巣の病気は、右下腹部や左下腹部に痛みが出る事が多いです。

しかし、卵巣のう腫の場合は、かなり大きくなるまで、痛みがでない事が多いです。

卵巣のう腫が大きくなりねじれると、激痛に襲われます。

◆卵巣の主な病気

  • 卵巣のう腫
  • 卵巣茎捻転
  • 卵巣出血
  • 卵巣がん

男性の生殖器系の臓器の位置と病気

前立腺(ぜんりつせん)の位置

前立腺」の位置は、膀胱の直ぐ下です。

前立腺に炎症症状が起こると、鼠蹊部(そけいぶ:盲腸のライン)~脇腹に痛みを感じる事があります。

また、排尿障害を伴うことが多いです。

◆前立腺の主な病気

  • 前立腺炎
  • 前立腺がん
  • 前立腺肥大症

精巣の位置

精巣は2つあり、精巣は体外に存在します。

しかしごく稀に、胎児期に精巣が精巣の袋の中に降りず、鼠蹊部内に留まってしまう場合があります。

この「停留精巣」は、悪性の腫瘍になる事があり、痛みが出る場合があります。

また、何らかの原因でどちらか1つの精巣で、腹部と繋いでいる精索(せいさく)が袋の根元部分でねじれてしまうこともあります。

ねじれてしまうと、お腹全体に激しい痛みが走ります。

◆精巣の主な病気

  • 停留精巣
  • 精巣捻転症
  • 精巣上体炎
  • 精巣腫瘍

内臓の位置を戻すには逆立ちが有効?

通常内臓の位置が大きく変わることはありません。

しかし、年齢とともに筋力が低下することで、内蔵全体が下がってくることがあります。

体が歪み内臓の位置がずれてくると、病気とまではいかないものの、体の不調を感じたり、内臓の機能が低下することがあります。

内蔵の位置が下がるのは、「胃下垂」が有名です。

そこで簡単で有効なのが「逆立ち」です。

  1. 壁に向かって逆立ちし、20秒ほどキープ
  2. 足は壁につけたままでOK
  3. なるべく頭から足までまっすぐに

しかし逆立ちは普段慣れていないので、少し逆立ちするだけで気持ち悪くなる場合もあります。

まずは5秒から、と少しずつ逆立ちをしましょう。

もし逆立ちが苦手な場合は、背中で逆立ちをする「背中逆立ち」でも逆立ちと同様の効果が期待できます。

  1. 仰向けに寝て、足を天井に向かって上げる
  2. お尻をあげ、腰のあたりを手で支える
  3. さらに背中を上に上げる

背中逆立ちは頭と首、肩で体を支えるのですが、腹筋がついていないと、あげた足が顔側に下がってくる事が多いです。

できるだけ足を天井に向かって上げるように気をつけましょう。

他にも内蔵の位置を戻すのに有効な方法があります。

  • ヨガ(橋のポーズ)
  • 運動(腹筋等)

ヨガ」は全体的に筋力をつける事が出来るため、内蔵位置を戻すだけでなく、体調を整える事もできます。

特に「橋のポーズ」は、お腹やお尻を引き締める効果もあります。

また、お腹周りに筋肉をつけ内蔵を下げない為に、「腹筋」も効果的です。

他にもウォーキング等の運動は、お腹に力を入れるだけでインナーマッスルが鍛えられます。

スポンサーリンク

内蔵の臓器の位置と病気のまとめ

  • 痛む場所から、臓器の位置を確認する
  • 2つ臓器がある場合、左右で痛む場所が違う事がある
  • 痛みが出にくい臓器がある
  • 女性の内蔵の痛みは子宮や卵巣の可能性も
  • 内臓の位置を戻すには逆立ちが有効

「お腹が痛い」「脇腹や背中が痛い」と思っても、一体どの内臓が痛むのか分からない事が多いです。

男性は頻尿や排尿痛があっても、少しの痛みや違和感では、病気と感じないことも多いです。

女性はお腹が痛いから「下痢か便秘かな?」と思っていたら、子宮や卵巣の病気ということもあります。

また、「背中の痛みがあるけど、最近疲れているのかな」「腰が痛いから腰痛が悪化したかな」と思っていたら、実は大きな病気の予兆という事は少なくありません。

また「放散痛」といって、内臓の病気にも関わらず、肩や手等、痛む箇所とは別の部分に痛みが出ることもあります。

体が痛むということは、体からでているシグナルです。

痛みがでたら、すぐに病院に行くのが良いですが、忙しくてなかなかいけない人も多いです。

また、少しの痛みであれば、「わざわざ病院に行かなくても…」と思う人もいます。

しかし、体は自分の大切な資産です!

健康があればこそ、仕事も家事も趣味も何でも出来ます。

特に痛みが数日以上続く場合は、ただの疲れや痛みではありません。

お腹、背中、脇腹の痛みは内蔵からのシグナルの可能性があります。

痛みが続く場合は必ず病院で診察を受け、CTやMRI等で検査をしてもらいましょう。

女性の場合は、内科や消化器科等で異常がない場合、「産婦人科」で診察を受けてみましょう。

産婦人科に行った事がない場合は、産婦人科に行くのに抵抗を感じる事も多いです。

しかし、最近では女性の産婦人科医も多いので、抵抗がある場合は、女性の産婦人科医をインターネット等で探して病院に行くのがおすすめです。

検査して何も問題がなければ、「体に異常がなくて良かった!」と思えます。

逆に、痛みの原因がわかれば、「早くに病院に行って良かった」と考える事ができますよ。

*女性で腹痛の痛みがある時は、以下の記事で卵巣や子宮の病気の詳しい症状を記載しています。

女性の腹痛の原因と病気!下痢や不正出血の症状

お腹の痛みが続く場合は、以下の記事に原因や症状別の病気を記載しています。

お腹の痛みが続く原因と症状別の場所と病気!

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ