急に抜け毛が増えた原因と改善方法【抜け毛が増える病気と平均の抜け毛本数】

急に抜け毛が増えた時の原因と改善方法

シャンプーをした時に、いつもより抜け毛が増えたと感じていませんか。

床のフローリングや排水口に、いつもより髪が落ちていると感じたら「抜け毛」が増えている可能性があります。

髪は内臓と同じように、体内の毒素を排出してくれる大事な組織です。

急に抜け毛が増えた場合は、病気の可能性もあるので注意が必要です。

そこで今回は

  • 平均の抜け毛の本数
  • 急に抜け毛が増えた原因
  • 急に抜け毛が増える病気
  • 急に抜け毛が増えた時の改善方法

をご紹介します。

急に抜け毛が増える病気の症状と、病気以外の原因を、改善方法と合わせてご紹介します。

スポンサーリンク

平均の抜け毛の本数

髪は何もしなくても、毎日抜けていきます。

平均の抜け毛の本数は、「50本~100本」と言われています。

平均本数の根拠は、日本皮膚科学会などで公表されているデータから計算されています。

日本皮膚科学会によると、髪の毛は全体で「10万本」。

人によって抜け毛の本数は違いますが、髪の毛は2~6年で生え変わります。(※毛周期やヘアサイクルといいます)

上記のデータで計算すると、以下のように抜け毛の本数がわかります。

  • 毛周期が2年の人の1日の抜け毛:10万本÷2年÷365日=136本
  • 毛周期が6年の人の1日の抜け毛:10万本÷6年÷365日=45本

ただし、毛周期は、体質や遺伝、環境によって個人差があります。

なので、平均の抜け毛の本数もあくまで目安です。

大切なのは、自分の日頃の抜け毛の本数を知って、本当に抜け毛が増えているのかどうか判断することです。

また、1日2日であれば、抜け毛が増える日もあります。

注意が必要なのは、抜け毛が増えている状態が、数日続くことです。

抜け毛が気になった時は、毎日本数を確認して、どのくらい続いているかを確認するのが良いです。

抜け毛の本数の確認方法

抜け毛の本数を確認するなら、シャンプーの時がおすすめです。

抜け毛の「50%~70%」はシャンプーの時に起こります。

以下に2つの方法をご紹介しますが、一手間かかるので、簡単なら毎日お風呂上がりに排水溝の髪を確認するのが良いです。

◆湯船を利用

普通にシャンプーして、湯船の中ですすいでください。

浮いている髪を回収すれば、抜け毛の本数を確認できます。

◆シャワーを利用

網目状のカゴに、メッシュ状の洗濯ネットをかぶせます。

洗濯ネットの上でシャンプーをすすげば、抜け毛を回収できます。

スポンサーリンク

急に抜け毛が増えた原因

急に抜け毛が増えた原因には、様々な理由があります。

  • 頭皮環境の悪化
  • 栄養不足
  • 血行不良
  • 必要なホルモンの減少
  • 男性ホルモンの増大

抜け毛原因①頭皮環境の悪化

頭皮環境は、抜け毛を防ぐためにとても大事です。

特に、紫外線や湿気の影響を受けやすい夏~秋口に、抜け毛が急に増えることがあります。

紫外線や湿気が、頭皮に負担となって、抜け毛が増えるケースです。

抜け毛原因②栄養不足

抜け毛にならないためには、髪の毛に栄養を与えることが必要です。

この栄養は食事などから摂取することで、髪の毛まで届きます。

つまり、過度なダイエットや不規則な食事によって、栄養不足になると抜け毛の原因となります。

抜け毛原因③血行不良

頭皮の血行が悪い場合も、抜け毛の原因となります。

先にご紹介した髪の毛の栄養は、頭皮の血管から与えられます。

ですので、血行不良では栄養が行き渡らず、抜け毛が増える可能性があるのです。

血行不良は、「睡眠不足」や「運動不足」、「ストレス」によって引き起こされます。

抜け毛原因④成長ホルモンの減少

髪の毛は、毛根の中になる毛母細胞が活性化することで成長します。

この毛母細胞の活性化に、成長ホルモンが必要なのです。

つまり成長ホルモンが減少すると、抜け毛が増えることにつながります。

成長ホルモンを促すには、最低「5時間」の睡眠が必要なので、睡眠不足の人は抜け毛のリスクが高くなります。

抜け毛原因⑤男性ホルモンの増大

上記の抜け毛原因①~④に当てはまらないのに、抜け毛が増えている人は、男性ホルモンの増大が考えられます。

男性ホルモンが増大し、頭皮の酵素と結びつくと、抜け毛が増える原因となるホルモンが作られてしまいます。

AGA」といわれる現象です。

AGAは男性だけでなく、女性にも発生します。(女性の場合は「FAGA」と名称が変わります)

男性ホルモンの増大する理由には、「ストレス」や「遺伝」、さらに「加齢」などが考えられています。

スポンサーリンク

急に抜け毛が増える病気

抜け毛が増える原因で一番怖いのは、「病気」の可能性です。

抜け毛によって考えられる病気には以下があります。

  • 甲状腺機能の異常
  • 鉄欠乏性貧血
  • 膠原病
  • 卵巣嚢腫
  • 脂漏性皮膚炎

甲状腺機能の異常

甲状腺とは、喉仏の近くにある器官で、体の健康維持に必要なホルモンを分泌しています。

つまり甲状腺機能に異常がでると、体調不良になります。

甲状腺機能の異常による具体的な症状は

  • 体力低下
  • 発汗
  • 不眠
  • 脈拍の低下
  • 倦怠感

などがあり、よく更年期障害のような状態と言われます。

女性のほうが罹患しやすい病気ですが、男性も発症する病気です。

甲状腺から分泌されるホルモンは、髪の毛を成長させる毛母細胞と関係しています。

つまり、甲状腺機能に異常があらわれると、毛母細胞が分裂しなくなり、抜け毛が増えることがあります。

鉄欠乏性貧血

栄養素である「」が不足しておこる貧血です。

鉄欠乏性貧血の主な症状は

  • 爪が反り返るように変形
  • 舌表面がつるつる状態になる
  • 倦怠感
  • めまい
  • 動悸・息切れ
  • 肌が乾燥
  • 口内炎が多くなる

鉄欠乏症貧血は、女性の方がなりやすい病気です。

鉄はヘモグロビンというタンパク質を作るのに必要になります。

ヘモグロビンは酸素を運ぶのですが、鉄が不足すると作られなくなり、酸素が全身を回らなくなります。

髪の成長には酸素が必要です。

つまり、鉄が不足するとヘモグロビンが減少し、頭皮に酸素が届かなくなり、抜け毛につながるのです。

膠原病

膠原病とは、体内にある免疫が、正常な細胞を攻撃する「免疫系疾患」の総称です。

膠原病の症状には

  • 高熱
  • 発疹
  • 倦怠感
  • 関節や筋肉の傷み
  • しびれ

などがあります。

若い女性のほうが発症しやすい傾向にあります。

免疫による攻撃が、毛根にも起こり、抜け毛が増える原因となります。

卵巣嚢腫

卵巣嚢腫とは、卵巣に腫瘍ができる病気です。

卵巣嚢腫の症状は、初期段階では異変を感じにくいとされます。

自覚症状は、腫瘍が大きくなってから、腹部に圧迫感を感じるなどがあります。

髪は、女性ホルモンが正常に分泌されることで成長します。

卵巣嚢腫など、卵巣の病気にかかった場合、女性ホルモンに影響がでるので抜け毛が増えることがあるのです。

脂漏性皮膚炎

脂漏性皮膚炎とは、カビ菌が異常繁殖して起こる皮膚の炎症です。

頭皮の脂漏性皮膚炎の症状は

  • 赤く炎症する
  • かゆみが続く
  • フケが大量に出る
  • 臭いがする
  • ただれてカサブタになる

などがあります。

脂漏性皮膚炎は男性に多いですが、女性でも罹患する病気です。

脂漏性皮膚炎の炎症が悪化すると、毛根付近がまで炎症するので抜け毛が増えます。

少しでも気になる場合は医師に相談しましょう

抜け毛が増える病気の1部をご紹介しました。

どれも放置してしまうと、日常生活に支障を起こしかねない病気ばかりです。

もし、急に抜け毛が増えて、少しでも異常を感じた場合は、自分だけで判断せず、病院に行き医師に相談してください。

急に抜け毛が増えた時の改善方法

急に抜け毛が増えた時の対策

急に抜け毛が増えた場合の改善方法をご紹介します。

ただし、抜け毛がすぐに改善するような、即効性がある改善方法はほとんどありません。

3ヶ月から6ヶ月続けることによって、抜け毛が改善することが期待できます。

  • シャンプーを変更する
  • 紫外線対策をおこなう
  • 育毛剤を使用する
  • 頭皮マッサージをする
  • 食生活を改善する
  • 睡眠をとる
  • 運動をする
  • 飲酒量を減らす・禁酒する
  • 禁煙する

シャンプーを変更する

市販のシャンプーには、抜け毛を促進してしまう、刺激が強い成分で作られたものがほとんどです。

アミノ酸系のシャンプー」を利用することで、頭皮環境を改善することが期待できます。

また、急に抜け毛が増える前にシャンプーを変更した場合は、シャンプーが原因の可能性もあります。

私も、シャンプーを変更して抜け毛が増えたので、そのシャンプーを使うのをやめたら、抜け毛がすぐに改善したことがあります。

紫外線対策をおこなう

強い紫外線は、頭皮や髪にとって大敵です。

浴び続けることで、抜け毛が増える原因となります。

特に夏場は、帽子をかぶって頭皮を守るようにしましょう。

育毛剤を使用する

抜け毛が増えた頭皮は、「頭皮環境の悪化」「栄養不足」「血行不良」「男性ホルモンの増大」が考えられます。

育毛剤には、頭皮や毛根に栄養を与え、血行促進し、男性ホルモンを抑制する効果が期待できるものがあります。

抜け毛が増えたら、頭皮をトータルでケアできる、育毛剤がおすすめです。

頭皮マッサージをする

血行を促進することで、抜け毛予防になります。

上記の育毛剤やシャンプーだけでなく、「マッサージ」を同時に行うことで、抜け毛防止がさらに期待できます。

食生活を改善する

髪の毛に栄養を届けるには、食事による栄養摂取が大事です。

◆摂取したほうがいい栄養

  • タンパク質
  • ビタミンA・B・C・E
  • ミネラル(亜鉛・鉄分・カルシウム)
  • イソフラボン
  • オメガ3脂肪酸
  • ポリフェノール

◆控えたほうがいいもの

  • 脂質
  • 塩分
  • 糖分

シャンプーや育毛剤と違って、栄養補給は一番難しいケア方法です。

忙しい人ほど「控えたほうがいいもの」ばかり食べてしまいがちです。

今の生活で、栄養摂取が難しいなら、「育毛サプリ」を利用するのが便利です。

睡眠をとる

抜け毛を予防するには、睡眠がとても大事です。

抜け毛を防ぐ「成長ホルモン」は睡眠時に分泌されます。

最低でも5時間は睡眠を取る必要です。

また最初の3時間が1番分泌されます。

運動をする

運動不足は血行不良につながり、抜け毛を原因となります。

ラジオ体操やストレッチなどの、軽い運動をすることで、全身の血行を促進することができます。

ただし、過度な運動はNGです。

過度な運動は、体内で活性酸素を発生さえ、毛根が傷つく可能性があります。

適度な運動をすれば、睡眠の質が上がったり、必要なホルモン分泌にもつながります。

飲酒量を減らす・禁酒

過度な飲酒は、「アセトアルデヒド」を発生させ、分解せずに体内をめぐることになります。

このアセトアルデヒドは、AGA」の原因となる「DHT」を増加します。

つまり抜け毛が増える可能性があるのです。

さらに、体内は飲酒によるアルコールを分解しようとします。

アルコールを分解するには、大量の栄養が消費されるので、頭皮や髪が栄養不足になりがちです。

禁煙する

喫煙は抜け毛を促進させてしまいます。

喫煙によって血管が収縮するので、毛根に栄養が届きにくくなるためです。

また、喫煙でビタミンCが大量に消費することも、髪の毛の栄養不足につながります。

さらに抜け毛の原因となる、男性ホルモンを増やすのも喫煙です。

喫煙によって、通常よりも男性ホルモンが「30%」増えるデータもあります。

スポンサーリンク

急に抜け毛が増えた時の原因と改善方法のまとめ

  • 平均の抜け毛の本数は50本~100本
  • 抜け毛の本数は個人差があるので自分で数える
  • 急な抜け毛の原因は頭皮・栄養・血行・ホルモンの影響
  • 急に抜け毛が増える病気もあるので医師に相談を
  • 抜け毛が増えた時の対策は3~6ヶ月はかかる

抜け毛は生命に直接かかわらないため、効果がある治療法や薬が開発されにくいと言われています。

なので、自分自身で民間療法や、企業商品を自分で試しながら、予防していくしかありません

急に抜け毛が増えると、とても不安になりますよね。

髪は人目にふれるので、肌と同じくらい気になります。

しかし、焦ったりモヤモヤして、ストレスをためることは、抜け毛を増やすことにつながる可能性もあります。

まずは、急に抜け毛が増えた原因や対策を1つ1つ確かめること。

もし抜け毛以外にも、何か気になる症状が出ている場合は、必ず病院に行き、医師に相談してみましょう。

まずはできる範囲で、髪をケアすることが、抜け毛を減らすことにつながりますよ。

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ