女性の腰痛の原因と症状!内臓や子宮の病気と右側と左側の痛みの違い

女性の腰痛の原因と子宮や卵巣で考えられる病気

重いものを持ったり、ちょっと無理な運動をしたり、年齢を重ねていくと腰の痛みが増える事が多くなります。

腰痛というとギックリ腰を思い浮かべる人も多いですが、他にも腰の痛みには様々な病気が隠されている事があります。

いつもの腰痛と思っていても、実は病気ということもあるので、注意が必要です。

特に女性は、子宮や卵巣などの病気でも腰痛になる事があるので、男性よりも気をつけなければいけません。

さらに気をつけなければいけないのが、内蔵の病気です。

内臓の病気は腹痛になる事が多いですが、中には腰痛となって症状が現れる時もあります。

今回は女性の腰痛の原因と主な症状、子宮や卵巣、さらに内蔵から考えられる病気をご紹介します。

他にも右側と左側の腰の痛みの違い、病院は何科に行けば良いかなどもご説明します。

スポンサーリンク

背骨の構造と椎間板

腰痛の原因や症状の説明の前に、人間の背骨や脊椎の構造についてご説明します。

人間は、以下の合計30個の骨で、背骨と言われるものを構成しています。

  • 首の骨「頸椎7個」
  • 胸の骨「胸椎12個」
  • 腰の骨「腰椎5個」
  • お尻の骨「仙椎5個」
  • 尻尾の骨「尾椎1個(正確には3~6個)」

その内、人間の体重の大半を受け止めているのが、「首の骨」と「腰の骨」です。

背骨の一つ一つには、脳からの指令を伝える脊髄が、お尻の下辺りまで通る為、穴が開いています。

背骨合計30個の骨の穴が、積み重なって連結し、1本のホース状の管を形成します。

元々四足歩行時代には、真っ直ぐなI字型をしていた背骨ですが、長い進化の歴史の中で、S字型へと変化しました。

S字型への変化により、重たい頭や身体の体重を支える事が可能となり、重たい荷物を運んだり、歩く時の地面からのショックや、急激な身体の態勢を変える負担を吸収できるようになっています。

背骨は背骨同士がぶつかりあったり、こすれたりしないように、クッション作用がある軟骨成分が間に挟まっています

このクッションの事を、「椎間板」と言います。

この椎間板こそが、老化現象により、様々な背中の痛みや腰痛の原因になります。

スポンサーリンク

腰痛の原因

腰痛の原因は、男女ともになる病気と、女性のみがなる卵巣や子宮などの病気の2種類があります。

まず初めに、男女ともになる「腰痛」の原因をご紹介します。

腰痛の原因①老化現象

腰痛の原因としてまずあげられるのが「老化現象」です。

年齢を重ねていくと、膝や肘などの体の関節が痛んで来るのは、老化が原因です。

スポーツ選手などは、体を酷使する為、肘や膝などケガをする事が多いです。

これは普段の生活よりも、圧倒的に関節を使う回数が多く、肘や膝に負担をかけているからです。

もちろん、一般的な生活をしていれば、若い頃から「関節が痛い」ということは少ないです。

しかし、年齢とともに、関節を使う累積の回数も多くなってくるので、ほとんどの人はどこかに痛みを感じる事が多くなります。

腰や背中で、痛みを感じる主な原因は「椎間板」です。

年齢を重ねていくと、老化現象として、椎間板の「お菓子のグミのようにプヨプヨした弾力」が失われてしまいます。

お菓子のグミもそうですが、強く指先で押しても、柔らかい弾力があるので、直ぐに元のグミの状態に戻ります。

これが若い頃の椎間板の状態です。

しかし年齢を積み重ねていくと、長年の負担が積み重なって、その弾力性が少しづつ繊維化して、固くなってしまいます。

グミやお餅も、長期間放置すると固くなります。

椎間板も老化に伴い、この弾力性が無くなる事で、椎間板が固くなり使いづらくなります。

そして椎間板が圧迫されたり、すりへったりすることで、「椎間板ヘルニア」や「椎間板すべり症」の原因となります。

他にも老化現象が原因で起こる病気に「脊髄管狭窄症」があります。

人間の骨は、毎日の生活の中で破壊され、新しく造られています。

医学的には、約3ヶ月サイクルで全ての骨は生まれ変わっていると考えられています。

もちろん、全ての骨が「1.2.3!」で一度に生まれ変わるわけではなく、少しずつ生まれ変わります。

その役割をしているのが、「骨芽細胞(こつが)」と「破骨細胞(はこつ)」と言われる細胞です。

「破骨細胞」が、毎日骨細胞を壊していき、それに負けじと、「骨芽細胞」が骨を造っていきます。

しかし、そのバランスが崩れた時に問題となるのが、「脊髄管狭窄症」です。

少しづつ造られて行く骨が、脊髄が通る管を狭くしてしまいます

腰痛の原因②日常生活

腰痛の原因で、一番多いのが「ぎっくり腰」と呼ばれる「急性腰痛症」です。

ちょっと重い荷物を運ぼうとして、グキッという音とともに激痛が走る事が多いです。

ぎっくり腰の原因は、いつもと違う動作で腰周りの筋肉に負担をかけるから

重い荷物などを持ち上げる時は、脚を肩幅に広げて、軽く膝を曲げ、腰を落とした態勢から荷物を持ち上げるのが理想形です。

しかし、目の前にある荷物を運ぶ時は、腰だけ曲げて荷物を持って、腰と上半身の力で地面から持ち上げようとする人が多いです。

この動きこそが、ぎっくり腰の原因になります。

普通は、ちょっと重い荷物を持つだけで腰に痛みが走るとは全く思っていません。

後になって、「もっと腰を落としてするべきだった…」と後悔することも多いです。

逆に慢性的な腰の痛みが続くのを、「慢性腰痛症」と言います。

慢性腰痛症の原因は、腰の筋肉疲労。

仕事や日常生活など、腰に負担をかける姿勢をしている事で、慢性的な腰の痛みが続きます。

中腰の姿勢で仕事をする人は腰痛持ちの人が多いですし、掃除など家事をして腰を痛める事もあります。

スポンサーリンク

女性の腰痛の原因と病気

女性の腰痛の原因は、子宮や卵巣などの病気の可能性もあります。

子宮や卵巣の病気は、主に下腹部痛の症状が多いですが、人によっては腰痛の症状が現れることもあります。

女性のみがなる、腰痛の病気をご紹介します。

  • 子宮筋腫
  • 子宮内膜症
  • 卵巣のう腫
  • 月経困難症
  • 子宮頸管炎
  • 子宮内膜炎
  • 骨盤腹膜炎
  • 子宮下垂・子宮脱
  • 更年期障害

女性の腰痛の原因①子宮筋腫

子宮の内外に、女性ホルモンの作用過多が原因で、本来ある筈のない繊維化が起こり、子宮壁などに「コブ状」の塊ができるのを「子宮筋腫」と言います。

子宮筋腫は、子宮内膜を排出する際、筋腫が邪魔になるため、腰痛や下腹部痛の症状が出る事があります。

腰痛の場合は、鈍痛として症状が現れる事が多いです。

その他にも不正出血や貧血、生理の量が多い(過多月経)、生理が長く続くなどの症状があります。

子宮は、鶏の卵程の小さな臓器なので、子宮内に筋腫が出来る(粘膜下筋腫)と、「不妊」の原因にもなります。

もし腰痛が長く続く場合は、一度病院で検査をしてみるのが良いです。

女性の腰痛の原因②子宮内膜症 

受精卵の着床に備えて、女性の子宮内には、血管と絨毛組織(じゅうもう)から準備される「子宮内膜」が、分厚く造られています。

受精卵が着床しない場合は、子宮内膜は毎月の生理によって血液と共に排出されます。

しかし「子宮内膜症」は、子宮内膜以外に子宮内膜の組織が増殖し、炎症をおこしてしまいます。

そして、毎月の生理周期に合わせて増殖・減少を繰り返す為、かなりの痛みが出る事があります。

特徴は、差し込むようなの腰痛、他にも生理痛がいつもより重く感じる事が多いです。

女性の腰痛の原因③卵巣のう腫

卵巣に良性の腫瘍ができることを「卵巣のう腫」といいます。

卵巣のう腫は、ある程度の大きさにならないと自覚症状がでません。

しかし卵巣の腫瘍が大きくなってくると、腹壁が引っ張られる事により、腰痛の症状が出る事があります。

他にも特に体重は変わらないのに、お腹がいつもより出ている(張っている)

他にも、下腹部痛がある場合は、かなり腫瘍が大きくなっている可能性があるので、婦人科に行くのが良いです。

女性の腰痛の原因④月経困難症

月経困難症」とは重たい生理痛で、仕事や通常生活ができないほどの生理痛の症状が現れます。

生理時に、重い下腹部痛や腰痛を感じる場合が多く、ほとんど何も出来ずに動けない事も多いです。

他にも、頭痛や吐き気、むくみなどの症状がでる場合があります。

月経困難症は、「鎮痛剤」を使うと良くなる場合も多いです。

しかし、中には市販の鎮痛剤を使っても痛みが収まらなこともあるので、その時は病院で鎮痛剤を処方してもらうのが良いです。

また、生理の時に腰痛が続くと、月経困難症(生理痛)の腰痛だと思う人が多いです。

しかし、病院で診察すると、「子宮や卵巣の病気だった」ということもあります。

あまりにも重い下腹部痛や腰痛が続く時は、病院に行き診察を受けましょう。

女性の腰痛の原因⑤子宮頸管炎

子宮の出入り口にあたる子宮頸部には、子宮頚管という場所があります。

子宮頸管にクラミジアや連鎖球菌などの細菌が感染して炎症をおこすのが、「子宮頸管炎」です。

子宮頸管炎の症状として特徴的なのは、白や黄色のおりものが通常よりも多くでるようになることです。

そしておりものの症状を放っておくと炎症が広がり、腹痛や腰痛の症状が現れる事があります。

女性の腰痛の原因⑥子宮内膜炎

子宮頸管ではなく、子宮内膜に炎症がおきると「子宮内膜炎」になります。

子宮内膜炎の症状も、子宮頸管と同じで、おりものの増加、下腹部痛、腰痛の症状が現れます。

また、おりものは量が増えるだけでなく、臭いが強いおりものや、膿状のおりものがでることがあります。

女性の腹痛の原因⑦骨盤腹膜炎

卵管や卵巣が炎症を起こし、さらに骨盤内に感染が広がり炎症がおきるのが「骨盤腹膜炎」です。

激しい下腹部痛や腰痛、さらに発熱の症状が出ることが多いです。

また、おりものや不正出血がでることもあります。

女性の腹痛の原因⑧子宮下垂・子宮脱

子宮が通常の位置から、下に下がってしまうことを「子宮下垂」といいます。

さらに下に下がって、膣から出てしまうと「子宮脱」になります。

頻尿や、尿もれの症状とともに、腰痛や便秘の症状が現れることがあります。

主に、筋肉が衰えている高齢の人、出産回数の多い人がなりやすいです。

女性の腰痛の原因⑨更年期障害

生理が終わり閉経を迎えると、女性ホルモンの量が減少していきます。

するとホルモンボランスが崩れるため、ほてり、のぼせ、発汗、頭痛、動悸など、様々な症状が出るのが「更年期障害」です。

他にも人によっては、肩こりや関節痛、腰痛の症状が現れることもあります。

女性ホルモンはカルシウムを作り骨を丈夫にする作用がある為、閉経後はカルシウムが不足しがちです。

腰痛などの症状がでた場合は、カルシウムを多くとるのがオススメです。

女性の腰痛の中には、女性特有のガン疾患が関係している場合があります。

人によって症状に違いがありますが、「子宮体がん」「子宮頸がん」「卵巣がん」にも腰痛の症状が現れることがあります。

子宮や卵巣の病気は、下腹部痛や不正出血の症状が出る人が多いです。

しかし、中には腰痛から病気が発見される事もあるので、腰痛の症状が続いている時も、卵巣や子宮の病気を考えてみましょう。

【参考記事】女性の腹痛の原因と卵巣と子宮の病気!吐き気や下痢や出血の症状と体験談

女性の腰痛の症状

腰痛の症状としては、重く鈍い痛みと、急な激しい痛みの2種類があります。

急な激しいの腰痛

急な激しい痛みの代表的なものは、「ぎっくり腰」です。

また、「腰椎椎間板ヘルニア」も急性の場合は、激痛を伴います。

激しい痛みの場合は、時間がたつと痛みがやわらぐことが多いです。

しかし、卵巣や子宮の病気は違います。

子宮内膜症」や「子宮頸管炎」、「子宮体がん」なども、激しい痛みがでることがあります。

病気の治療をおこなわない限り、痛みがおさまることはありません。

重く鈍い腰痛

ズーンと重い痛みや、ズキズキするような痛みがあります。

重く鈍い痛みは、慢性的なものも多いため、時間がたっても治らないことが多いです。

骨租しょう症」でスカスカになった腰の骨が、体重に耐えられなくなって徐々に潰れて行く事があります。

急性期の時は、腰痛の痛みが強いこともありますが、徐々に進んでいくため、重く鈍い痛みが多いです。

また、女性の病気は、下腹部痛のような重く鈍い腰痛も多いです。

月経困難症」は重たい腰痛の痛みがあります。

また、「子宮筋腫」や「卵巣のう腫」など、内臓の中を圧迫する為、重く鈍い痛みが現れることがあります。

出産や妊娠の腰痛

女性であれば、出産後の「仙腸関節炎」があります。

骨盤は、腸骨・坐骨・仙骨・恥骨と言う、4つの骨で構成されています。

骨盤の部分で、蝶々の羽のような形をしているのが、左右の「腸骨」です。

その左右の腸骨の間にある、三角形の骨が「仙骨」です。

坐骨」は座るとお尻に当たる骨、「恥骨」は骨盤の前面の下の方で、子宮や膀胱を守るように包み込む形をした骨です。

出産の時、骨盤全体の4つの骨が広がり、赤ちゃんを通す空間を作ります。

その際に、本来ならば、ほんの少ししか動かない仙骨と腸骨の関節部分がダメージを受けて、関節部分がずれてしまい腰痛の症状が現れます。

また、特に腰を痛めた事も生理でも無いのに、腰が痛いという場合、もしかしたら「妊娠」の可能性もあります。

妊娠超初期と言われる着床期に、女性ホルモンのバランスが崩れ、腰に痛みを感じる場合があります。

ちょっと特殊ですが、夫の定年退職後に腰痛の症状がでる「夫源病」と言われるものもあります。

ご主人がめでたく定年を迎えた後、家にずっといるご主人にイライラする事があります。

するとそれがストレスとなり、腰痛、頭痛、めまい、動悸の原因となります。

右側と左側の痛みの違いで考えられる腰痛の病気

腰痛の原因で右側と左側で考えられる病気と女性の腰痛の症状

整形外科や、卵巣・子宮系以外でも腰痛を感じる可能性はあります。

まず、右側に痛みを感じる場合に考えられる病気がこちら。

  • 肝臓の病気
  • 膵臓の病気
  • 上行結腸の病気
  • 虫垂炎

内臓の痛みは、主に腹痛の症状が多いですが、場合によっては腰痛の症状が現れることもあります。

また、左側に痛みを感じる場合に考えられる病気がこちら。

  • 胃の病気
  • 脾臓の病気
  • 下行結腸の病気
  • S状結腸の病気

他にも、左右どちらかでも起こりうる病気がこちら。

  • 仙腸関節炎
  • 腎臓の病気
  • 膀胱の病気

腰痛なのに、胃や肝臓などの痛みが出るのかと疑問に思いますよね。

しかし、痛みには「放散痛」があります。

放散痛とは、痛みが広がり、別の場所で痛みを感じる事。

痛みには2種類があり、痛い部分に直接的に痛みを感じる場合と、原因の場所とは違う場所に痛みを感じる場合があります。

放散痛は、心臓疾患の症状として現れる事がありますが、腹痛や腰痛にも、放散痛がああります。

痛みを感じているのは、その部位ではなく脳です。

痛みの信号が、脊髄を伝わって脳に届いて初めて「ここが痛い!」と感じる仕組みになっています。

脳に届く過程で、痛みの信号は様々な神経を通っています。

しかし、脳は一瞬の間に、大量の情報の収集・整理・分析を行っています。

その結果、時々脳が誤作動を起こしてしまい、痛みに関係している神経の痛みと勘違いをする事もあります。

なので腰痛が続いている場合も、実は腰付近の疾患ではないこともあるので注意しましょう。

【参考記事】腹部の臓器の位置と病気!左側と右側の痛みの違い

激しい腰痛と腹痛の体験談

以前、「腹膜炎」を発症した際に、強烈な腹痛とに腰痛にも襲われて非常に苦しく痛い思いをした事があります。

私が腹膜炎を起こした原因は、「卵巣のう腫」の茎捻転による「卵巣破裂」でした。

卵巣がパンパンに膨れ上がり、お腹の中の圧力で、ふとした動きで大きくなった卵巣の根本がグルッと捻じれるたようです。

言葉にならない程の腹痛と腰痛の激痛に襲われました。

ただ、発症するまでは、特に痛みがなかったです。

腹膜炎は、命に関わる病気であり、すぐに開腹手術となりました。

それから、必ず産婦人科での定期検診を受けるようにしています。

 

女性の腰痛は何科の病院?

整形外科

腰痛の場合は、まずは「整形外科」に行きましょう。

特に激痛を伴う場合は、整形外科系の要因の可能性が高いです。

また、長く腰の痛みが続く時も、一度整形外科で検査するのがオススメです。

産婦人科

女性の場合、腰痛の症状が出ている場合は、「産婦人科」の受診も考えましょう。

子宮や卵巣の病気であれば、産婦人科での診察でないと発見できなことが多いです。

特に、生理前後に感じる腰痛、また不正出血がある場合は、婦人科系の病気の可能性があります。

まら、妊娠の可能性があり、腰痛がある場合は、一度産婦人科を受診しましょう。

スポンサーリンク

女性の腰痛の原因と病気のまとめ

  • 腰痛の主な原因は老化と日常生活の動き
  • 女性の腰痛は子宮や卵巣の病気の可能性
  • 腰痛が激痛の場合は整形外科
  • 生理前後の痛みは産婦人科
  • 右側と左側の痛みで病気の違いがある
  • 放散痛など腰が原因ではないことも

腰痛が続くと本当につらいですが、激痛が走るほどの腰痛の場合は本当に注意が必要です。

腰痛が続いているということは、身体の何らかの異常のサイン。

男性と比較して、女性は筋力が弱いので、腰に対する負担の大きいです。

さらに高いハイヒールでの長時間の歩行。

家事をする時に台所のシンクやコンロの高さが身体に合っていない為、無理な姿勢でのご飯作り。

甘えてくる子供を抱き上げる等、腰に負担がかかる行動は日常生活にたくさんあります

仕事をしていると、前屈みでの事務作業や、長時間に渡る立ち仕事等、股関節の負担が、実は腰痛に繋がっている可能性もあります。

腰痛といっても、女性の場合は卵巣や子宮の病気があるので、まず腰痛がある場合は整形外科

整形外科だけで腰痛の原因がわからない時は、産婦人科の病院に行って、内視鏡やCT、MRIなどの検査をして腰痛の原因を突き止めましょう。

女性の下腹部痛の症状がある場合は、以下の記事を参考にしてください。

女性の腹痛の原因と卵巣と子宮の病気!吐き気や下痢や出血の症状と体験談

*腰痛よりも、脇腹の痛みがある場合は、以下の記事で右・左の脇腹の痛みの原因と病気をご紹介しています。

右脇腹と左脇腹の痛みの原因と病気!チクチクする痛みと下痢や吐き気の対処法

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ